« 討ち入り | トップページ | gourmet de CUEと方言と。【追記】 »

水曜どうてちょうセットをレビューしちゃう

「水曜どうてちょう+卓上カレンダーセット」
いやぁー
見事にやられました。
箱のでかさもそうなんだけど、
いやぁーあ
どうでしょう作グッズの粋を凝らした奴らです。
コレは、買ってよかったと、じっくり噛み締められる逸品でございます。

えぇー
まずは「水曜どうてちょう+いいじゃないかッミスターボールペン」。
うーん、見事に、
刺さってますね。お尻に。
ノック式ボールペンなので、使うたびに微妙に胸が痛みます。
そもそもおツムをぐりっと押す時点で心が痛みます。
というか、微妙に使いずらいんだなあ。レフィルがイマイチなのよ。
宣言どおり、今後職場で大活躍させるためには、まずはレフィルを取ッ替えないとダメそうだ…。(でも、やる気。)

そして手帳。
カバーの中身は普通の文庫本サイズの手帳なので、「どうてちょう」のロゴが大きすぎて恥ずかしいレディーや汚したくない保存派の方、また単に鞄の中でかさばりそうなのがイヤな私のような方は、カバーを取って普通のやや薄めのブックカバーをつければ何ら問題ございません。
ただやはりその場合は、ブックカバーのどこかに「ステッカー」などを貼り、アピールすることを怠ってはなりませんでしょう。

肝心の手帳部分は、見開き1ヶ月型。
片ページ一週間、片ページフリーメモの「無印良品文庫手帳・見開き一週間形」を愛用する私としては、少々物足りない。というか書き切れない。どうリタの放送タイトルや、感想や、遠征時のスケジュールなんかが。
でも、藩士携帯の書としては、珠玉のデキ。
電車でふと退屈した時に開いてもいいし、咄嗟に四国八十八箇所の寺が答えられなくなった時にも役に立つ。「藩士心得の条」は、あれですね、バカ同士で叫びあって士気を高めるのにちょうどいいんじゃないかと。いつもとちょっぴり違うテイストのイラストが、これまた可愛いらしくてイイし、年貢帳なんか、素でありがたい(しかし、こんなに1年で取る気か?)
これは文庫手帳と併用になるかもなあ…。
幸い、サイズが一緒なので二個イチにしてブックカバーに突っ込もうかと思フ。

お次に、「水曜どうでしょう 2005年卓上カレンダー」
うう~ん、イカス!
手元に昨年のものがあるのですが、これは細かいところの進化が泣かせますわあ!
まず、袋でひと笑い、ひと歌い。
そして、シール。
じっくり見たらもう、いちいち笑っちゃうもの。
なんだよ、「ダメだ」「いいべ」って(笑)
「ボート」に「おでまし」だよ。これ、勿体無いけど、むっちゃ使いたい。
さらに、ケース上部の「POPさしこみ口」が、なんと4ヶ所に増量(笑)!
いきなり一年分のPOPを4枚差し込んで、怪訝な目で見られるカレンダーにすることも、可能になっております。というか1枚でも十分怪訝な目で見られると思います。職場の机の上に置いている私は、結局今年は1回もPOPを差し込む勇気が出ませんでした、ガッデム。
なお、カレンダー部分の「ひとこと名セリフ」はなくなっております。これで、心置きなく、シールだの書き込みだのができるというわけですね。

個人的には、夏の「扇子」以来の、グッとくるどうでしょうグッズでした。

ついでに。
箱に封入されている、チラシ。
裏が「ThankCUE」の入会案内となっているのですが、写真がおニューです。
なんと、ネクストさん4人を加え、「CUE13人」での集合写真!わー!
(ドラクエ8に夢中の)宮崎たんベリキュー萌え!!!(;´Д`)ハァハァ
全員、かなり良い!!笑顔のお写真で、
なんかジャンボリー行った時の
「ああ、わたし、このオフィスキューの空気ごと、好きになっちゃったんだ」
というドキドキを、ふいに思い出しました。

« 討ち入り | トップページ | gourmet de CUEと方言と。【追記】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/2123295

この記事へのトラックバック一覧です: 水曜どうてちょうセットをレビューしちゃう:

« 討ち入り | トップページ | gourmet de CUEと方言と。【追記】 »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ