« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の23件の記事

モナカとゆりかごと安田さん。

森永チョコモナカが雷に打たれたように食べたくなる時ってありませんか?私はあります。というわけで今日食べました。ぱりぱり・・・うまかったです・・・。

雪見だいふくとか、コージーコーナーのジャンボシューとかも時々謎の衝動が来ます。なんだろうねあれ。

CUEさんは昨夜、事務所で「ういいれ10」大会だって(→CUE DIARY)。優勝者には社長からトロフィーとメダル授与だって。「社長もアホかと」と言い切った河野君、ナイス。わははは。毎度思うけど、楽しそうだわ。
大人数で、みんなとわいわいテレビゲームを囲む事なんて、もうしばらくやってない気がします。
(その代わりオンラインでハンパない数の人とわいわいやったりはしてましたけどね…)
学生時代が懐かしい。

------

安田さんが舞台「獏のゆりかご」に客演決定(→CUE公式)ですって。
紀伊国屋ホールで9月の約1ヶ月間。
琢ちゃんの「つぼ」といい、なんだか時期的にジャンボリーとの兼ね合いが大変そうです。
なんて書いておきながらも、ジャンボリーでの安田さんにも大きく期待しちゃう私。
ファンはわがままなり…。

関係あるようなないような独り言。

今年の頭、
「東京で精一杯仕事をする安田さんを見る幸せ」
というものをなんとなく感じました。
それは、北海道ローカルのものを見る時の幸せ
とは全く別のものだったと記憶しています。

それはHTBも、CUEも、ナックスも関係なくて、
おいらはひどく安田顕さんという人(と、彼のなす仕事)が好きなのだと思った瞬間だったのでした。


普段こういうこと書かないから猛烈にはずかしいわ…ぅぉー
クリエイターをその人のパーソナリティごと好きになってしまうのは私の癖なので、もうしょうがないね。しょうがないのです。許して。

そうそう、雨の町、GWに見に行く予定です。12日までですって。
でもひとりじゃ無理なので、愛する友人達と連れ立って行くのだ!笑

めっこり、やきそばできました。

「めっこり」

…って、もしかして北海道方言か…?
そう言えば私の周りでは全然聞きません。

ドラバラDVD「VS~禁断の対決企画~」発売決定!
ということでドラバラ公式のただけんさんの日記を読んで

店長とめっこり打合せしたもん。

という表現にひっかかったのでした。

予約開始は5/15、発売はジャンボリー1週間前の8/11。
ぎりぎりで間に合わせてくれたんですね。
しかしこのハイペースは、ちょっと怖いなぁ。怖いよねぇ。

それと「禁断の」と言う文字が付け加えられた事についてですが
まさかそれは「あずさ」の事か。

------

「やきそばできました。」CM見ました。日清さんありがとう。
ソーラン節のやつがめちゃめちゃいいです。「ハイ、ハイ~♪」
ジャンボリー2004のオープニングで足元が微動だにしなかった安田さんを思うと、あの浴衣踊りは顔がほころんじゃって仕方ない(笑)。
あとレゲエのは琢ちゃんとヤスケンの位置を交換するといいと思う。(笑)

でも、件の「やき弁」といい、北海道限定のカップ焼きそばは
あの甘ったるいソースの味がどうしても受け入れられないのよ…。
ソースが辛くないとイヤなんだ。「一平ちゃん」至上派なんだ。

そいつぁめでたい

検索語解析を覗いていたら、
スープカレー ハマりました 札幌で
と検索語から言われ「それはおめでとう」と思わず祝ってしまったmomeです。こんちわ。
先月一灯庵さんでスープカレーを食べてからはや1月半。そろそろ禁断症状が。

ダイアリーのしげちゃんの書き込み、あまりにもすばらしくMr.残念で、思わず目頭が熱くなりました。記号の連打でレイアウトを崩してしまうなんて。うっうっ。


そういえばどうでしょうの新グッズの話。
あの「赤マッキー」。心憎い。ニクすぎる。
Tシャツオンリーなら微妙に買わないラインもあるかもしれないけど
「マッキー付き」。あれがにくい。
藩士の心理をたくみについた店長、いい仕事してます。

ホント、どうでしょうのグッズっちゅうのはどうしてこうも「心憎い」のかね。
ネックストラップについてる「カチッピンバッジ」とかね。
あの「おまけ精神」がニクイのよね。ほんと。
どう本の「赤いスカーフ」もさ。


まぁあんまり取り留めなくて申し訳ないです。
アイアムヒヤー!と叫びたい日もあるって事でご容赦くださいな。
ノートイレットヒヤーですよ。ねぇ。


あ、昨日の日記のお尻で書いたこのゲーム
ですが、速攻買って来ちゃいましてやっております。
実は昨日のMXどうクラも見ずにプレイしていました。
期待以上の美しさに、ほれぼれ。
何よりもほんと、とっても楽しいです!オススメしちゃう。

全部まとめてかかって恋

ぼーっとしているうちにネタが色々溜まってしまったのでまとめて書きます。本当はこういう書き方ってあんまりblog向きじゃないと思うんだけど(1トピック1エントリーが一番blogの書き方とゆーのには相応しいのでしょう)ま、日記だしね。気負わず行くね。

だるモード発動中ですでに文を書くこと自体が面倒臭くなっている疑惑があるよ。というかプライベートで色々あってぐれてます。ぐれ。


■みんなが食いついたCUE×HTBテニスサークル的な活動
いつの話よ。先週です。あれ面白かった。面白かったのは、そのテニス大会の経緯もさることながら、最近まれにみるほど皆の食い付きが良かった事じゃないかと思った。Bloglistのリーダーが片っ端からテニス話で埋め尽くされたの、面白かったねえ。しまいにゃオフィスキュー社長まで日記に書いちゃったもんねえ。(笑)「こら、大泉!うちの会社はヒマじゃないんだぞ!」…また、私の中のスズイタカユキ可愛いゲージにプラス1。最近の社長は可愛い過ぎる。いやもう、全然アリ。


■「イグザンプラー」今週からテレビになるよ
金剛地武志氏公式サイトやっと正式オープンしてた。トップの写真が凄いね(笑)すっかり最近はメジャー感溢れてきたこんごーちさんですけど、先週長らく続いてきたインターネット生放送「イグザンプラー」が大団円を迎えましたね。で、今週からまたもや「tvkリターンズ」直後のあの枠に、He shall return金剛地!テレビのまねをするインターネットが、本当にテレビになって帰ってくるんだねぇ。今までの彼らの番組の、不本意だったであろう結末を思うと、STLからのこの流れは感慨深いものがあります。「イグザンプラーテレビ」tvkで4/28スタート。というか、tvkでやってくれてありがとう・・・!
tvkじゃなくて、MXだったらもっとおかしかったね(ありえない)(黒い)


「スーパーカー消しゴムか否か」(DPZ4/22掲載)
べつやくさんの記事っていつも同じテイストなんだけど、なんでか毎回毎回「やられた!」と思ってしまう。今回も、記事本体のパワーもさることながらやっぱり「ふろく」が…。「ふろく」が…。だいたい、なまはげさんって緑色だったっけ?最初見たときはキッコリゾー的なものに見えましたよ。
あと、スーパーカーって大量に書いてあるとすごいバカっぽく見えるのはなんでだろう。スーパーもカーもソリッドな言葉なのに、スーパーカー、スーパーカー、スーパーカー…スー・パーカー。スーパーマンからスーがスーッと抜けてパーマンさ♪なマヌケっぽさが漂う。スー!パカーン!

私が小学校の頃はもうスーパーカー消しゴムじゃなくて、普通の消しゴムやプラスチック定規を飛ばす「消しゴム戦争」「じょうぎ戦争」でした。でもボールペンで物を飛ばすのは楽しいよね。変り種では、飲み終わった後の給食の牛乳パックをきれいにたたんで指ではじいて戦わせてたり。あの畳み方、いまでも四角いパック飲み物(つーか豆乳)を飲み終わると無意識にやっちゃいます。


■センターGUY安田顕(うそ)@CUE DIARY
ええ話やー。顕さんに「あ、はぁーい」された上にこういう形でDIARYに登場することのできた彼女たちは幸せだねぇ、これぞまさにファンサービス。顕さん、以前からこういう時には的確で最良の行動を取ってくれている気がする。そういうところ素敵。やっぱりナックスでは一番の大人なんじゃないかしら。


「大神」が気になります
すごいきれい!こんなゲーム見たことない!すごいすごい!久々に据え置き型ゲームをやってみようかと言う気になりました。スクリーンショットを見ていて、風景がまるで和紙の上に書かれたようになっていて、その和紙のテクスチャや水墨画のようなにじみの質感のリアルさにうっとりしました。実写のようなリアルではない、なのに真に迫って美しい。機械が描いた美しさじゃなくて、手書きが心に迫る感じ。ゲーム機のパワーやグラフィックの進化ってのは、こういう方向に生かされてもいいよね。

キングダムハーツ2も手すら付けてないし、マザー2(3じゃないよ!)も序盤で止まっちゃってるけど、これ、今日買って帰ろうかしら。

YMOやきそば

CMといえばでもう1つ。安田さん、森崎さん、音尾さんが「日清 やきそばできました。」のCMに出演なさるそうで(出典、CUE公式)。やき弁のライバル商品ね(笑)どんなCMなんでしょ。ローカルCMだから、さすがにネットで配信はしてくれないかな。「ボス」の時も見れなかったものね。…それ考えるとやっぱサッポロクラシックのあのCMはさすがサッポロさんって感じだったなあ~、もう代わっちゃったけど。昔ドコモのシゲと琢ちゃんのCMもネットで見れましたよね。ポールタウンのヴィドフランスで買い物するやつ(笑)

それにしてもYMO(って久々にこの表記した気がする、YMOガタメだ)でカップ焼きそば?どんなCMよ!

私の予想では~

1)安田さんが不器用まるだしでフタをはがしてかやくを入れる。勿論、はがしすぎたりかやくこぼしたりする。
2)音尾くんが芸術的なステップとかバンジージャンプとかでヤカンを持ってダイブ。お湯をイン。
3)で、それを森崎さんが「んん~~~~ふが~~~」と鼻息荒く湯切ってソースをまぜて一口食べて「んんぬぅぅま(以下略)」
4)そして3人で取り合い
5)勝者は音尾
6)ラストカットでは部屋の隅でソースの袋をなめる安田の姿が見切れる

…ごめんこんなCMあたしもヤだわ(笑)


【この記事は「リリカルdeシュール」さんのこちらの記事にTBしています。】
えみさんのおかげで気付いたよー。感謝!いやー久々によそ様にTB打つよ・・・(笑)


----


最近、Wikipediaをぼんやり見るのが楽しいです。
きょうのWikipedia:北海道の食文化

見てるともれなく、ぐぎゅるー。
個人的には釧路(というか道東?)の誇るB級グルメ「フレンチドック」も載せてほしいけど。
参考:週刊エキサイト道東特集(下の方)

正直言ってフレンチドックにケチャップかけるのは私的には邪道なのよ…やっぱグラニュー糖じゃないと!ざりざりにまぶしてくれないと!口の周りにいっぱい砂糖が付かないと!最後袋の底に溜まった油まみれの砂糖をザーッと口の中へ滑り込ませないと!物足りない!
幼児期の体験って強烈だよね。

ああぁあ宮崎ちゃん

可愛いなあぁぁ~~~~~

というわけで2日ほど前に帰国しておりました。旅行、とっても楽しかったです。今回は飛行機でぶっ倒れてフルフラットシート(床※1)になることもなく、食べ物を見て吐き気を催す事もなく(※2)、ひたすら幸せな旅でありました。

※1「ある意味フルフラット」…2年前のパリ行きでは、帰りの飛行機内で貧血を起こしリバース、シベリア大陸上空を一晩「床」に寝て過ごした。相当トラウマ。
※2「食べ物を見ると」…同じくパリにて、5日間ハムとチーズとパンの食事をし続けた結果、そういうことになりました。相当トラウマ。

ただ、海につかりすぎたのかスパで風に吹かれすぎたか後半猛烈な鼻かぜを引きこみ、エステの最中滝のように鼻水を流しつづけるという屈辱体験はございました(笑)。

でも、海に浮かびながら360度美しい魚たちの群れに囲まれたりしまして、ほんと竜宮城かディズニーの「リトル・マーメイド」かと思いましたよ。「アンダー・ザ・シー」の世界はあったんだなあ。九州より南に行くの、初めてでね。海にもぐるのも初めてで。いや、そもそも海に入って遊ぶのなんて10年ぶりくらいかも。タンクなしのふつうのシュノーケリングですけど、感激だった。そして海の中で爆笑するのは危険だと知った。(笑)水中で「アルゴリズムこうしん」やったり「冬●ナ」のテーマや「ヤングマン」を熱唱するバカなんてうちらぐらいじゃなかろーか。笑。


ま、思い出話はおいといて。写真の量が膨大すぎてもうレポートまとめる気力が厳しい(笑)
で、本題ですよ。昨日ね、

アルキタCF特設サイト

でCUEまみれの新しいCM見て溶けました。ヤバイ!第1話の宮崎ちゃんかわいすぎ!特にラストカットがヤバイ!奈緒たんファン垂涎ですわぁ(笑)

今回の「引越し編」では飯野君をフィーチャーしていたようですが、次回(5/8)の更新では宮崎ちゃんのインタビューがUPされるようなので楽しみにしたいと思います。

それにしても、鈴井さん、またばりっとした「いい顔」になってこられましたね。今度は何を仕掛けてくるのか、楽しみだわ。

空港

わたくしただいま空港におります。 あと20分ほどで出発です。

ぇー今回、羽田ではありません。きゃー! 出国審査もすませました。きゃー! 気合い入れもやりました(心の中で)。きゃー!

というわけで、少しだけ更新をお休みします。

行ってきまーす! 最近旅行しすぎだぜー!!

追い抜かれるゾ★

こんにちは。「何気なくトーストを回しながらかじっていたら、北海道の形になっていたことがある」momeです。本気で無意識。やービックリしたよあれは。。。多分もう一度やれといわれても無理でしょう。


CUE DIARYより
大泉洋を指さしながら“女子高生のような笑顔で”
「うかうかしてると、追い抜かれるぞ~」
と高らかに宣言する鈴井貴之さんが、
私かなり好きです。(笑)
すごい想像できる。
きっとその笑顔はたっくんのようにピュアだったに違いない…
タイトルのように星が付いてもおかしくない。(いやおかしい)


月曜のどうでしょうクラシック@MXTV、今週は「ヨーロッパ完全走破」第2夜。
もう「主役」と言っていいほど前に前に出て行くミスターに、
心の涙が止まらなかったよ。
「2005新作」見た後だから余計そう思うのかも。
思わず、久しぶりにテレビに向かって叫んだよ。

「ミスターかわいい~~~」

後20日ほどでお誕生日を迎えられるミスターですが
いくつになっても前のめりなカワイイおっさんでいて欲しいです。
何度も言うけど、タレント鈴井貴之、おいら大好きです。
もっと見たい!

そしてミスターのネタで終わるのかと思いきや、
実は最近シゲが可愛いです。なんかこう、突然くるなあ。シゲちゃんは。

勿体無い…(´・ω・`)

ことしもこの季節がやってきました。
YOSAKOIソーラン遠征。のためのツアー取り。(笑)
6月上旬、まさにすばらしい季節を迎える札幌にれっつごー!なのです。
オマエ何回札幌行くんだって突っ込みはもう散々自分に対してやってます。
とうとう友人から「そろそろ札幌の市民権が取れるんじゃないか」と言われました(笑)

ところで、このイベントと言えば…ということで、ちょっと。
あんまり「おもしろい」話ではないんですが…
楽しみに見に行く人間としても、看過できない話、なので。

ええっと、まず言っておくと私は、このイベント嫌いではありません。
(じゃなかったらいくら生ナックスが見れるからって3年も連続で見に行かないって)
私がこのイベントを見に行く一つの大きな理由は、道内のチームで友人がとても頑張っているからです。彼らの年に一度の晴れ舞台。頑張ってる踊り子さんたちを見ると、なんとも心躍ります。かっこいいよ。やっぱねー、踊るっていいねぇー、って感じるよ。町全体がふわっと浮かれている空気も、観光客にとっては魅力的なものです。
そしてもう一つの大きな理由が、7丁目のワオドリでonちゃんと一緒にはっちゃけるため(笑)。誰でも輪に入って踊っていいんだもん、ありゃ楽しいよ。うっかりすると見るより楽しいよ(笑)よーく考えると当たり前だけど。あそこがHTBさんの協賛だってのが、なんとも嬉しいですよ。いっつも。

ただね、最初に見に行った時から、観光客である私ですら
「…ん?何か変じゃない?このイベント」
と感じるところがあったのもまた事実なのです。
お祭ーお祭ーで街もメディアもお店も浮かれてるんだけど、
なんかどっか片手落ちというか、
要するにイベントが愛されてる感じが伝わってこないんですよ。
例えるなら…立派な大きなビルが建って、内装も豪華なのに、
1階部分がプレハブみたいな、そんな感じ。

「YOSAKOIソーラン祭り」腐敗の源泉(BNN)
北海道専門ニュースポータル「BNN」の記事です。
ただし、4年位前の記事なんですけどね。
コレ読んで、その「何か変じゃない?」がちょっと解けた気がしました。

これだけ知名度も上がって人も集められる大きなイベント。たくさんの人を楽しませて、北海道にもいい風を吹かせることができるはずのに、この舞台裏はあんまりにもお粗末で、勿体無いにも程があります。

もったいないおばけが出るよ。

「やっちゃうよ 安田顕」

あまりにも探してる方が多いみたいなので、記事書いちゃいますよ。
あのね皆様
「やっちゃうよ 安田」とか
「やっちゃうよ 安田顕」とかで突撃しすぎです。(笑)

あの歌は安田顕さん扮する「轟一郎」さんの歌なのですから
やっちゃうよと安田ではただ単に安田さんのキメセリフです!

------

2004年秋、「ドラバラ鈴井の巣」最終作品「なんてったってアイドル!」で使用された楽曲。ムード歌謡歌手「轟一郎」の持ち歌として作られました。作詞・作曲・歌い手はもちろん「自分の作った曲は上手に歌える」安田顕さん。

ライヴお披露目は2004年8月「CUE DREAM JAM-BOREE 2004」にて。甘~い歌声、作品そのままの素敵な衣装(笑)、そして強烈なパフォーマンス。キメのセリフ「やっちゃうよ 馬鹿野郎」のあまりにセクシーな流し目と声に、失神者も出たともっぱらの噂。ライブの模様は同公演のDVDに収録。悪意すら感じられるすばらしいカメラワークで、安田顕さんの白目をたっぷり堪能できます。ちなみに、左手を耳に添えて歌うあのポーズは、鶴田浩二さんのオマージュですね。

CD音源は、HTBオンラインショップもしくはオフィスキューオンラインショップで通販することができます。ちなみに、どこを探しても公式にWebで試聴できる場所はありませんよ。着メロサイト「メロDAM」で、着メロと着うたを配信中。以上。

<参考リンク>
ドラバラ鈴井の巣公式
CD紹介
ドラマ作品紹介
HTBオンラインショップ
オフィスキューオンラインショップ

いっこたりない

先週今週と続いている、どうでしょう公式日記「藤村さんの撮るPV」シリーズ。
藤やんがビデオクリップぅ~?って意外だけど、面白そう。
そういえば前に、鈴井さんもDAIGO☆STARDUSTのクリップ撮った事ありましたねぇ。
すてきなスズイブルーのビデオでしたよね。

まだ夢チカレコードの公式には載ってないけど、次なるアーティストは、女の子ソロなんですね。
今までがバンド(男)4連続で来たから、藤村さんが意外に思ったのも頷けます。


なーんて、普通の感想を書いてみましたが、
まぁ言いたいことはいっこで、

ふぅ~じむらさぁ~ん
なんかねーアナタ「ユメチカ」のアーティスト挙げてたけど、
なぁ~んか~ひとつ足りなぁ~~~~いNO!!。・゚・(ノД`)・゚・。

思わず頭悪そうな記述に。


先週は読みながら
「そーだよそーなんだよそんでアンタらが作ったそのレーベルのおかげで、私は道民でもないのにたった今現在大変な事になってるんだってば!
などと半ば興奮気味に思っていたんですけどね。
ひでぇやー いっこたりねーよー なんだよそれー

「古びた工場で撮ったPV」なんて書いてたから、
てっきりあの曲の事だと思ってたなぁ。
ってことはあの曲のPVはただけんさんが撮ったんじゃないのか?


はふー
駄エントリ申し訳。
何しろ、いまだ「彼らの曲しか聞かない毎日」が17日目なのでございますよ。
このまま余裕で1ヶ月突破しそうだよ。飽きないよ。怖いよ。楽しいよう…。

「死闘の日」

本年の4月10日は、テレビから流れてくる、とある「へ」で大爆笑しながら迎えました。ありがたいなぁ。(悟)


<ネタバレ無しのつもりで書いていますが、超Strictにネタバレはイヤ!!ゼッタイイヤ!!っていう方は、読まない方が良いかもしれません。ごめんなさい>


昨夜、tvkでふたたび2時間に渡って放送された水曜どうでしょう「2005年新作」5~8夜を見ました。
いや、舌を巻きました。すげえ!大好きだ!
前半戦が終わった時点でフと胸によぎった「一抹の不安」を、一発で吹っ飛ばしてくれましたわ。床で転がりまわって笑った。たまらん!あの口!口!

洋さんがね、見事にちゃーんとどうでしょうの洋さんでね。この番組はすごいと思ったよ。願わくば今年のどうでしょうも、かくも変わらずあってほしいと思う。いやきっと大丈夫だな。

それにしても、これを一気に放送してくれたtvkさんの英断には、心から感謝したいと思います。tvkさんの中にエリートの方がおらっしゃり、内容を把握した上でぶっ通し放送に踏み切ってくれたのではないかと想像してしまうほどです。

最後はなぜか、静かに静かに癒されました。
実は私、「ジャングルリベンジ」のラストのラストが、あんまり好きではないのです。
「1/6~」が終わった後のあのカットね。
でも今回の、「1/6」後のあのカット、大好きだ。

「おセンチになるなよ」(<かもすぞ?)という微妙なさじ加減なんですけどね。あんまりどうでしょうさんに感傷の演出を求めてないっていうかね。でも全く求めてないわけじゃなくってね。旅ってそれだけで十分感傷的だから、さ。今回のラスト5分、良かったわ。


まぁそんなワケで、実にいい形でワタクシ本年も「レベルアップの日」を迎えさせていただきました。毎年思うけど洋さんと近いなぁ(笑)。ちゃらららっちゃっちゃっちゃっちゃ~。レベル26(26歳)になりました。「年齢を『レベル』と呼ぶようにすればみんな老人を敬うようになると思う」ってのは私のお気に入りのギャグ漫画「B.B.Joker」のネタですが。今年も去年以上に、振り切ってはじけて、かつまったりと経験値を積み重ねる良い年にしようと思います。ワタクシの今の状況を形づくってくれている、すべての繋がりと、大好きな友人達と、父と母に感謝。そしてラブ。

男じゃないか。

モバキューで、我らが国王様の時代劇ロケ中の写真がアップされたんだそうですね。
国民には刺激が強すぎるほどすてきだとか。
わたしね、ツーカーユーザなので、モバキュー見られないんですけども。すてきだという事なら一安心。

役どころも判明したそうですね。
「吉良の仁吉」。
私は次郎長の話、知らないのですが
どっかで聞いたことある名前だと思いましてね。
父に訊きました。
彼(時代小説まにー。勿論、次郎長の話も知ってる)も、安田さんの時代劇出演を楽しみにしているのでね。

父「吉良の仁吉か。♪吉良~の仁吉~は男~じゃないか~ だな」

!!!

どっかで聴いた事のある心当たり、それだ!!!

とゆーわけで安田さん、人生劇場(@村田英雄)です。
おれも生きたや仁吉のように、です。

NHKやテレ東の「古賀メロディー特集」とかわりと一生懸命見てるのでこんなオチになりました。演歌や歌謡曲、けっこう好きです。
うーん、ここ読んでる人でこれ理解してくれる人どのくらいいるんだろうか…。久々の「安田顕」カテゴリですけど。(笑)

じゃんぼりー公式サイト開設

CUE公式に「CUE DERAM JAM-BOREE 2006」特設サイトができてました。トップページのFLASHも変わりましたね。
さークリッククリック。


ぶっ・・・!!!!


昨日に引き続きまたも画面に向かって吹き出すハメに。
なんでよ!なんでそれよ!なんでその珠玉の黒光り映像なのよ!!!
しかしCUEさん、ここ1、2年ずっとタレントさんの「きれいきれい」なイメージばっかりを押してきてたので、この仕打ちになぜだか妙に安心いたしました。
きれいな顔は 見飽きるのよ!

まーそこを行くと「プロデューサー大泉洋のメッセージ」の写真は実にうさんくsエグゼクティブゼネラルスーパーアグレッシブパーマネントプロデューサー様だそうなのでこれ以上は言いません。
…すーぱーあぐれっしぶぱーまねんと…くくく。
(じわじわと効いて来るおかしさです)

「山田家」続編に「朝日荘」出演。そして新曲。
いやぁ、楽しみだ。
しかし朝日荘まだ見てないなぁ。DVD化、間に合うんでしょうか。間に合わないべや。どうなんだ。


ああ、でも写真の大泉Pはまだ「アグレッシブパーマネント」とは言いがたい。
お目にかかる頃には名実ともにりっぱなアグレッシブパーマネントヘヤーとなっておられることを期待しております。
なんとなくプロデューサーという名前をたてに出演者にムチャを言うバラdisc風の映像が早くも脳裏に展開されております。(笑)

つったかたージャンボリ。

釣りバカ・・・わははははは!!
ダメだよ、「ツッタカター」しか思い出せないよ。

大泉が映画「釣りバカ日誌17」に出演決定!
「釣りバカ日誌17」
★大泉洋出演
2006年夏ロードショー公開 

だってさ。(From OFFICE CUE公式)
さすがにビックリしたけども、ビックリと同時におかしくてたまらなくなってしまいました。
♪ダーブルダブル ダーブルダブル

いやぁ、みんないっぱい出るねー。


ジャンボリー2006FC先行。
18日(金)初日取れました!
正確には、私は全滅だったんですが、母が申し込んでた分が当たったのです(笑)
当落電話、一発目で「ご用意できています…」が流れたもんだからそりゃもう嬉しい通り越してぽかーんとしてしまいましたわ。
かなり落選が多かった事を今更知りまして、滝のように母への感謝の気持ちが湧いております。ざばざばー

一般参戦される皆様にも幸運がありますように!
というか、友人の分がまだ確保できてないので、まだ私も一般参戦です(^^;

しかし大泉さん、このスケジュールで公演プロデュースなんて、大丈夫なのかしら。
脳裏に「何?責任の取り方を迫ってるの?」と毒づく大先生(@WS1)や最上級土下座(@山田家)や「今日は僕の引退会見を…」(@アイドル)がよぎります(笑)

大泉さんのダイアリーとお寺。

きのう深夜づけのCUE DIARYの書き込みに、朝から涙ぐんだ人、多いんぢゃないですか。ねぇ。

大先生ならではの眺め全開でね、ぐっときたわ。何てうらやましい思考の方なんだろうって思った。

うちの母なんかは、こういう時にみられる大泉さんのすさまじくプラスで優しい思考パターンが大好きなんだそうです。

わかるね。それ。わかる。


話変わって、どうでしょうさん。神社が少し奥に行ったのはそんな仕様なんだ。細かいディテールが見ずらくなっちゃったなあ、細か〜い所が描き変わってるのを見るのも好きだったんですけどね。どうでしょう桜やまつり桜の動向、見えるかしらん。

なんというか、より一層無人感が増した気がしてね、少し寂しいの。

昔、うれしーがあそこはもう人のいなくなったお寺だって言ってたの、私も実はそう思ってるんです。

あ、このネタは思いのほか深くなりそうだから今はやめよう!(笑)

とりあえず、藤村さんが何かしていて、近日中に何かありそうだ…楽しみだなあ。

札幌に行って、なにもしない(4)

完結編です。写真はりまくりで一時的にトップページがかなり重くなってますね。ゴメンナサイ。

■14:45 「かもすぞ」千歳鶴酒ミュージアム…の前に
ラーメンで満腹、お腹ホカホカになったところで、バスセンター駅近くの
「千歳鶴 酒ミュージアム」
へ。ここはぜひとも行ってみたかった場所で、札幌市中央区、街の中でお酒を造っているのです。ご存知の通りワタクシ最近「日本酒」になみならぬかもすぞ的興味があり、遠くまで行かずに酒蔵見学ができるという事で、意気込んで出かけたわけでございます。

しかし目的地へ向けて歩いている最中に強烈な腹痛が!(笑)やっぱりコートを脱いで歩いていたのがいけなかったのか。慌てて目の前にあったセイコマへ駆け込み、お手洗いを借りました。
が・・・・・緊急事態発生
電気がつかない
どんなにスイッチをカチカチやっても電気が点かない。そうしている間にも腹痛がテンションを上げてくる。ぎゃー。人生の中でわりと簡単に訪れる「最ものっぴきならない事態」に直面すると、人間、些細な事はどうでも良くなるものです。ええ。ワタクシ、電気が点かないまま、真っ暗なお手洗いに飛び込んで用を足しました。ピンチが去ると、もう、この状況が可笑しくてたまらなくなって、吹き出しちゃいそうでしたよ。紙のある場所も手探りなんだもの。(笑)

■15:00 「かもすぞ」千歳鶴酒ミュージアム
…みたいな予期せぬハプニングもありつつ、目的地に到着。オシャレな建物です。
060326035s
千歳鶴酒ミュージアム
土日祝は、午後1時と3時から酒蔵見学をやっています。酒蔵の上から下まで、酒造りの順を追って丁寧に解説してくれますよ。ちなみに私が一番興奮したのは

060326047s
コレを見せてもらった時でした。ホンモノの「麹」です。ホントに「もやし」なんだねぇ…。なんというか、右下の方に描いた奴らが私にも見えました(笑)

060326055s
真冬に仕込んだお酒を絞っている最中でした。ホースを伝って薄い黄色のお酒がじゃばじゃばと音を立ててタンクへ流れ込んでいきます。この中のお酒、一口いただきましたっ。(ここから試飲天国へなだれ込むのであった)

060326062s
見学終了後はミュージアム内の試飲コーナーで試飲天国(酒蔵見学がないときでもこの試飲コーナーは無料で利用できますよん)。酒蔵を案内してくれたおじさんが、色々説明しながら飲ませてくれました。私の中のヒットは

060326063s
「凍結濃縮酒 純米二六」
デンジャラスなおいしさでした。日本酒を凍らせて水分を飛ばしてアルコール分を26%まで高めてあるんですってー。「これはキクからね!」と言われたけど、自分的には「もんのすごくこくがあってまろやかな、とびっきりおいしい焼酎のストレート」という感覚に近かったかも。(笑)

散々試飲して、酔い覚まし?チェイサー?には飲み放題の仕込み水(湧き水)。いや、ほんと、札幌の水ってどうしてあんなにおいしいんでしょう。
ちなみにこの「千歳鶴酒ミュージアム」のトイレは今回の札幌で一番キレイでした。暫定キングオブトイレ@サッポロの称号を進呈したい。

060326065s
酔い覚ましにすぐそこの豊平川の河原まで散歩。
一条大橋から水穂大橋を見る。札幌…きてよかったぜ札幌。

■17:00 大通へ戻る HTBコーナー
ここからはラストスパートで札幌限定な買い物に駆けずり回りました。まずはHTBコーナーで昨日買わなかった安田式onを購入。ええ、実はまだ買ってなかったんです!で、予想にたがわず黄色い袋のはずかしめをうける。(笑)でも今日は詰め替え袋もしっかりスタンバイで無問題。未練を捨てきれずPHOTO CLIPに再チャレンジ。1つ目が大泉さん、2つ目が大ハズレ(ロゴ)…。いや、大泉さんもダブリじゃなかったから十分なんだけど!でも…。  国王ぉ~~~~~

次に向かったのは狸小路2丁目・「音楽処」。「まんぴん」でおなじみBridgeのお隣ですね。昨年9月の一人旅の時にも行ってます。どうでしょう祭のユメチカレコード売り場もおんどこさんだったので、藩士の方にもおなじみかと。入り口にはどうでしょうさんからの贈り物・姫だるまさんもいますよ。で、ここに買いに来たのはraison d'etre「ライムライト」、というわけで…。HTBコーナーでも売ってたんですけどね、やっぱり札幌でCD買うならここって思うからね。レゾンさん、レジ前に特設コーナーあった(゚∀゚)お店のお兄さんが超ニコニコして売ってくれた。

この時にはまだ中身を知らず、「祭で観たユメチカライブで一番気になって何度かWeb試聴とかしてたから」買った、だけだったんですけどね…まさかこんなことになるとはね…。もうね、そろそろiPodが彼らしか再生しない俺パワープレイ10日目突入だもんね…。

■18:00 札幌駅戻り お土産と晩ご飯探し
この時点で、ちょっと足腰が限界に来てました。ここに書きとめた以上に歩き回っていたので…。足の激痛を抱えつつ札幌駅へ。まず大丸地下でお土産買い。…と、そこでピンチ到来。
現金がない
またか!(札幌でこれをやるのは2回目)ATMに走るも、日曜夜は18時でさっさと店じまい。普段、夜の9時10時にATMを使っているので、この事態には呆然。羽田から自宅の交通費を差し引くと、まったく残らない計算になる。まだ今夜の夕食を調達しなければならない。駅弁屋はカードが使えない。カード使えそうなステラプレイスの食堂街は日曜の夜で鬼混み。荷物は重い、足はパンパンで激痛。最後に来て大ピンチです。

と!そこで妙案が。大丸地下に魚屋があったじゃん!魚屋のおすしを買えばいいじゃないか!(そこでまだ「おすし」とかにこだわるあたりが食い意地を捨ててない証拠ですが)ちなみにこの魚屋さんは東京デパチカでもおなじみ「北辰」でした。

060326071s
200円引き。

■20:08 普通列車で札幌を経つ
■21:35 JL1042 新千歳→羽田
ナケナシの現金でJR北海道のお茶「うらら」を買って、乗車。普通電車なので、所要時間はびっちり1時間。

060326070s
最終便の空港は淋しかったけど、出発ロビーには意外に人が多かった。搭乗開始を待ちながらお寿司を半分食す。残りは機内で。
ラスト近くがちょっと惜しいけど、よい旅でございました。

----完----

■そして、今回の収穫。
060326073s
我が家の新顔。on4体目。

060326074s
せんとちゃんから貰ったおみやげ、その2
ポーション(プレミアムボックス)
うううううう嬉しぇえええEEEEEEEE!!!!
ウチの近所じゃ瞬殺だったもんで。もったいなくてまだ飲んでません。笑。

ちなみに上の写真のバックは「札幌道楽」
札幌道楽―美味しい笑顔、約束します。
4533061435

今回、poroco別冊「さっぽろ10区グルメガイド」(くったんとおのゆうアナも載ってる)も買ってきたので、また次回遠征の時に活用しようと思います。うひひ。

しかし次回がものすごく早く訪れそうな予感もして危険がデンジャラスだ!

札幌に行って、なにもしない(3)

3月26日(日) 札幌:嵐のち晴れ

■08:00 起床
前日の行動を考えると信じられないほど気分の良い寝起き。
060326011s
「今は晴れてるけどこの後雨が降ります」がとてもわかりやすい札幌の朝。円山の方から真っ黒な雲が…。

060326012s
朝ごはんはせんとちゃんのお土産抹茶クリーム大福を2個。一見対決のようですが、これは、本当に美味しかった!気合にみちた朝食ですね。

■9:30 集合&行動開始
外に出てみたら、横殴りの激しい雨でした。「笑っちゃうよォ」と叫びつつ地下道へ避難。本日は白石ツアーの予定だったのだが、この雨では無理だ。というわけで、まずナガサワの抹茶パフェを食べに行きました。

■10:20 オーロラタウン cafestナガサワ
060326014s
朝10時半から抹茶パフェだどうだ対決じゃないんだぞー!(朝ご飯が抹茶大福でも無問題!笑)相変わらず芸術的な美味でした。このソフトクリームが素晴らしいのよねぇ。一応半分コで食べたんですが、1個丸ごとでもいけたかもしれない。

■11:30 大通公園 テレビ塔
食べ終わり、しばらくおしゃべりをして外に出てみると外は見事な晴れ!おいおい!
時間に限りがあったので、直近のテレビ塔へ行ってみる。とりあえず
060326021s
テレビ塔足元の電話ボックスでriver(基本)
雪解けの大通公園は、落ち葉とゴミと水で「これわ ひどい」な状況。よく足元を見て歩かないと危険です。ハト、雪の中のゴミを食べてるのか群れてるし。ハト踏みそうだったよ。クルポークルポーおじさんの胸はハト胸だよー…ええ、せんと師との共通のアツイ話題の一つが「あーみん」でして、この2日間猛烈にあーみんネタが飛び交いまくってました。高台公園で「火よ消えろ!」とかやったのは秘密だ!こういう大人になってはいけないぞ!

060326018s

060326019s
「man-hole」で出てきた「純ちゃんの噴水」。見たとたんに爆笑。「こ・・・これわ!!」見る影もないとはまさにこのこと。

参照:05年6月の写真(スミマセン。水浴びのモノマネをしてます。はい。)
050613035s

テレビ塔の展望台エレベーター代をけちり、3Fどまりで土産物屋をひやかすことに。テレビ父さんグッズなにげに面白いよ。

060326027s
トイレはありませんの看板。父さん泣いてる。

060326028s
「テレビ塔電光時計制御装置」ちょうど12時だったのです。
これがカウントダウンの時は…などと考えるとちょっと感慨深い。

■12:00 札幌駅 お別れ
テレビ塔1Fのやたら時代を感じるゲームコーナーでおみくじなどひきつつ、そろそろ時間なので札幌駅へ戻る。楽しい時間をありがとう!また飲もう!札幌で遊ぼう!と固く握手を交わし、改札へと消えていくせんとちゃんを見送った…のだが、駅の中に入った彼女の足取りが怪しい。瞬時にピーンときました。あの気持ち、大いに覚えがある。というか、エアポート使う道外のみなさんなら必ずああなったことがあるはず!!
札幌駅の、改札すぐの発車番線案内の電光掲示板って、なんで片面だけにしか表示がないんでしょうね?
改札口入って、「うお!南蛮船だ何番線だ!?」と思って振り返っても、そこに表示、出てないんですよね。
あれ、すっごく、不便ですよね。
振り返るせんと師に、ブロックサインで「6番線!」と教えてあげました。(笑)フフ。

■13:00 札幌駅で呆然とする人
自分の飛行機は東京行き最終、21時40分。ということでこれから8時間近くの札幌滞在が私に残されている。8時間かー、何でもできるなー、晴れてるしなー、JRで何処かいっちゃう?動物園は?など様々な計画が頭をよぎるも、全くまとまらず。とりあえず昼ごはんを食べようと思うも、事前リサーチのお店がことごとく日曜休だったりして…(笑)
1時間くらい札幌駅と地下街でウロウロ、無為に時間を潰しました。

■14:30 すすきの近くで昼食
大通から狸小路、駅前通、かなり無為にうろうろ。足は痛いし腹は減るしでちょっと悲しい。しかし週末の駅前通を歩いているといろいろなものがもらえまくります。貰った袋に冬コートを詰め込み、札幌っ子よろしく涼しげな格好に挑戦。ていうか着てると猛烈に浮きまくるので…。すすきの近くまで歩いて行って、ひとりでフラッと入るならラーメン屋だな!と「初代一国堂」に決定。ここのラーメンは何度か食べてるんですが、塩も味噌も醤油も好きです。

060326034s
煮卵が絶品でした。黄身がゼリー状なの…。

札幌に行って、なにもしない(2)

おはようございます!「何もしない休日」その2です。今気付いたんだけど、何もしないってことは読んでもあんまり面白くないんですね。笑。いやぁすいません。旅してる時はすっごく楽しかったんです。もうしばらくお付き合いください。ぺこり


■狸小路HTBコーナーで買い物
すすきのへ戻り、HTBコーナーで買い物。のぼりを買ってしまい、黄色い「祭り袋」の辱めを受けるせんちゃん(笑)ある程度大きなものになるとあの目立ちすぎる黄色い袋が出てくるぞ!きをつけろ!
そして「CUE PHOTO CLIP」ガチャにチャレンジ。4回やって、1>4>1>5。せんとちゃんもモリを出し、まさにモリ攻め(笑)国民2名、待ち望んでいる人が出ない。
「次こそ安田さんを…」
「いや、次シゲありうるぞ」
そして回した5回目は・・・
シゲさんだった
まさに残念!(笑)まあ、ダブりなし大はずれなしなので初チャレンジとしてはすばらしい戦績なのですが。せめて1個くらい、出てほしかったの…。安田さん…。

■札幌買い物ツアー
日も落ちると風が冷たく、ロングコートの私でも手が寒い…ということで、手袋でも売ってないか?と4丁目付近をうろうろ。
結論。売ってない
というかあの寒風の中、君たちは本当に寒くないの?東京のファッションビルのショーウインドウから抜け出たような格好の女子男子がわんさかいたんだけど、はっきり言ってあの日の時点では東京はまだその格好はしてないぞ!寒かったら我慢しないでしっかり着込むし、毛のマフラーだってしてたぞ!ぺらぺらのスカートに素足にTシャツとちびGジャンとか、見るだけで寒い。いくら室内があったかいったって、寒いよ(笑)温度計は5度とか指してるんだから。
(ただ、ひとつ思ったのは、温度計が5度でも体感温度はたしかに少しあったかいなってことです)

その後、今度はせんとちゃんの定期入れを買いにパルコ>三越>丸井今井>アルタ>西武と行脚。ゆるゆる買い物。なんだこれ、妙に楽しい。そして西武のトイレでまたも紙がない緊急事態に遭遇。南平岸駅に続き2回目。なんだ札幌。なんだ。

■20:00 すすきの「磯金浜商」で海鮮の宴開幕
一旦ホテルへ戻り、夜のラジオのセッティング。そしていざ、すすきのへ。今回の旅行の大きな目的がこの「夜」で、(1)とにかく一度じっくり酒を飲みながら話したかった(2)春といえばぼたんえび(3)カールスバーグを飲む という3本柱。しかし3月末の土曜日、やっぱりなかなか飲み屋も盛況。3軒目でやっと落ち着きましたのがすすきの近くの磯金浜商さんのこちらの席

060325052s
超カップル席
いやおかげでラブリーな話からしっぽりと濃い目濃い目なディープな話までいけたわけですが(笑)(実際は大声で爆笑しながらあれだのこれだのしゃべってましたよ)

そしてそこで我々を超ハイテンションにした強力美味海鮮の一部をご紹介だ!

060325053s
とりあえずビーーール!&トバ!

060325055s
かにむき身のカニ味噌のせ!

060325059s
沖漬けイカのルイベ!

060325062s
刺身盛り合わせ!

060325064s
ぼたーんえび!ひゃっほう!(大きくしてみた)

ビールのあまりに美味いこと、睡眠時間3時間+フルに動き回った体に爆笑とともに吸収されるアルコールが気持ちよくてたまりませんでした。体は疲れているはずだからグッタリ行くかな?と不安だったんですがまったくの杞憂でありました。

そしてデザート。
060325071s
店の兄ちゃん「すいません、間違えて同じの2つ作っちゃったんで食べちゃっててください!」
待て待て、まってくれ(笑)対決しろとでも言うのか!
と言いつつこれまた美味な甘味にすっかり別腹へ収納されましたとさ。

■22:40 念願のカールスバーグ
060325073s
最高にいい気分のまま、2軒目のスタンディングバー「Sea-sun」へ。
S3W4の西側、36号から直角に入ってすぐ。「すすきの近くでカールスバーグが飲める」ことを条件にせんとちゃんが探してくれました。なぜカールスバーグかってそれは愚問というものだよ!「♪缶ビールをー飲んだー♪」
お店は常連さんが入れ替わりで来つつ、かなり居心地よかったです。ここもまた来たいな。何気に立ち飲みデビューでちょっと嬉しかった(笑)
ツアー利用なのでホテルは別々。ということでそれぞれのホテルへ帰還。

■23:40 ホテル戻り・ラジオ・就寝
それではダブルベッドをご覧に入れましょう

060326005s
シングルルームにしてはゆったりした作りで、大変過ごしやすい部屋でした。枕もマル!
そして最終回のH&Aがスタート。宮崎ちゃんを大いに堪能。
モリステの時間はさすがに体がきつかったので、風呂(今回もLUSHのバブルバー持参♪)に入って、モリステ終了後26:30就寝。

----(3)へ続く----

よーしよーし、順調順調(笑)

札幌に行って、なにもしない(1)

060325051s

先週の土日の旅行記録です。
テーマはタイトルどおり「札幌に行って、何もしない」
何もしない=イベントもない、観劇もしない。
「びっくり箱」の札幌公演期間中だったんですが、実は観劇旅行ではありませんでした。
時間に縛られないで、思いっきり札幌で遊ぶ。
「祭」から半年経ってどうにも札幌中毒禁断症状が出てきてしまったところに激務が重なり、いいや!行ってしまえ!やっちゃうぞこの野郎!と企画したストレス解消旅行だったのです(笑)。
今回も一人旅かと思いきや、ほぼ同コンセプトで旅行中のせんとちゃん(@水よろ!2B)との2人旅の時間が長くて、いやーめっちゃくちゃ楽しかったね!また行こうね!

なお、今回むちゃくちゃ長いです。完結しますよーに!祈願!(笑…えない)

ツアースペックは以下のとおり
■1泊2日 土曜泊 JAL利用・往復基本便
■宿泊:ホテルモントレエーデルホフ札幌
■シングル 食事なし ¥27,500
この宿泊実はオーバーブッキングの無償グレードアップでして、予約のときはモントレでした。出発1週間前にツアー会社から連絡が来て、急遽グレードアップ。ラッキー!(笑)モントレ系泊まるの初めてだったんですけど、綺麗で良かったです。シングルルームもダブルベッドだったしね!


ではざっくりと(今回はコッテリ?)旅のレポートを。

3月25日(土) 東京:うす曇 札幌:晴れ

■JAL1009 8:30発→千歳10:00着
前日は職場のプロジェクト打ち上げ。しこたま飲んで、途中の記憶がなく帰宅25時。服のままベッドの上で死亡。ハッと気付けば時計は4時。支度何もしてない…。まだアルコール抜けてない…。(笑)そんな状態で、結局そこから起きっぱなしで家を出ました。天気予報の気温と「雪が降ってる」情報を頼りに、セーターにブーツにロングコート、軽く冬の装い。まさか札幌っ子の服装があんなことになってるなんて思いもしなかった…。

060325002s
出発時の搭乗口の情報だってこうなってるし!

で、着いてみたらば快晴。千歳線から見た、雪をかぶった手稲山の美しかったこと!
そして11時札幌駅。皆、春コート…。うそだろー!

■11:00 えき☆スタ
前乗りしていたせんとちゃんとえきスタ前で合流。したら、えきスタで森崎さんが13時からの「えき☆スタ1」リハーサル中。昼のテレビは見れないと思っていたので、これは嬉しいサプライズ。スタジオを覗き込んだ我々、まったく同時に
「でかい…」
とつぶやき大笑い。いやぁ、ホントにデカいな。モリ。
レポーターの飯野君(スーツ姿<ポイント高い(笑))も居て、ちょっと手を振ってみました…。可愛かったであります。
この日の森崎さんは春を意識してか?ピンクの花柄の入ったシャツをお召しでした。元気そうに見えたわ。
飯野君としゃべったりする森崎さんの表情がなんとも子供っぽくて、そんなところに妙に札幌を感じました。リラックスしてるんだなーと。

ちょっとテンションの上がった我々。私は睡眠3時間だったので余計にバカテンションに…。チェックインを済ませ、昼食場所へ。それにしても皆、薄着…。

■12:20 昼食「一灯庵」
060325006s

060325009s
西4丁目から市電に乗り、スープカレーの「一灯庵」さんへ。
確かにかなりわかりにくい場所にあった。地図を見ながら歩いていたら、いきなり雪解けの地面にあいた落とし穴へ落ちました。ビックリ&大爆笑。雪解けの札幌では地面に注意だぞ!落とし穴のほかにも、ゴミとか犬のぅんkとか落ちてるからな!

060325013s
おりじなるチキン\900+ジャスミンティ。ご飯は五穀米みたいなやつ。辛さは食卓のピッキーヌで調節。美味!!とにかく美味!!にんじん食べてあんなに幸せを感じられるってのがスープカレーのすばらしいところだよ…。
お店も、誰かのおうちにお邪魔したような猛烈に心地良い空間でした。マンガの品揃えも豊富だったわ…。長居したくなっちゃうような場所だけど、まぁお客さんが次から次から来るので頃合を見て退散。お店の方も優しくて良い人でした♪また行きたい。

■14:00 膨れた腹を抱えて南平岸詣で
腹いっぱいすぎてヤバイ。市電で4丁目へ戻り、地下鉄で南平岸へ。真池龍のモノマネなどで盛り上がる。南平岸駅のトイレは思いのほか綺麗ですが紙が備え付けていないので注意してください。駅前の聖地ローソンではDVD第7弾の告知ポスターが…なんかすごいことになってました。店の前にのぼりが立ち、店内3箇所に特大ポスター…。外から見るだけでも店内が黄色かったよ。

060325032s
HTBさんロゴマーク変更、ということでonちゃんの真下もこんな感じに。

しかし
060325017s

060325018s

060325019s
若干やりすぎ感が漂う正面玄関(笑)どこもかしこもダイナミックスクエアまみれ。思わず笑ってしまった。

■14:30 雪残る公園とHTB玄関
060325029s
いつものショット。
腹ごなしをかねて公園へ。雪はかなり残ってました。気をつけて歩かないと「足がずぼ!!」になる。しかしこれが楽しくて(笑)しばらく遊んでしまいました。斜面を走ったり、滑り台にチャレンジしたり。
060325021s
怖い怖い、無理無理。
さすがにダイブができる雪の硬さではなかったのよ…。びちょびちょでね。

ひとしきり遊んで、HTB玄関へ。展示がえをしたとのことで、あちこちチェック。うるさいくらいに貼ってあった「ふじむら」がいなくなってた。「祭」の時にあまりの混雑にあきらめたピンバッジガチャを4回ほど。「たか理容院」が出て満足。
060325049s
おお、これは千歳空港の売店が開店したときに配ってたシールかな?「ようこそ北海道!」「北海どうでしょう」(笑)そしてラベンダーに草原に、…HTB社屋?(笑)

いろいろ話しつつ喫茶コーナーでお茶。中へ入るのはリニューアル前以来。ずいぶんきれいにしたんですね。でも、カウンター周りだけは前のとおり残したんですね。さすがですね。(笑)ミルクティーを頼んだら、ロイヤルミルクティーが出てきて驚きました。おいしかったよ!


----(2)へ、続く---

洋さんおめでとうー

大泉洋さんハッピーバースデイ!でも今年はきっとmade in おやびんのプレゼントセレモニーはないんだろうなあ。洋さんのお誕生日と言えば私はやはりぶっちぎりで「ジャングル・リベンジ」のアレが大好きでございます。誕生日プレゼントなのにHTBの玄関に飾られてるとかワケがわからなくて最高ですよね。優勝。今年の洋さんは、正直もうヲレどんだけ仕事してるのか/する予定があるのか把握できてません。でっかい仕事ばっかりで、それも何か微妙に…(ごにょごにょごにょ…)…えええ、なまぬるく、いやあったかく見守っていようと思いますので、頼むから体だけは壊さないようにしてほしいですね。神様仏様、多忙を極める洋ちゃんが今年も元気にどうでしょうのロケに出られますように健康でいられますようにお守りくださいませねぇ。

昨日のtvk「2005新作」4夜ぶっ通し、みましたよ。自分の参加した「第3夜前枠」で地震情報かぶって絶叫しちまったよ、あんまりだよ(笑)それはともかく、やっぱりどうでしょうの大泉は見事なもんだと感嘆しましたよ。顔といい髪といい(笑)すごい番組だよなぁ。破天荒だよなあ。フツーあんなん放送しないわ。(いろんな意味で)

もうすぐ新作

あと10分でtvkでの「新作祭り~前編~」が始まります。
Gコードで予約しようと思ったけど、あれ、2時間分で切られてたね(笑)
というわけで、手動で1夜分ずつ録画して行こうと思ってます。
最近録画ミスが多くて、STLの最終回見そびれたりとかいろいろやらかしてるのでちょっと不安だけど
がんばる!!!(まったく無駄な意気込み)
家族もテレビの前に大集合です。なんだこれはドリフか

それにしてもラテ欄の呼び込みがすごいなあ

どうでしょうファン必見いよいよ待望の最新作が関東地区に初上陸・第一夜から第四夜までなんと一挙オンエア▽果たして大泉くんはスペインの牛追い祭りに出かけたのか?▽大泉洋の衝撃の映像を見逃すな▽不眠不休の作戦長い夜…


顕ちゃん東京で次郎長~のロケ中だそうで。
ミスミスうるさいくにちゃんへのおたおめダイアリー、ちょっと面白かった。
さぁさぁこれから見るのよ!私は!アナタを!!(笑)

移住渇望衝動

神様、オイラ本気で恋しちゃったよ。どうしよう。いますぐ札幌住みたい。うわぁん。
mixi見てない大部分の方にはあまりに唐突ですが、momeさん、札幌のバンドに恋しました…。うわあもうどうしようもねえ。ハマっちまったよう。

どうでしょうやNACSさんを好きになった時には移住したい!なんて思わなかったわけで。
もっともっと切実で取り返しのつかない感覚なのです。「どうしてもその日その時その場所にいなければ(生でなければ!)」という感覚をこんなに強く持つのは、あー・・・・やっぱり私の立つ場所が音楽の畑だったからなのでしょうか。最近いろいろな事情でライブから足が遠ざかっていて、もう自分の心を揺らすほどの唄に出会うことはないんだろうな…なんて思っていたのですが。こんなに前のめりに「ライブ行きたい!生で聴きたい!というか今行かねばならぬうおおお」という衝動をまた覚えることになるなんて。いやいや嬉しいなあ。ときめきマン超襲来中ですよ。

ハマる瞬間って不思議だよねえ…。
存在を知ったのは半年以上も前で、その時に一旦試聴もしていて、とりあえず「気になる棚」に入れておいた。その時点では気になってはいたけど苦手だな、と思う要素も多かった。で、やっと正式な音源出たっていうから札幌行ったついでにCD買ってきて、改めて聴いたら、ど頭から大はまり。この1週間彼らしか聴いてませんよどうしましょう!さすがにはまりすぎなんじゃないかと思う…。


ああ、札幌住んで気負うことなくライブ聴きにいけたらなあ。悔しいなあ。さすがに対バンライブに1泊2日かけて行けないもんなぁ。くそう。
とりあえず次にワンマンかツーマンかあったらあらゆる予定をぶっ飛ばして札幌飛びましょう。
唄に恋する、ほんと・・・なんつーか・・・幸せっす。
便宜上恋すると表現するけども、己に響く唄に出会う、しばらく忘れていたこの昂揚感は、何物にも代え難いです…。

はまっちゃったのはこちら様。
raison d'etre
祭で歌ってた人達です。あと4月からぽぷシネEDとか。
しかし縁というのは何処で繋がるかわからないものだ。
こうなると、12月の東京プチツアーに何で行かなかったのかと己を100叩きだよ、もう。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ