« チーム某新年公演 | トップページ | 我らは踊り団 »

痺れっ放し

暫く、余韻から抜けられそうにありません。
カーテンコールのたくさんの笑顔を思い返すに、深い感慨につつまれます。
国王はお姫様に再会したでありましょうや。
お魚さんは母なる川に戻りましたでしょうや。
私はなぜか今、猛烈に札幌に行きたいです。
何の発作でしょうか。
雪景色が呼んでる!(観光客的発想ですまぬ)

で、新年から書き落としてた事をぼちぼちと。

・のぶき
初回を見たおかんは「大泉さんが出ててもしんどい」と漏らした。
そもそも連ドラが苦手な我が家ではこの反応は仕方あるまい。
「おかしなふたり」はヘビーローテーションらしい。絶賛。

・イナダ組「ライナス」DVD1/15~受け取り開始してた
千秋楽のてんやわんやですっかり失念してたわけで(;´Д`)
ローソン行かねば。

・今夏、ジャンボリー、ね。
「北海道にて開催」。コレ大事情報。
さっするに大泉先生が小芝居でも書くんでしょか?
ドラバラ鈴井の巣がなくなっちゃったから、メンバーせいぞろいのお芝居なら結構嬉しい。
ちょっとでいいからCUEメンバーの歌も聞きたいです。や、1曲2曲じゃなくて5曲ぐらいお願いしたいです。何卒よろしくお願いいたします。ぱんぱん。(合掌)

・「さんまのまんま」関東での放送は20日金曜日。
俺リマインダー。ドンミスイッ。

・tvk「どうでしょうリターンズ」対決列島第3夜
感動だ。
これが放送されたのが13日金曜日。
我が家、ウーエン効果とあいまって、現在家族全員
安田顕のトリコ
となっております。


ここからは余談。
もりーだー日記…ええと…

>ウーエン千秋楽の観劇マナー

それは別に書かなくてもいいんじゃないかなあ…。


いついかなるときもマナー!マナー!って啓蒙して意識の向上をはかるのも大切な事だと思うけど、ここで…どうしても森崎さんの一言は、必要なのかい?

フィジカルシアターという括り。演劇とライブとダンスシアターのあいのこ。観客がすべてナックスの客だったかい?違うよね。ざっくばらんに、ライブを楽しむように来ている人がいて、それも不正解ではないのがあの空間だったと私は思ってる。

まして千秋楽のアドリブばりばりのあの雰囲気。

もちろん、よもや月のシーンで雑談したり笑ってる人はいなかったでしょ?


手拍子だって、叩きたい人が叩けばいい。叩いたら楽しいよ、でも手を叩かなくたって楽しんでる気持ちを表すすべはある。そして力を抜いて楽しむところでは、思いっきり力を抜いたっていいはず。幕が開いてから閉じるまで、微動だにせず舞台を見つめる事だけが、舞台に対する誠意の表し方ではないと私は思ってた。特に、あの空間では、ね。


などと、今まで多くの「寛容」に助けられてきた私(お芝居の観客としては「遊び人レベル1」だよな)は思うのでした。


愛と平和がこの世に遍くあらんことを。

« チーム某新年公演 | トップページ | 我らは踊り団 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/8206080

この記事へのトラックバック一覧です: 痺れっ放し:

» 今日の「も日記」 [Hummingbird Travel Bureau]
 momeさんのステラポラリス(C)にトラバさせてもらいました。  記事はこちら。  も日記の件,ほぼ同感です。  いや…まだリーダーもモニョってるから,全て書いてもらわないと真意が伝わってこないだろうし,私が観たトライアル公演とリーダーが観た楽日ではだいぶ雰囲気が違っていたのかも知れない。  でも…でもなぁ…リーダーのウーエンの客に対する思いは,胸の内にしまっておいた方がいいと思う。  生物学的には「多様性」が無かったら「進化」も無かったらしいし。  お芝居だって同じか... [続きを読む]

« チーム某新年公演 | トップページ | 我らは踊り団 »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ