« いつもとおなじ日曜日の話 | トップページ | 「ベトナム国道1号線」 »

電撃

>2006年の水曜どうでしょうは、もう始動しています。

--2006/2/7 水曜どうでしょう公式日記より

なんでしょう、ここ数ヶ月味わった事のないような、
総毛立つ感じ!
このワクワク!

「まつり」で初めて「2005年新作」の第1夜の冒頭を見た時に、まるで自分が企画発表されているがごとく「何なの!何なの!」と見入ってしまったように、
今日の日記を読むと、まるで自分が大泉さんになったような気がします。
背筋に電撃の走るような、活を入れられたような感じです。
ぶるぶるぶるぶる!
身震いまでします。(トイレを我慢しているわけではない)

企画の内容が何であろうと結構。できたものは、人が名作と言おうが駄作と言おうが「水曜どうでしょう」なのでせう。オイラはバカなので、もうその事実だけで十分愉快になっちまうんです。
最近「どうでしょうって面白いナァ」というよりむしろ
「ああ私は水曜どうでしょうが好きだナァ…」
と思うことが多いです。(疲れてますね)
おっさんが4人5人で楽しそうなんだものねぇ。


「なお、当日までには髪を整えておいて下さい」
噴いたわ・・・。
救命の時の伸びすぎくるんくるんはあんまり好きじゃなかったけど、しかし沼津ヘヤーは大泉さんの魅力を十二分に発揮しきれない気がして残念だと思うのよ!
ま、役柄上あんまり輝きすぎてもいけないんだろうけど(笑)。
先日「腹を割って話そう」の回を見返し、そのあまりに輝いたヘヤースタイルにメロメロになったmomeさんなのでした。

« いつもとおなじ日曜日の話 | トップページ | 「ベトナム国道1号線」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/8548578

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃:

« いつもとおなじ日曜日の話 | トップページ | 「ベトナム国道1号線」 »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ