« ODAIBA ANGEL | トップページ | ハードディスク壊れました »

ほんのりと、安田顕的日常

すっかり書き溜まっちゃってたものを出します。ほぼすべて今更ネタです。

ウーエン・イ・ウースト開幕。
まあ、年明け7日に見に行くまで保留。
しかし16日夜の安田さんの誠実な言葉に心温まる。


17日、土曜。
さーて今日のテレビ欄でも見るべーっと(ハナっからU局の番組表しか見ない)夕刊を開いたら、いきなり安田顕さんの顔が飛び込んできてぶったまげる。
1面使いで「うーえん」の宣伝記事。
すごいぜアミューズパワー。(だからそういう事言わないの…)
音尾さん、安田さんの一言コメント。
よりもなによりも、隣の舞台写真に「???!???」
まあ、見に行くまで保留。
あんまりびっくりしたんで側にいた父に見せに行っちゃった。
父「安田が、真面目な事言ってるな…」


その後何気なく“も日記”をチェック。
「ウーエン・イ・モ日記」
にいきなりCOMPOSERからセリフの抜粋。びっくりした。

全ての音楽家たちに呪いを

以下、モリが書いてくれたセリフを白塗りアマデウスのモノマネで音読しちまった人、素直に手を上げよう。
はーいっ。(痛たたたたた)

でもあのシーン好きなんだ!大好きなんだ!(笑)


それからパッとテレビを付けたら、
アシュケナージさん指揮、N響の「第九演奏会」が始まるところだったんだな。これマジで。
“ベートーヴェン/交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱つき」”
1時間半吸い込まれるように見てしまった。
うーん、やっぱりこの曲、かっこいい。
最終楽章では、曲の迫力と、劇中のシーンのフラッシュバック効果で、感動2倍。軽く涙ぐむ。

25日、31日にも放送があるみたいなので、バラエティが五月蝿く感じたらぜひ。
っつーか、COMPOSER見た人ならやっぱり、楽しいと思うよ(笑)。


不思議なシンクロニシティの土曜日でした。
・・・もう水曜日やんね。
あ、昨日「写真集2」予約してきた。
あと、定山渓は電話かける体力なくて諦めた(笑)。

« ODAIBA ANGEL | トップページ | ハードディスク壊れました »

コメント

お父様の「安田が、真面目な事言ってるな‥」にやられてしまいました。
お父様素敵ですねぇ‥!(笑)
私もダイアリーを見て安田さんは誠実な方だなぁとしみじみ思いました。
これまた顕さんも素敵だなぁ。

>マサキさん:
父は基本的にテレビの安田がメインなんですよ。
今までのNACSのDVDを見ても安田さんあまり語らないですしね。
(COMPOSERでは語ってましたねえ)
あ、よく芹沢のモノマネとかはしてますけどね。
でも一番度肝を抜いたのは、朝「たっくんでーす!」で登場した時でしたね。
ホントとんでもない家族ですよ。
最初にコンゴーチ(テレバイダー)発見したのも、私ではなく両親ですし。
生まれるべくして生まれた私です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/7755764

この記事へのトラックバック一覧です: ほんのりと、安田顕的日常:

« ODAIBA ANGEL | トップページ | ハードディスク壊れました »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ