« moblog)横浜国際 | トップページ | Go To Synesthesia. »

終末/ドラバラCD・飲み会・ミスチルライブ

Comment allez-vous?
「家で聴きたいから置いていけ」「いやディスクマンに入れて聴いて歩くんだ」母親とドラバラCDの争奪戦をくりひろげるmomeこと木綿菜でございます。(若干誇張表現)
今後もまたーりとおのれのCUEバカライフを書いてゆきたいと思いますのでよろしう頼んます…(先週は過熱しすぎて若干疲れたらしい)

『セグウェイ』で米国横断7000キロの旅(Hotwired Japan)
♪せ~かいじゅう~をぼk…  と歌ってあげよう。

・金曜はドラバラコンプリート&なんてったってアイドル!
ジャンボリー行ってから本ッ当に待ちわびただけに嬉しうて嬉しうて…
そして土曜朝には催促されてこのCDたちは居間行き。コメントにもかいたが母親に「ハッスルマッスルブギ」の踊りを希望され、
踊りましたよ!マッスルブラザーズばりの笑顔でな!
両親には「ありがとうの歌」は相当懐かしかった模様。
両親と言えばなんと言ってもアキちゃん御社亜紀さんの「飲むしょ朝まで」、これスマッシュヒットどころではなくてダブルミリオンな勢い。絶賛の嵐。
母「もう一度聞こう!」
父「貸して」

チーズスナックのBメロを、誰がどこ歌ってるのかじっくり聞くのが愉しい。
安田→森崎→大泉→音尾  かな?

・土曜は旧知のチャット仲間のどうバカ会合。
いやー久々でした。今になってどうでしょうで繋がるとぁ!あっという間の3時間であった。しかし飲んだな…。行った居酒屋がなかなか良いところだったんですが、席空くのを待ってる間いきなり「サービスビール」とかいってキンキンに冷えたグラスが出てくるんだ。空きっ腹ですでに席に着く前にいい感じなんだ。焼酎ロックで頼んだらありえない量入ってるんだ。
でも「シカでしたぁ」の一言で大爆笑できるんだもん、どうバカっていいね。

・日曜はミスチルみにいった
しかしこの朝、居間から聞こえてくるモリーダーのばかでかい声で目が覚めたのです…カンのいいひとなら「おお、ハッスルマッスルブギの森崎バージョンだな!」とか思うでしょう?
うは!うは!うはは!
違うんだぁ!違うんだなぁ!(この口調は疲れるので続かない)
録画していただいたシアテレの「LOOSER」を朝っぱらから母が観てたんだ…
私まだ見てないのに…。

・ミスチルのライブ/シフクノオト@横国は
すばらしかった!
もちろんミスチル観るのは初めてだ。会場6万人、何処を見渡しても「普通の人」しかいない、そんなライブ見るのも初めてだ(笑)。アリーナ席の大体真ん中あたり、ちゃんと裸眼でステージが確認できる。予習はほとんどしなかったんだけど、およそ3時間。釘付けだった。歌のうまさ、声の魅力、歌の魅力、なにより心底楽しそうに歌う姿に魅了されました。昔「桜井君は本当に楽しそうにいつでも歌ってるんだ」っていうの雑誌かなんかで読んだことがあるんだけど、その通りだった。まだ中学生だったころ、ライブビデオで見て羨ましかった「イノセントワールド」の大合唱もできた。あれから10年ですよ!愛される名曲があるっていいね。
自我のルーツの傍にミスチルがあったりする。我々の世代の多くの人間は、この感覚、わかってもらえるんじゃないかな…なんて思う。

« moblog)横浜国際 | トップページ | Go To Synesthesia. »

コメント

ほじめまして。TBさせていただきました。
おそらく「我々世代」です。文章の至る所で同感させて頂きました。
おっしゃるとおり、楽しそうに歌う桜井さんを見ているだけでこっちも楽しくなりますね。
全てにおいて最高にシフクのライブでしたね。

TB&コメントありがとうございます!
我々世代というのも嬉しゅうございますw
横国、シフクの空間でしたね~!
正直、あれほどの大きな会場であんなに確かな一体感を味わえるライブになるとは思ってませんで…きっとここにいる多くの人が同じ感覚を味わってるんだろうな、と思った次第。ミスチルはやっぱり凄いバンドです…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/1427333

この記事へのトラックバック一覧です: 終末/ドラバラCD・飲み会・ミスチルライブ:

» ミスチルライブは目が覚めたときから始まっています。 [あの日の日本製少年は今]
注意)ライブ内容レポートをご期待の皆様に悲しいお知らせです。当Blogでは著者の身体的な事情により、あまりライブ内容そのものに触れておりません。セットリストなど... [続きを読む]

« moblog)横浜国際 | トップページ | Go To Synesthesia. »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ