« 春らんまん札幌でおひとりさま修行と奇跡の旅(1) | トップページ | 「いもこっち」=じゃがぽ? »

春らんまん札幌でおひとりさま修行と奇跡の旅(2)

■22:00 腰を落ち着けたのは「mon-ichi」でした
大通りに戻り、いくつか食べるところを回ったのですが、いまひとつ入る気にならない。このなんともいえない胸いっぱい幸せ感に合わない気がしたんですね。そこでふと、前回せんとちゃんから「mon-ichi良かったよ!」という話を聞いていた事を思い出し、あそこならこの気分にぴったりに違いない!ということでずずいと狸小路を奥へ向かいました。ちなみに2F(フーコック)はCUE時代から3回くらい行ってますが1Fは全くの初めてです。

060513022s
時間が遅かった事もあり中にいたのは私ともう一人だけ。念願のクラシック生、やっぱり札幌来たらこうでなくっちゃ。

060513023s
づけまぐろの生春巻き。「はしや」の時もこれ誰かが食べてたような。見た目以上のボリュームでした。ぶっといのさ。野菜バンザイ!

060513028s
まぜごはん。全部を豪快にかましてから食べます。これも野菜たっぷり!
春巻きとビールでだいぶお腹が膨れてしまったので、コレはゆっくり食べてました。じっくりと体に残る幸せ感を味わいながら。

一人ごはんということもあって、お店の方と話しながら選んだり食べたりしてたのですが、ビールのあとの「2杯目」焼酎の話になってから、それをきっかけに輪が広がって・・・

・・・(中略)・・・

そして気付いたら26時半をゆうに回り。飲んで飲んで飲み倒したわりにそれほど酔ってもいず(笑)笑って、話して、また笑って、飲んで。。
偶然を積み重ねた、かけがえのない出会いが、胸に残りました。縁、ってすごい。
アキちゃんがここを「お気に入り」だという理由が、よくわかった。
きっとまた行きます。
この夜ご一緒してくれたお3方に、ありがとうー!

そうそう、酒の飲める体でよかった!って思いました(笑)。
お酒(焼酎/日本酒)の修行を積んでてよかったわ。

====お店情報====
mon-ichi(モンイチ)
TEL 011-272-0616
住所 〒060-0063 札幌市中央区南3条西7丁目KAKUイマジネーション 1F
アクセス 地下鉄南北線すすきの駅 徒歩6分
営業時間 17:00~24:00
定休: 日曜日
================

5月14日(日) 札幌:晴れ

■27:00ホテル戻り 28:30就寝 09:00起床
身繕いをしてベッドに入った時にはもうすっかり明けて朝でした(笑)4時間ちょっと寝て起床。アルコールはすっかり抜けて二日酔いも無かったのですが、さすがに胃袋がブロークン(笑)。4時間近くほとんどつまみもなしに飲んだもんねぇ~。朝食を頼んでいたので、重い体を引きずって朝食へ。ココのホテルの朝食はちょっとした評判、らしいのです。

060514006s
体に優しいメニューが多くて助かりました。卯の花がしょっぱくなくて感動しました。「ススキノで飲みすぎた方には卵粥をおつくりします」なんて張り紙もあり。…私はタマゴすら受け付けなさそうだったので(笑)普通の白粥。

■11:45 出発 南平岸へ
ご飯の後2時間近く、仕度をしながら部屋でぐだぐだしてました(笑)さすがにね…。
そしてやっぱりなんとなく義務感のような気持ちに引かれ、南平岸へ。というか、ホテルが幌平橋なので、普通に近いです。

060514041s
まさに、春!!!ベストショット。

060514020s
公園の桜もまだまだ咲いてます。

HTB玄関にお参りした後、裏の方へ回ってみました。筋向いの平岸プールの桜も満開でしたね。ついぞ東京でお花見をする機会を逃しているので、うれしかった。

060514038s
そしてこれが、どうでしょう桜さん(左)と祭り桜さん(右)。縮小したら見えなくなってしまいましたが、どうでしょう桜さんにはいっぱい蕾がついてます。場所はバス停から数メートル奥。

今回は30分くらいでお参り終了。もちろん、藩士の方ともすれ違いましたー。

060514034s
そういえば玄関の横にこんなものが。
「全道的にたいへんごきげんな一日になるかと思われます」
時折叛乱を起こす胃袋をなだめつつ、地下鉄で今度は円山公園へ向かいます。


■13:00 円山公園
円山公園は本日まで「花見期間」で特別に構内で火が使える、ということで、駅前からしてもう大変な賑わいでございました。園内に充満する野外ジンギスカン臭。おいしそうな匂い!(でも胃は拒否。笑)みんな楽しそうです。

060514045s
ちょっとまばらなところを撮っちゃったんですが、実際はもうすごいです。びっしりと老若男女がジンパ中。ホント。

060514046s
出店も絶好調。カラオケもやってた。

北海道神宮へ向かってゆるゆる歩いていきますと、満開の桜と梅の庭園が目に飛び込んでまいりました。

060514049s
・・・・っブラボーっっっ!!!

息をのみました。本州の桜(ソメイヨシノ)と違い、葉も一緒につくのが北海道の桜(ヤマザクラ)なのですが…ここまで満開だと豪華な感じですね。でもやっぱり、ソメイヨシノの満開とは違う、楚々とした魅力があります。美しい美しいと言いながらばりばり写真を撮りました。

060514061s
そして北海道神宮へお参り。神宮も盛況。ちょうどボーイスカウトの集団がおまいりに来てました。モリーダー思い出したのは言うまでも無く。おみくじを引いたら中吉だったのですが、その文が・・・

060514060s
(クリック拡大)

札幌へ行く前日くらいに、「他人に対してネガティブな言葉を吐かない様になりたい。苦手な人にだって優しくできる自分でありたい。言葉が現実を引っ張ることもある。逆もまた然り。」と言うような内容を日記に書いたばかりで、しかもその「逆もまた然り」を前日に体感したばっかりだったから。自分のおかれた状況と強いシンクロニシティを感じちゃいまして、ほろっと涙が出てしまったのでした。


■13:30 円山動物園
ゆるゆる歩いて、円山動物園到着。
ベストシーズン!ということで、園内も賑わっておりました。
ちょうど1年前、コンポーザーを見に札幌へ来たときも(5月1日)母とここへ来たのです。
ちょうどよい面積と、ほどよくまとまった動物さんたちの檻、緑の多い敷地、傾斜したレイアウト。散歩していて楽しい公園です。時間を食いすぎることも無いので、観光客にもオススメ!

060514076s
ハイタカ(お食事中)
060514073s
シロフクロウ(瞑想中)

まずは猛禽から。猛禽、特にふくろう好き!なもので、必ずここで時間を食ってしまう。この日はシロフクロウさんのフリーフライトはなかったんですが、あとでお楽しみの時間がありました。

それは次回という事で。

« 春らんまん札幌でおひとりさま修行と奇跡の旅(1) | トップページ | 「いもこっち」=じゃがぽ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/10189942

この記事へのトラックバック一覧です: 春らんまん札幌でおひとりさま修行と奇跡の旅(2):

« 春らんまん札幌でおひとりさま修行と奇跡の旅(1) | トップページ | 「いもこっち」=じゃがぽ? »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ