« その音の降る場所 | トップページ | 聴いてる? »

0と1

すみません。きょうもCUEさんの話題ではございませんのであしからず。CUEさんの話題じゃなくても読んでもいいよ、って人だけ読んでくらさいね。というかそういうお方しかもう残っていない気もしますが。
…残っていてくださいお願いします。

■石川雅之「カタリベ」読了。
「もやしもん」の人が前に描いたマンガです。面白かった。ラスト付近は、作者の心情や状況がヒシヒシ伝わってきてせつなくなりましたが(苦笑)(終わらせざるを得なかったんだろうなあ)(続きたかったんだろうなあ)それでも、読み応えはあった。

先日ね、電車の人身事故にニアミスしたんです。ニアミスっていうのは、「見た」わけじゃなくて、「乗るはずの電車が前の駅で人身事故を起こした」っていうニアミス。事故の理由も、安否も勿論わかるはずがありませんが、その事故に「遭うか」「遭わないか」の一瞬を思ったときに、身震いするリアルを感じたんです。そしてこのタイミングで読んだこのマンガ。にゃんともかんとも。心に届きまくり。

自分で死ぬのって、すごく難しいと思うんです。でも何かに殺される時はわりとあっさりと死んでしまうのだと思います。すごく身近に、あっさりと0(消滅)と1(存在)の選択肢が口をあけているんだけど、でも皆それに気付かないような顔で、ひどく能天気に生きてるんだよなぁ。この世の中に、死なずに生きている人がこんなにうじゃうじゃいるのってすごいことじゃないかしら。0と1の問題なんて頭のどこにも無くて、私の頭の中は楽しいことや美しいものや、心震わせる唄のことを日々一生懸命考えているわけで。


なーんてことを思ったわけで、えーっと変な文章を書いているのはわかっているのですが、とにかく「マンガ面白かったぞ」ということを言いたかったのです。こんな風に心が触れるのは嫌いではありません。今日は同じく石川氏の「人斬り龍馬」を帰宅がてら読もう、と思っていたのですが、どうやらこれから雷雨で豪雨らしいのでやめておきます。借り物なのでね。(笑)雷雨で豪雨らしいんですけど、これから黒田くんのアルバムを引き取りに新宿へゴーです。さすが雨男だよ。さすがだよ。うん。


それにしてもこの文体。影響受けやすいにも程があるのではないかしらん。

« その音の降る場所 | トップページ | 聴いてる? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/10311381

この記事へのトラックバック一覧です: 0と1:

« その音の降る場所 | トップページ | 聴いてる? »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ