« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月の29件の記事

TB返し:「南セントレア市」?

最近企画が続いてますが
トラックバック企画「新市名『南セントレア市』を撤回して欲しい!」
TB返しです。
前回のエントリは「呆( ゚д゚)」が先になってしまったので、
もう一度きちんと書きますよ。
あまり面白くない文章ですが、お付き合いください。

愛知県はおろか、箱根の関より向こうには縁もゆかりもない私ですが、この一件、日本人としてこんなバカな前例を作ってはならないと強く思います。

多かれ少なかれその土地の時間を受け継いだ「地名」
それを塗りつぶすというのは、どれほど重いことか。

「南セントレア市」の一件で、特に私が違和感を覚えるのは
■公募、投票の結果をまるっと無視
■セントレアって何よ?和製英語なのに世界がどうのとか片腹痛い
■セントレア(中部国際空港)は常滑市にあるそうで、
 地名が誤解を招く可能性大あり
の3点。

住民を馬鹿にするにも程があるんじゃないかと。

川崎市と狛江市で「西ビッグバード市」になるみたいなモンですよ。
(ま、そもそもビッグバードって愛称自体普及してないという罠)

正直ね、これだけ全国に報道されて、笑われないわけがない。たとえが悪くて申し訳ないですが、まるっきり「さいたま」の二の轍です。(・∀・)さいたま!(どんな祭りが起きたかはこちらをご参照…(南セントレア市まとめサイト)笑た。)

合併中止にしろ名称撤回にしろ、ゆかりある土地を笑いものにされて悲しむ人がいない結果を、私は支持したいと思います。

ハムとファンタン

ハムきたー!

今日はねぇ朝からヒルマン監督とCM撮影です。

今朝のCUE DIARYの大泉さんの書き込みを読み。
そしてハムで思わずしげを連想するあたり我未だお台場の亡霊に取り憑かれているとみえる。※参考にならないけど参照:10月24日のエントリ※※簡潔に言うと、去年のハナタレ沖縄ロケの時に、禁煙を破ったしげちゃんが自らに他のメンバーの「け(下の)」を「はむ(漢字で書くと食む)」という罰ゲームを課した、という話(正確にはもう少し違うけども)。大泉さんがお台場のイベントで真っ昼間、3000人の観衆を前に大爆笑しながら話した、正直「ゴルゴ」か「ガタメ」向きのネタなんじゃないかと思う話。


日ハムの監督と大泉洋のCMかぁ~。
北海道を元気にするコンビー。(大山のぶ代風に脳内で読んでもらえると嬉しい)

------
「ありがとう FAN TAN さよなら FAN TAN」(AA)
…結局買っちゃいました…amazon2割引だし。
何度見ても何度見ても何度!!見てもあのジャケ写はおかしいなあ。
発売当初は「FAN兄さんに呪われる!」とか言ってました。
スイマセン。

内容はSMEで配信してたの+αと言う感じで…
ウチは「おにあた」を一部見れてたので、ドキュメントは一度見たものがほとんどでした。しかしレコーディングの時の真面目な表情など、普段のバラエティでは覗えない面白がる以外のお楽しみも多く、まあ買ってよかったかな、と思いましたよ。
あと何度聞いても「元気組合」って最高よ、マミちゃん。

でもFANTANは、結果的にハナタレの運動会にクイズ大会おむすびにかお刑事に、ジャンボリー。いいだけいじられてファンにもしっかり美味しいユニットでしたねw
実は「起きないあいつ」、自分の「CUE曲ランキング」で思いのほか上位にいます。さすがにメジャー級のいい音いい声のCDなんだものー。

雑誌メモ-050129

最近読んだもの、買ったもの。

★ジュノン(大泉洋さん)
どこに載ってるんだか、探した探した。2色刷りページでした。写真が「JUNON向け風味」だったもんで、本屋で吹いてもうた。
いよっ、かっこいいよー!洋ちゃん!

★アピーリング(銀のエンゼル/LOOSER再演)
今回は、前回の教訓を元に発売翌日にローソンさんへダッシュして確保。
内容は「銀のエンゼル前夜祭」と「LOOSER再演」のレポートでありました。
銀エン前夜祭は自分行ってたのでまあほとんど100%レポートしてくれてるなあと思いましたよ、でもやっぱり「辻本君にちゅう発言」は飛ばされていた…。いいじゃないかあのくらい…。
前回の特集はかなりクォリティ高くて本当に100円で良いですか、と思いましたが、今回の記事はそうだな、「ローソンさんで100円」だったから許せるという感じ。あの内容なら普通はフリーペーパーでは?ローソンさんなので100円位はいっか、と思うけど。…100円って時点でもうほぼフリーペーパーってことなのですかね。
内容の濃さは十分だけど、あれじゃ「ファンサイトで読める文章」だもんなあ。
今後もアピーリングはお付き合いありそうですので、お金を出して読みたくなるレポートを、がんばってください、ライターさん。偉そうでスンマセン。

あ、あの「前夜祭」の大泉さん登場の部分は、要は「選挙の街宣カー」を想像するとわかりやすいのですよ。

★Tarzan(音尾さん・安田さん)
下の記事に書いたので略、2色刷りたった1/6ページでも思わず買わせてしまうパワーがございました。写真の安田さんの「グッジョブ!」とセリフを書き込みたくなるポーズがありえません。悪ノリという言葉がちらと頭を掠めましたが、この「真面目」「本気」と「茶化し」「ネタ」の絶妙なせめぎあいが、まさにCUEさんの魅力と言うことで。や、たぶん大真面目にやっていらっしゃるんだろうとは思うんですけど。

★beepa!(LOOSER再演)
またも巻末特集、裏表紙扱い。前半分はお笑い芸人さんだらけで、前回感じた違和感そのままの紙面構成。微妙なツボを刺激してくる、ある特定の読者層を狙い撃ち、そのために雑誌の構成がちょっとやそっと不自然になってもノープロブレム、編集さんの取材対象への愛情がハンパじゃない、「ある特定の読者層」はおかしいなー?と思いつつもいつしかそれに慣れてしまう、謎のヒイキ過多雑誌、それが音楽専科社クオリティ。(※念のため、批判ではありません。ココの出してる雑誌大好きですから)

それにしたって同じ「NACSを知っていて、かつ好意をもっている人」が書いたレポでも、こちらのレポートの質は流石なのですよ。こういうの絶対に書けないし、こういう記事が紙媒体の醍醐味だなーなんて思うので。
あと、写真もいいなあ。あの日のときめきよ甦れー。誰が何と言おうと(例えそれが本人であっても!)世界でただ1回しかないわたしの「初めて」の感情だけは、logicも客観も入り込むことのできないホンモノに相違ないのだ。


------
やっぱエントリは昼間書かないとテンションが歪みますなあ、おやすみなさーい。

まさかのミステリー/セントレア?/TT51を待ち焦がれる

昨夜、「本日のパスタッ」とか言いながら自分でパスタを作って食べ、ちょっとご機嫌でアバの「ダンシング・クイーン」(欧州リベンジの影響)を歌い踊っていたらしゃっくりが止まらなくなって焦りました。

順調に壊れてまーす。
只今、現実逃避という名のblogエントリ祭りをひとり開催中です。

------
「謎を解け!まさかのミステリー」にCUEネクストジェネレーションの村山・宮崎ご両名が出演。
蟹頭にriverに、ジャンボリー見てモリステ1回聞いて、すっかり「宮崎たん好き」になってしまったので標準録画で見させていただきました。(元来女の子好きだから…タメだし)
再現VTR、思ったより長くて、
「いやー宮崎たんかわいい」
「やーかわいい」
「ンーかわいい」
「でもモリステの時には露出の高い服で大下くんや川島さんを惑わせてるんだよなー」
「カワイイ感じに見せてるけど時々あの強気な台詞回しが出てるなー」
等等ぶつぶつ言いながら見てました。えー、完全におやぢの目線でした。ごめんなさい。
あと、村山くんはVTRの方がか可愛いらしいなーなんて思ってました。
おふたりとも全国デビューおめでとう!

------
「南セントレア市」愛知に誕生へ
ドコの外国よ!!

と思ったら愛知でした。強い。強いです愛知。個人的に、南アルプス市を越えました。
セントレアって中部国際空港の愛称ですか!知らんかったわ!というか空港できるの知らんかったわ!
ここまで突っ走ってしまうと逆に「好きにやってくれ」と思わせてしまうところが、すごい。いや、地元の方々にとってはそれどころではないでしょうが…。

※地元の人間ではないけど「おいおいちょっと待て」と思った合併市名:松井市騒動リップサービスで終わってよかったですよ。

------
わが愛するツーカーでもこれっぽいのが出るらしいのでメモ!
某所で画像見たんですが、「いまどきの携帯」的なルックスにただただ感涙。携帯にカメラは不要派だけど勢いで機種変しそうで怖い。

ターザン☆マッスル

今週号の「Tarzan」
マッスルブラザーズのお二人こと
音尾琢真さんと安田顕さんが普通に紙上インタビューされている
のがあまりにオカシくて、買ってきちゃいました。

いや、内容は普通にマトモなんですけど。
しかも安田さんなにげに凄く心に沁みる一言を発してくれてます。

でも…
おふたりの(もちろん着衣の)ブラザーズ的お写真を見ていると、なぜだか笑いがこみ上げてきてしまいます。
あはははは。
前回の「洋さん肉襦袢」といい、
(あれはコメントもたいがいにおかしかった)
事情通の仕業としか思えません。
やるなターザン。

買うと幸運が舞い込むツボ

今日の覚え書き」さんの5万ヒットお祝いTB企画
【これに】私のツボはこれだぁっ!!!【弱いの】
に乗っからしていただきまーす!
もそさん、おめでとうございます!

ツボ。多いです。弱点だらけです。
曰く。バニラとバター味の粉モノ。曰く。男のヒトの手の親指の付け根。曰く。普段ゆるい格好の人のスーツ(in職場限定)。曰く。顎関節の骨。曰く。単線の電車。曰く。特急電車も萌えー。曰く。男性の和装。曰く。目の脇の笑いしわ(NACSさんや鈴井さんは全員これがイイんだ!)。曰く。大泉洋の白目。曰く。安田顕のスイートヴォイス、はにゃ~ん。曰く曰く。曰く。

多いとか言う割にマニアックですがそこはそれ。

で、あたくしの趣味の中央にドカンと座る大ツボを一つ紹介しておこうと思います。

それは「記号的な風景」であります。
わざとらしいほどの「記号的な風景」にグッとくるのであります。

実際ある風景のエッセンスを抽出して並べちゃったような人工物。
たとえばディズニーシーのアメリカンウォーターフロントとか、アラビアンコースト辺りとか。
ディズニーランドの「スター・ツアーズ」の内装とか。
汐留あたりもバカみたいでいいですね。
あとはハウステンボスとか。
「台場小香港」なんかも、いいです。
「記号としての外国」「記号としての未来」のくささに、
グッときてしまうわけなんです。
(以上リンクはSight-seeing Japan様。観光写真データベース、素敵だ!)

逆に、
想像上でそのエッセンスを妄想たくましく広げていたものが実際ある場所。
たとえばお台場の臨海副都心の、観光地域ではないところ。
羽田空港近くの工業地帯。
工場の配管がぐねぐね、や金網フェンス、でかいタンクとか、
無意味に広い土地とか、たまらないんですよ!
無機物萌え!
たまらないですよね!
そして地下。
何度も言ってますが、映画「man-hole」「river」の地下描写。
もう濡れ濡れです。
(いや、映画の中の人たちもびしょびしょですが。)
あれはたまらない。
「river」は、おまけに「製薬会社」や「工場」「白衣」のキーワードもセットにして、ついでに「廃校」とか「蒼い画面」とか「生まれたての安顕」とか「ラストの安顕のポーズ」とかもセットにして、
【これに】私のツボはこれだぁっ!!!【弱いの】
のオンパレードで、大変でした。

あれ、途中からぐねっと話題が曲がりましたけど
結論は…私のツボは安顕だったってことで…
あ、あれれ・・・・

お、お後が、よろしいようで…。

本日も すごい 検索語

今日はちょっと豊作ぎみだったので久々にやらせて頂きマッスル。
なお、誤検索を避けるために画像化してみました。

★いるのかなあ
050128-01
…それは、私も見てみたい。眉毛込みで。


★3連発
050128-02
激しく同感!…あ、いや。
050128-03
よぉーし。よしよし。よぉーし。
050128-05
ええーーーーーっΣ( ̄□ ̄)
ある意味「らしい」と言えば「らしい」…国王愛してます!


★本日のハイライト
050128-05
皆さん、頼むから落ち着いてください
これ、うちにはriverネタしかないですから!
凄い反響ですね。そんなに見たいかー。見たいなー。私も。見たい見たい。見たいス。


★でも
050128-06
好き!好きですよ!私も大好きですから!


と綺麗にまとめて逃げます。とうッ!

微二日酔いモルゲン…【追】

おお、今日は
「まさかのミステリー」
にオフィスキュー唯一の爽やかカップル(に見える)・村山くんと宮崎たんが映る日でございましたな!
予約して出ないと…
日テレで20時-21時。

------
CUE新人日誌の村山氏のまさに「てんぱり」っぷり、ん~可愛いなぁ。

とぅないやいやいやいや

書店でもらえる「ブラジャケ」って何だ?(Excite Bitコネタ)
本屋さんでもらえるゴージャスブックカバー。
えへへ、もう持ってます。
そして使ってます。
「水曜どうてちょう」と、無印の薄い手帳を2個イチにして、これを掛けて使ってます。
そう、「銀のエンゼル」のブラジャケでございます。
出た当時話題になりましたのでご存知の方も多いかもしれませんね。
コートしてある紙なので、結構丈夫で、
使い始めてから1ヶ月以上経ちますが、まだ綺麗です。
リバーシブルで使えるのもマルですね。

ブラジャケ公式
ここの「ローソンブラジャケ」のページ
http://www.b-j.jp/lawson/index.html
から、「銀のエンゼル」デザインのブラジャケをみることができますですよ。


------
(タイトルの続き)
ティアッ

↑仮面舞踏会です

職場では壊れキャラがブームです。
ご多分に漏れずワタシも壊れております。
思ってもみないような言葉が口から出ます。危ない危ない。

「写真集1」をカタワラに

ここ数日、現在tvkどうリタで放送中の「欧州リベンジ」ばっかり見ています。
母はノルウェーで初めてミスターがムンクさんを投げる所が大のお気に入りらしい。「大泉さんのリアクションが最高」とのこと。
私は断トツでスウェーデンでの
「♪マリー マリー」
が、もうツボ入っちゃって仕方がない。
ネタの仕込みもトークやリアクションの才能もヌキ!
何だかわからんが本能が笑っているのだ!

友達と旅行をしていると、多かれ少なかれあーいう唐突な面白さに遭遇しちゃうことがあって、それは例えば看板や地名の語感だったり、ローカルCMであったりするんだけど。
その「おかしみ」を、
「♪マリー マリー」→爆笑
のあのシーンはまるっと感じさせてくれちゃうのだ。
とか語ったところでまあ、やってる事は「大泉さんのCD紹介」から「オランダだった」までをしつこく見返しては大喜びしてるだけなんですけどね。
おぬし、バカであろう。
バカじゃ。
救命で自分が出てるシーンだけをもう一度見返した大泉巨匠を笑えません。

tvkは次回第6夜、そろそろ佳境であります。

がぶ飲みしたい時/黄表紙の話

CUEさんと水どうさんと、日記ネタで二つ。

・CUE DIARY
しげの「この水は飲めません」とかいてある水飲んじゃった、どうなるんだべかネタ。
なんか、途方もなく癒されたというか、ほっ…とした、のは、私だけではないと思うのですがいかがか。

音尾さんと森崎さんのいじりっぷりも良いんだけど、まずしげの

「この水は飲めません」

‥‥‥飲んでから気付いたよ。

どうなるんだ、俺?


という書き込みのバカバカしさとネタの些末さかげんがすごく良いよ!

こういうふとした下らないネタの応酬が、まだまだ資源の少ない道外民にとってはCUE DIARYのまさに醍醐味なんだす。
いまだに「24ごっこ」(2004.5.26付近)の保存したログ読んで笑っちゃいます。


・水曜どうでしょう 公式
昨日記事書きたかったんだけど書けなかった。嬉野Dの黄表紙話。うれしかったねえ。そしてなつかしかった。学生時代の10年間はほんっと江戸ラブーって感じでしたから。本来公開録画してないはずの「コメディーお江戸でござる」(初代、伊東四朗と杉浦ひなこ先生のいた頃です)の収録とか見に行っちゃったりとかしてたんですよ。

黄表紙やったのは高校3年の選択古文。大ファンだった古文の先生の授業で、結構下世話で、ばかばかしくて、でもおかしみ深い黄表紙をいくつか読んだのでした。いあぁ、ほんっと私その先生の大ファンでねぇ、その先生が「ひょうひょう」と、あらぬ展開やイカス単語を口にしてくれるんで、大爆笑しつつもドッキドキでしたよ。うん。

なんてなことを、昨日公式を携帯でプチプチ読みながら思い起こしましたのよ。

一号、そして、金魚鉢

デイリーポータルZ「創世記シミュレーター」の裏(デイリーポータルZ制作日記)
※リンク先の「PLAY」ボタンは自己責任で押下のこと!

1/22の特集「創世記シミュレーター」のプロトタイプというか、もはやアナザーバージョンです。なんていうかもう、
  強  烈  
の一言に尽きます。かっ・・・痒い!!
でも、痒いのを我慢して20秒くらい見てるとちょっぴり慣れ、るワケねぇよ!!!NOOOoooooooOOO!!!スリッパとか、泡で固めるアレとか、アイテムで用意してくれませんか。バル○ンではもの足りない、というか止めた瞬間に戻ってくるありさまがリアルすぎて最悪です(笑)。
もう折角なのでTBさせていただきます。

------

金魚鉢入りのアイスティーを飲んでみた(Excite Bitコネタ)
おおお、喫茶室OBだべ!しかも新百合ヶ丘の。
ここ、中高時代の友達と遊ぶ時には今でも必ず使います。初めて入った時は高校生でした。初めてだってのにクリームソーダ頼んじゃって、胃が弱って弱って大変でした。高さ30センチ、口径15センチ弱ある花瓶になみなみのメロンソーダとアイスクリーム、たしか玉2つか3つか…。
OBのえらいところは、量は多いけど決して無理な量ではなく、しかもオイシイと言うこと。おまけに値段はごく普通の喫茶店と同じ。アイスティーはこの記事によれば「2,3人で頼む」とか書いてありますけど邪道だ!あのサイズはまったりと長居をするのに最適なのです。長居できる雰囲気なのが良いのです。

ちなみにほっとけーき、とーすと、どっぐ類なども大変美味なのでオススメ。
あと、飲み物もホットを頼めば普通の量です。こぶ茶とか良いですよー。紅茶にはテーブルに標準装備のブランデーをに垂らせばささやかな安らぎが。
これも折角なのでTBさせていただきますよー。

------

よく考えるとこの二つは並べてはいけないネタだったかもしれません。ごめんなさい。

------


相変わらず心の余裕を失いっぱなしです。この半月でありえない量のお菓子を我摂取しけり。大して難しい仕事をしているわけでもないんですが、器が小さいと苦労しますねぇ。とほほ。

NHK=North Hanareme King(北の離れ目王)

1テンポ遅いけど、まあいいのだ…書いておきたかったのだ。

北海道を代表する魚
音尾琢真さんオメデトウー!
公共放送だ!

またえらくシブいドラマですけど…(;´Д`)

終戦ドラマ「望郷」 音尾琢真さん出演 NHK配役発表(北海道新聞)

・戦後60年を記念したドラマで、OAは今春。
・2月中旬から稚内でロケ。
・音尾さんは主人公の友人役。

ついに来ますよ!音尾琢真が!
いや、もう私の中ではとっくに来てるんだけどさ。
(去年の8月に「マッスル」のDVD見た時点で琢ちゃんブレイクしていたさ!ネタじゃないさ!マジさ!結構そういう道外民いると思うんだけど…)

ハナレ目と言われない音尾さんを拝見できるのは初めてではないかと思うのですが、いかがでしょう。蟹頭もman-holeもriverも、NACSの舞台もどっかこっかで「ハナレ目」だからねぇ。(うん、主人公がオホーツク海から釣り上げるところから友情が生まれるとかちょっと想像してウケた)


でさ、主演の関口知宏ってドコかで聞いた事あると思ったんですが
NHKの「列島縦断鉄道12000キロの旅」の人だったかー。関口宏の息子。
日本一長い片道切符。
どこかの何かを一瞬匂わせる企画タイトルですが内容についてはノーコメント。10分見て変えたもんなあ…。


------
水曜どうでしょう公式TOPの大鈴写真にキュンと来た人はーい!
たまりません、このムキ出しな感じ。
まさに「どうでしょうの鈴井・大泉」。
「ウラ」のバカ勢力レポートは…来るべき時が来たね。うん。

当blogのURLについて【重要】

はてさて、おしらせです。
当blog「ステラポラリス」(カッコ仮はついててもついてなくてもいいです…JUGEM「本館」に呼応しての「仮屋」の意味でのカッコ仮ですんで。JUGEMに戻ることがあるかどうかはわかりませんが)のURLは
http://sukisuki.moe-nifty.com/
なのですが、ログのフォルダは
http://sukisuki.moe-nifty.com/9/
となっております。
勿論どちらのアドレスでも同じメインページを指すのですが、特にMyBlogListで登録いただいたときに、下のURLですと、MyBlogのサーバに登録してあるものと違うため、pingが反映されません。
さらに、折角リストしていただいたのにこちらの情報には反映されないため、お礼に伺うこともできないという大変失礼な状況となっております。

ということで、MyBlogさんで上記二つのURLの同一視処理をお願い中ですが、これから拙blogをリスト登録してくださる方は、
http://sukisuki.moe-nifty.com/
のアドレスをお使いいただきますよう、お願いいたします。
大変あつかましいお願いですが、どうぞご了承くださいませ。

mixiコミュニティランキングと蛸

mixiのユーザーコミュニティ、「TV番組」カテゴリで「水曜どうでしょう」コミュがダントツの1位(3730人)。
ミクシィ公式Webマガジン「mikly」1/19付に掲載された、mixi人気コミュニティランキング(2005.1.14調べ)にて判明。
ちなみに最多コミュメンバー数は「Macユーザー」コミュの7271人。

さらにちなむと、ココログの「ユーザーカテゴリランキング」で「水曜どうでしょう」は現在32blog、121位。ただ、これすごいと思うんですが、いわゆる大カテゴリ…日記とか車とか旅行ではなく、固有名詞、ある一つののものをさすカテゴリとしてみると(カッコ内はblog数)
Mac/Macintosh(120/40)
FF11/FFXI(55/45)
Linux(42)
palm(42)
iPod(37)
の下に「水曜どうでしょう」ということで。
ただ、個人的には株式投資(34)に負けているのが悔しい。

※ユーザーカテゴリランキングは、ココログユーザが任意にカテゴリを作った時にそのカテゴリ名がカウントされていくシステムです。一文字一句でも違ったらカウントされないのがミソね。

いかにどうでしょうがネットユーザに興味を持たれる、ネットユーザにバカが多いムーヴメントかってことがわかりますね。


------
水曜どうでしょう新グッズ!「たこ星人パーカー」2/7より、さっぽろ雪まつり会場HTBブースおよび道内HTBグッズ販売店にて販売。数量限定888枚。(水曜どうでしょう公式)

今回は更に首周りに脱着可能なタコ足が六本もつきよりパワーアップ。

パーカとしての実用性を一切脱ぎ捨てた、すがすがしいアイツはまわるタコ星人!
これは あまりにも ばかだ。(最上級の褒め文句)


実用性と非実用性のあやうい境界線が、「どうでしょう」グッズの魅力だと私は考えております。伝説の「カチッ」プレートしかり、卓上カレンダーの差込みPOPしかり。ブラボー、ヒゲ店長。この企画は若干ハミ出しぎみだけども。もはや、衣装と言っても良いね。

ヘーイユーリッスーン(おい!聞けよ)

♪サクサクーをーみてないのにー
 親がハマってたー
(※↑「サクサカーのうた」で歌ってください)

最近は帰宅してレコーダー起動する余裕すら失われているあたくしをよそに、なんかすごい勢いでジャンボリーのDVD見てたり(毎日見てるっぽい)、今更サクサクにハマったりしてるみたいです。
私「どうでしょう」にハマる前はシャアサクレベルの…とは言いませんが、まあ一日中「お楽しみ宇宙ボックスのうた」歌ってるくらいのそれなりに狂ったサクサカーでございました。
(今はすっかり「ぬけサク」)
その時は朝TVで付けてても興味も示さなかったのに、
「江別のうた」見せて「ミスターとご意見の共演」見せた数週間後
なぜかジゴちゃんとカエラちゃんについて熱く語る母がいた…
折角なので「偽ハマっ子ブルース」「町田のうた」「川崎の女」「厚木のうた」「海老名のうた」などおいらの知っている時代の名曲を熱く歌って聞かせたら喜んでいた。うーん、ビデオ発掘してみるべか。♪ホントの厚木は本厚木~

なんかYahooニュースにも掲載されちゃったサクサクのDVDは3/9発売
「ジゴロウ迷曲集」のために3,980円(総収録時間215分)か…どうだろう。微妙な価格設定。いっそ内容もっとスリムにして3000円なら即買いリスト行き(←おまい本当に神奈川県民か?)。
しかし一言で言うなら ま た ア ミ ュ ー ズ か

------

DVDといえばオリコンDVDチャート、CDJ2004がウィークリー6位だそうで、おめでとうございます。やったー、バカどもバンザイ!やはり一番最初の告知でロッピー予約が多かったのが数字出せた勝因かしらん、あの時はまだ誰もamazonや普通のCD屋で買えるとは思ってませんでしたものねえ。

CDJ大回転あとのせ

昨日、帰宅後のこと
私「ジャンボリーのDVD見たの?」
母「見たよー」
私「副音声も?」(私はまだ主音声が1回半。副音声見てません)
母「4回見たよ」
私「は?」
母「4回
私「…………………(絶句)」

コメントすべき言葉が見つからない。
演技でもネタでもなく、“二の句が次げなく”なる。
主音声→副音声→主音声→副音声→夏野菜第4夜
で一日が終わったらしい。

疲れたーって帰ってきて、
「さあジャンボリーのDVDでも見て「月の裏で」で癒されるべか」
と思ったけど
そりゃあもう見れませんよ。
久々にTVも点けずに「しん」とした中で一人夕食を食べましたよ。

「原付ベトナム」一日で見たとか
「river」一日で3回見たとか言った時も思ったけど
勝 て ね ぇ よ ・ ・ ・


3月の「水曜どうでしょうDVD5」発売の時には
羽交い絞めにするとか、DISC2を隠すとかして止めてやらないと
また眼球から血とか出されたら困る。
※母はベトナム、DISC2枚分を一気に見た後、白目から血が出ました


------
デイリーポータルZ・かき揚げエブリデイ
DPZ本日の特集。
やばいッ、「あとのせサクサク」について語られているっ。
昨日の私の記事参照)
そして昨日食べたばっかりなのにまた「あとのせサクサク」食べたくなったよ…
カップメンが2日続くと口内炎ができたり異常に身体がだるくなったりするので、できるだけ間にコンビニやハンバーガーをはさむようにしてるんだけどなあ…

世界で一番幸福などん兵衛

乗せてからきっちり3分を経過したかき揚げの
ツユのしみこんだフニャフニャな部分の奥に残る
サクサク。

オフィスの窓から外を見ると帰る気すらなくすような強風と大雨であります。
雨は時折みぞれが混じるのかすごい音でガラスを叩いています。


------
デザインテンプレート変更しました。
ココログの名物企画「トラックバック野郎」テンプレートです。一度も参加したことはないが、しかしこのテンプレうちの雰囲気に妙に合っている。

再生ボタンまでの90分

今、仕事帰りにいつものローソンさんでジャンボリーのDVDを受け取って参りました。
受け取るだけなのに、いつも何かしら買い物をしてしまうなァ…。

で、はやる気持ちを我慢できずに電車のなかで白いビニール袋をあけました。
パッケージで曲を確認、無印「1/6」以外はフル収録にホクホク。
そういえば副音声も鈴井さんが渡韓する直前に録ったんでしたねぇ。9人でしゃべってるからワケわかんないとか言ってましたねぇ。

さらに中に挟まったチラシを読む。
マンホール、river、LOOSER、ジャンボリー。ふむふむ。
FANTANにイナダ組…あぁ、ローチケ誌にしっかり1Pで広告ありましたね。
…で…この本日のスープカレー洋ちゃんは何だい?

「大泉洋初ソロDVD
スリランカスープカレーの旅
大泉洋の誕生日4月3日に発売!」

なんと…(゜д゜)…
「初ソロDVD」だなんて、グラビアの女の子ミタイダヨー

脱いでないよね?
(またそういうネタを)

バッ!

もう更新されちゃったけどさ、木曜の嬉野さんの日記。
今週の本家「どうクラ」で放送になった「212カントリーサイン」の、大泉さんのトラ退治に爆笑した藤村Dが笑いすぎて屁をこいたという、あまりにも有名なエピソード。

そうそう、屁のシーンは、DVD5の方にはキッチリ収録されてるからね奥さん。「屁」聞けるから安心してね。
「バッ!」って言うから。

あのねぇ、KOですよ。
だって、「バッ!」ですよぉ。
「バッ!」
ああダメだ、こうして打ってるだけでもおかしい…
リアルすぎんだろー、「バッ!」

うれしーの表現を借りれば、
「主砲発射!」
「ってーっ!」
「バッ!」
なワケですよ!

それが昨日の爆笑。
今日、RPG板ウォ(・∀・)チィ!さんの「DQ・FFで思わず笑った瞬間」ってな記事読んでたら

>会心の一撃と同時に屁をこいた

ってのが目に飛び込んできてまたもKOですよ。
KOってのはもうそのページが見れなくなることね。リタイヤ。

俺疲れてるなー
とつくづく思った。
「へ」ってホント、最も原始的で効率的な笑いだな…。
疲れれば疲れるほど、そうした原始的な笑いはノーガードでボコボコに入ってしまうものです。
バッ!

モメ日記01/14

http://www.snowfes.com/motto/walk/index.html
雪道での転ばない歩き方
コツは「つま先から着地すること」「路面に対し垂直に荷重をかけること」

http://www3.zero.ad.jp/inadagumi/NEWS/news.html
劇団イナダ組「カメヤ演芸場物語」(Loppi予約2/1~3/18 4/25発売/ローソン及び全国CD店)

http://two.st/catalog/SoftCream_blue/
自動中尾彬巻きマフラー(デイリーポータルZ)

http://www.omvf.net/2004/ilmakitara.php?lang=en
エアギター・ワールド・チャンピオンシップ
エアギターとは「ギター無しでギターを弾くこと」だ。傍目から見ればただのバカとも言える。ブラボー。
4位・金剛地武志さん(日本)さすがこんごーち!

本日のいい話

---------------------------------
       ○
       ノ|)
  _| ̄|○ <し

        ○ノ
     ○ ノ|
  _| ̄|  <し

     ○ ○ノ
     人 ノ/
     〉 />

     ヽ○ノ ヽ○ノ
      /    /
     ノ)   ノ)
----------------------------------

なんか気に入った。

うろ覚えドラマレポート「救命病棟24時」

私も、昨日放送された大泉洋さん出演のドラマ
「救命病棟24時~ふられ気分でRock'n'Roll~」を見てきました。
オープニングカットでの華麗な包丁の実演販売、
そして止め絵でのニヒルな3点シュート、
さらに赤坂泰彦との巻き舌対決など、
初っ端から仔猫ちゃん垂涎のシーンが満載。
母は「救心」をざっくばらんにかじりながら見入っていました。
(あとでそのシーンの練習もしていました)

大泉さんの役どころはアイパー専門の看護士。
緊迫する現場での、唯一のほっとできる存在です。
「止めて!ロマンティック止めて!」と叫びながら、
患者さんの「おくれ毛」を必死に引きちぎる姿には好感が持てましたね。

次回予告では既に松島トモ子とかなりいいムードでした。
来週「救命病棟24時~黄金の腕輪伝説~」も楽しみです。
今度は誰とパーティを組むのかな!?

------
-----
まだ見てないけど祭りに乗ってみたくて無理やり乗ってみた、チクショウ。大泉巨匠でこのネタ※やると普通に「ドラバラ」になっちゃうのが悔しい。

注※「うろ覚えライブレポート」…西川貴教氏のラジオ「オールナイトニッポン」で昔やっていた人気コーナー。そのライブに行った・行かないは関係なく、みんなの視点で様々なライブレポートを書いて送る。氏のラジオの「嘘ラジオ」化全盛期の一端を担った。

------
うっかり検索とかでこれひっかけて来ちゃった人すっげえごめんなさい!先に謝っておく。(このご時世だものね、いないとは言い切れないものね)

二度目のハウルと六ヒルとあと5日

ほえほえー(頭悪いぞー)どうやら大泉巨匠、夜のいいとも出てらしたんですね。
その時間、あたくしはハウルの動く城(2回目)を観ておりました。
前回のように安顕のセリフに心かき乱されることもな…
いえ、かき乱されましたけど、もちろん。
子猫ちゃん子猫ちゃんて書いてたけど子ねずみちゃんだったか!
でもまあ、なんとかKOはされずに話を追っかけることができました。
絵も音楽も美しくて、ナックスさんのおかげでドキドキすることもできて、いい映画だなーっと思いましたよ。

六本木ヒルズで観てたので、観終わった後に
「せっかくだからあのけやき坂をもう一度みてみよう」
と思って行ってみました。
10月の東京国際映画祭の時が初めての六ヒル。あの日は朝から「river」の舞台挨拶を大宮まで見に行って、それから六ヒルに行って4時間くらい待って伝説のレッドカーペット(笑)を見て、そしてデジカメのメモカ落として…。家帰ってからもう一度六本木まで走ったんだ。人の少なくなった22時の六本木ヒルズは実にフォトジェニックで、まーなんてすてきなロケ地になりそうな場所かしら、と思ったらその後の「SPA!」かなんかの写真であきらかに「あの日の夜の人のいない六ヒル」で撮った大鈴両氏の写真があって、ドキドキしてしまったんだっけ。
あれ以来で訪れたけやき坂は綺麗だけどやたら寒々しいイルミネーションでした。しかしここがステージで、ここから折れてここからずーっと赤い絨毯が…ここに報道がいて、ここにテントが…と思い返すと、あの日のムネキュンがよみがえりましたとも。あれはいい気分だった、ほんとにいい気分だった。

先月の札幌遠征で聞いたラジオで「僕らは東京では外タレみたいなもんなのか」というようなことを聞いた気がする。
誰が望むと望まざるに関わらず
それは概ね「そうだ」と言えると思う。
彼らの居る空気が当たり前である幸せと当たり前でない幸せがあり、どっちを正しいと思い、どっちを羨ましいと思うのか?
誰か次第でもあなた次第ってことね。※うぅーんさりげなく内輪うけネタ


------
1ヶ月くらい前から楽しみで楽しみで仕方なかった
ジャンボリーDVDリリースまであと5日わーい!
こんなに出るの楽しみさんで仕方なかったのもいつぶりでしょう。
どうでしょうのDVDが出るのとはまた別の「楽しみ!」ですよ。
なんでしょうねえ、
今考えてもあれは実に不思議なイベントでございましたから。

納豆焼きそバンバンバ~ン【最終版】

突然ですが、先月末の札幌遠征で買ってきた「洋ちゃんの納豆焼きそバンバンバ~ン」をこれから食べたいと思います。

ステラプレイスのローソンで購入(5個)関係ないけど名前近いから親近感>ステラプレイス
ソース、ふりかけ(てか納豆)、おしるこ、かやく(てか昆布)
昆布は麺の下に入れろと
思ったより細かい昆布
お湯を投入。
3分後の儀式・ふたはじき「うむ、いい音じゃ」
ソースとふりかけを・・・うわぁ(納豆臭)
よくかきまぜろと
完成!

(゚д゚)ウマー

忘れてはいけません
カップは六花亭のノベルティ

(*゚д゚*)アマー

------
これは企画関係なくフツーにうまい!先に食べた母は絶賛してました。東洋水産、偉大です。学生時代に学食の「納豆キムチスパ(略してNKスパ)」をこよなく愛していた私としてはかなり嬉しい味でした。あと、七味唐辛子を適量かけるとさらに美味しいです。1個300円は確かに高いんだけどな…。これ5個持ってレジに並ぶのも軽い羞恥プレイだし(笑)。

マイスウィート '80-'90 トイズ

「man-hole」を見ていて、希美の部屋にあるシルバニアファミリーがニューバージョンっていうのがすごく気になった。
シルバニアファミリーっていつからモデルチェンジしたんだっけ。
復刻版シルバニアファミリー
誰の家に行ってもあった定番家具だぁ。復刻版といわれてもウチにはこのシリーズしかないわけですが。もちろん今でも大切に取ってある。
個人的にはニューバージョンのシルバニアファミリーは色が浅くてリアリティが薄いと思う。あの緑色の家具の重量感と色味は大きなお友達でも十分グッとくるディテールだったと。

で、年末にヨドバシカメラに買い物に行ったら「こえだちゃんと木のおうち」が売っていてビックリしたんですね。これは友達の家にあった!

「なつかしのおもちゃ」というジャンルは残るだろうけど、我々が80~90年代に遊んだ「プチなつかし」のおもちゃって、もしかしたらその狭間で残らないかもしれないなあ、とふと思った。

---我が家のお人形さん---
・ジェニーちゃん×2
・バービー(→アメリカのお土産。ありえないボイン(死語)っぷり)
・のぞみちゃん
・アンナちゃん
→我が家に初めて来たお人形さんはのぞみちゃんでした。周りの友達、誰も持ってなかったし、おもちゃ屋さんにも売ってなかったと思う。アンナちゃんはその後しばらく売ってたけど…。調べてみたらこの二人、タカラじゃなくてバンダイだったらしい。のぞみちゃんは友達とケンカした時に足が1本取れちゃって、以来かわいそうな子役をずっとやらされていたとか切ない歴史が(つД`)

---おうちとか---
・バービーハウス(日本版バービーのおうち)
・ジェニーのビューティーサロン(パックとか泡風呂とかついてた)

---ボードゲーム---
・ドンジャラ うちのタマしりませんか?(のキャラって何処行ったんだ?)
・JR日本旅行ゲーム(小学生の頃から旅行と鉄道萌えだった)
・ちびまる子ちゃん おこづかいちょーだいっ

---そのほか---
・おしゃれもよう(要は「おりひめ」…毛糸織り機。なぜ我が家には「類似商品」が多かったんだろう?)
・Tina(ミシン。手作りっ子だったのだよ)
・プレイ・ドー ハンバーガーショップ(このねんどむちゃくちゃ臭い)
・夜店で売ってたおままごとセット

---友達の家で遊んだおもちゃとか---
・お山のシュッポー(幼少時から鉄道萌え(以下略))
・プラレール(幼少時以下略)
・こえだちゃんの木のおうち
・リカちゃんのマクドナルドショップ(水入れてジュージューやるやつ)
・ママとわたしのキャッシュレジスター(永遠の萌えおもちゃ認定)
・リカちゃんおせわ病院(ルーレットで病名が決まるなんて凄すぎる)
・商品名忘れたけどふでばこみたいなハコの中がおうちやお庭になってるヤツ・・・なんだっけ
・ままごとトントン(大量に家にある友達は神扱い)

---おもちゃ売り場で遊んだおもちゃとか---
・商品名忘れたんだけどシッポがポンプになってて牛に水飲ませてお乳しぼるヤツ(今思うとなんてシュールな…)
・ライツアウト(今でもFlashとかでありそうな気がするけど)
・原人コッツ(原宿のキディランドで大量陳列してるの見て大爆笑した)
・しーこっこ
・マイファーストソニー グラフィックコンピュータ(死ぬほど欲しかった)
・似顔絵電子手帳Jr.(通信できるヤツ。死ぬほど欲しかった)

まだまだあるよなあ・・・
存在は覚えてるのに名前を思い出せないものとかいっぱいある。


------
ちなみに私は中学生くらいまでジェニーちゃんで遊んでました、服とか作るの大好きだったんですね。で、そのジェニーちゃんをしまわないまま22歳で4万の着せ替え人形(ミニSDですね)とか購入するに至るわけなんですけど。

携帯1000文字

地元の駅に「救命うんにゃら」のポスターが。
良く見る主演二人のやつの間にキャストが大集合のお写真。
ああこれが大泉洋さんが1分で失禁したという撮影のやつか!
名札の佐倉…の文字も読めるほどの大きさ。
つーかなんつーか、モジャ毛氏がやたら目立って見えてしまうのはあたいの目がおかしいのだらふか?
ちなみに、ハッキリと言ってしまうのは気が引けますが…我が家はドラマ、特に連ドラは苦手中の苦手で、しかも目まぐるしい上に健康体がいない医療ドラマは輪を掛けて苦手です。
わざわざTVで見たくないっつー状況もあるし、私ゃフツーに「ER」で貧血起こすからね…めし食いながら見るには厳しい。先日のSP見たけどこれ1クール見続ける自信はなかとです…録画だけして見なさそう…(六月のさくらですら見てないし)
なので、評判の良いドラマに出れてよかったね、と思う反面
「なんで?救命病棟に?orz」
((C)うれしー「なんで?ジャングルに?」)
と思うところもあります。
個人的にはTRICKとかだと涙流して喜んだんだけどな…

1000文字て割とあっと言う間ね。

夢地下

G-CANS PROJECT 首都圏外郭放水路
(本日のDPZより)

萌え燃えというか、濡れ濡れ。
確かにこのギャラリーはヤバイ、ツボをわかって撮っている。

東京ジオサイトプロジェクト
の兄弟ですね。

地底萌え。
実用的巨大建造物萌え。
重機萌え。トンネル萌え。


だから「man-hole」も「river」も大いに萌えたのだ!
グッときたのだ!
スズイカンドクニはわかっていらっしゃる!と思ったのだ。
man-holeロケ地静内ダムの話を聞いて心が震えたのだ。
ついでに1月2日は録画したtvkの「man-hole」を見て次にDVDの「man-hole」を副音声で見て夜にフジでやってた「踊る大捜査線2 レインボー以下略」を見て、なんというか「警官・萌え俳優・地下道」な映画3連発だったのだ。
そこで「river」も見たら4連発になったんだけど
まあさすがにそれはしなかったのだ。

------
ちなみに「man-hole」は純ちゃんにキュンときました。
もちろん「river」は委員長(というよりは安顕)にただならぬまでに萌えさかりました。うい、それはもう不穏な気配を感じさせるほどに。あとわたし最近のクチグセは「うぇーい(安田口調)」。いいよ、安田病(ヤマイ)だよ。永久国内希望だよ。






あーん
素で忙しいス。

黒田倫弘恒例元旦「正」

テレビ中継のジルベスター・コンサートの「ボレロ」に年肌を立てながら新年を迎えました。
(しかしバレエダンサーの人がどうしても「マッスルボディ」のダンスの先生に見えてしまい、母と大爆笑。笑い収めは「どうリタ・欧州リベンジ第2夜」の姫と王子のはずだったのだが…。「これ俺のダンスだよ」「これ俺が回してんだよ」とか言ってバカ笑いしていたら年が明けました)
今朝(っていっても日付け変わっちゃいましたね、1/1の朝の意)は、初夢じゃないのが悔しくなるような良い夢で目がさめました。痛々しいので多くは語りませんが大泉さんの手の感触が、とだけ言っておく(何)
毎年どおり雑煮を食べて明治神宮にお参りをして、表参道のまい泉でたる酒をよばれて正月のお膳を頂いてたいへんよい気分。父と母は恒例の元旦映画鑑賞、「銀のエンゼル」を観に新宿へ、娘は恒例の元旦ライブ、黒田倫弘さんを観に渋谷へ。

------
「NELL」「SCAR OVER ver.0」に「revue」、「スリルバカンス・ピーナツバターver.」「Corkscrew Coaster」「Funky Destination」「Nervous Breakdown」「Wonderful life」。
これに「ビスケットLove」と「オレンジ」加えたら、もうあのソロ初ライブができてしまうんだもの。そりゃあ嬉しいと同時に心で号泣ですよ、あの「出初め式」の体験者は。
最近の黒田君に気持ちが離れかけてたところに、これはズルイです。
でも、これが全曲リクエストライブだったって言うのが面白いね。結局、「聴きたい曲」→「今歌わせたい曲」→「普通に黒田君にライブ組み立てさせたら、出てこないレア曲」→「昔の曲」のオンパレードになった。

上記以外のセットリストは
・life
・chocorate(english ver.)(←レア曲ですね
・サバイバル Go Go
・桜Odyssey
・エモーション
・YOU(←本人曰く「もうライブでは歌わないつもりだった」
・出かけよう
・憂いのR&Rスター(←これも今やレア曲扱い
・ポエポエ
・Bulldog'66
「出かけよう」はバンドメンバー曲だから外して、8対9。
ほぼ半分がデビュー前の曲、という、すごいライブだったのです。

黒田君が「結果を見たとき、正直『訊くんじゃなかった!』って頭を抱えた」と言うのも頷けますわ。
結局、トークで繋いでいくような、歌押し歌押しのいつものクロダライブとは一味違った進行になったのですが。そういう雰囲気は、逆に良い方向に作用していたと私は感じました。
「SCAR OVER ver.0」→「エモーション」の流れ。よかったなあ。
4年前のライブの1曲目。黒田くんが初めて「デジモノ」を意識して作ったという“封印バージョン”と、一番最近の「デジタル系曲」。
SCAR~のイントロで当時が甦ってホロリと泣きそうになり、そしてその後のエモーションで「ああーいいメロじゃないかー黒田くん、成長したなあ…」としみじみ思う。客の乗せ方まで美しかったよ、エモーション。あんなに綺麗にフロアの手が揃った所、久々に見たよ。うっかりするとIMぶりの鳥肌立ちましたよ。サビ前ブレイクの一瞬のカタルシス。あれはきっとステージから見ても気持ちよかったんじゃないかなあ。

あと、「ピーナツバターver」。私の記憶が確かなら、スリルバカンスのこのバージョンがきちんと歌われたことは4年間で一度もなかったはず…、「オケだけピーナツバター」はよくあったけど。♪星降ーる3時~と黒田君が歌いだした瞬間、歓声上がりましたよ。私も上げちゃいましたよ。歌い終わった後、「歌ってやったぞ!」と叫ぶ黒田君。うむ、よくぞやりました!こんな機会でもなければ、絶対に歌われることはなかったんだろうなあ。

あとは…revueか。「今revue歌ってて、僕がライブでこういう曲で腰を振る原点がわかった気がした」「いつもイメージで動いてるのね、男の動きと女の動きをこう…(アクション付きで)」「あ、あと『うーちき♪』ね(笑)、『リズム』って曲。アレの原点もわかった」「そのうちアコースティックで『リズム』を…」「やる人大変そうだけど」と相変わらず抑えたテンションでおっかしいことをおっしゃいます。しかしあらためて見るオリジナルバージョンの「revue」は、つくづく腰を回しすぎだと思いました。それこそ「これ俺が回してんだよ」レベルに。


あ、そういえばポルノさん(ハルイチ君)はまたちゃんと律儀にお花を届けてくれてました。お正月仕様。松とななかまどと百合、綺麗だったー。

新年もどうでしょう

22時30分きっかりにマツケンサンバを持って来るとは!見直したぞNHK!
本日、tvkでは「man-hole」が14時20分から。(テレビ欄には安田顕の文字が、うへへ)
そして3日からは、「ジャングル・リベンジ」後半戦であります。
中休みに見える2日ですが、今テレビ欄を見てましたら、WOWOWで「ガメラ2レギオン襲来」やるみたいですよ(笑)。地下鉄で逃げ惑う大泉くん、そして道庁前で車から「避難勧告」のミスターさんを見るのもオツではないでしょうか。あ、エンドロールもね。
うちはWOWOW契約してないから青島君をみよう…
ちなみに去年は、MXテレビでガンダム劇場版を見てました。"ファースト"をちゃんと見たのはあれが初めてだった…

では、お参りと恒例黒田くん元旦ライブへ。
とうっ。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ