« 「いもこっち」=じゃがぽ? | トップページ | 春らんまん札幌でおひとりさま修行と奇跡の旅(4) »

春らんまん札幌でおひとりさま修行と奇跡の旅(3)

■13:50 猿
えーここからしばらく動物さんの写真が続きますあしからず
(1年前と同じとか言わない!写真のサイズは大きくなってるし)

060514078s
幼い頃からサル山が好きでして(ただならぬ共感を覚えるかららしいよ)、動物園でも猛禽とサル山はほっとくといくらでも時間が潰せると思います。

060514082s
核家族。

060514085s
やはりこれは撮らねばなるまい!何のことだかわからない人はサイコロ1のDVDをも見ヨ。

■14:00 イベントタイム
ここまで30分、猛禽やサルで時間を潰しながらかなりゆっくりとした足取りで上ってきています。なぜかといえば14時からここでイベントタイムだからです。

060514086s
「2時から 爬虫類館にて ニシキヘビとのふれあい体験を開催いたします」
それ魅力。

060514088s
「何見てンのよ」
爬虫類館にて、ワニさん。
爬虫類はキライじゃありません。両生類も。
アナコンダやアルビノのニシキヘビ、亀さんを見て(写真も撮ったんだけど厭なヒトもいると思うので掲載自粛しておきますね(笑))、最後におガキ様が大興奮して騒いでいる方へ向かいます。

060514094s
「頭だけは触らないようにね。ヘビの表皮にはほとんど雑菌がわかないので清潔なんですよ」
ほほー。
いや、実は大蛇を触るのは初めてじゃないんですけど(^^ゞやっぱりスベスベでけっこう気持ちいい。変温動物なので体温を感じません。フシギな感じ。
ちなみにこのあと笑撃のメタファー的オチがありまして私それに気付いた瞬間笑いを堪え切れずに走って館を出てしまいました、気付いた人はどのくらいいたんだか。

060514099s
「下ネタ禁止よ!ていうか一人旅だと笑えなくて辛いわね!」
フォトジェニックな鳥さんたち。

■14:15 そんなクマで俺がエサー
爬虫類、熱帯の鳥のあとにやってきたのは世界のクマ館。
シロクマの赤ちゃんがGWから公開になって、今一番動物園でHOTな場所ですね。
でもとりあえず

060514110s
マレーグマの「洋二」((C)1×8旅の達人)。何回見に来ても似てる。

060514111s
萎え系。

060514112s
萌え系。(…そうか?)

そしてシロクマの柵の周りにはいっぱいお客さんが集まってました。
060514114s
ピリカ君。(なぜ、後姿しか撮れてないんだろう…orz)
遊んでる姿が元気いっぱい!しかし、それをよそに隔離されたパパグマがものすごい暴れてたりしてました。怖ー。

■14:30 誰がなんと言おうとコレに乗って帰る
あらかた一周して、胃袋もだんだん空腹で気持ち悪くなってきたので(笑)最後にここへ来た最終目的を果たします。

060514126s
これに乗るために来たんです!!

円山動物園にはミニ遊園地が併設されていて、そのメダマの乗り物がこの「ループ&コーク」。とは言っても、とっても「ゆるい」感じの雰囲気なんですが、日本の絶叫マシンを総合的に紹介している「絶叫REVIEW」というサイトにこんなふうに紹介されてるんですね。(ちなみにこのサイト、かなり面白いです)

>「日本の小型コースターの中では(中略)ナンバーワンの内容と楽しさ」

おお、それは楽しそう。乗ってみたい。ということで、おひとりさま修行の旅のクライマックスは、「ひとり寿司屋」「ひとり飲み」「ひとり動物園」に続いて「ひとりジェットコースター」です。どーだ。

券を買い、乗り場に向かいます。乗り場には他のお客さんはいません(数分に1回くらい、お客さんが来次第動かしている感じでした)。帽子と荷物を乗り場のお兄さんへ預けて、4人乗りの小さな座席に身を沈めます。上で紹介したレビューを見ていただけると分かるんですけど、すごーくライドが小さいんですよ。ここにね、まぁ一人で乗ってね、ぶん回されると。

いやこれねーーーーすっっっごい楽しかった!!!(笑)

rの小さい垂直ループはTDSの「レイジングスピリッツ」で散々体験してるのでもう余裕だったんだけど、コークスクリューが。小さいながらも。やられましたね。うひょーって声出しちゃった。しかもふわふわのロンスカはいてたもんだから、そいつがコークスクリューのところでフンワカ巻き上がっちゃってね。慌てて押さえるわ落ちるわ回るわで。あっという間だけど、次から次へと実に楽しかった。2回連続行きたかったけど、もう胃袋が「限界!!」サインを出していたので、脳味噌だけハイになったままおとなしく出口へ向かいました。脳内BGMは久々の黒田くん「Corkscrew Coaster」で。♪じゃすわなすぱーく!あんどふらい!

■14:50 食べられるものを探しています
当初、円山公園の後に行こうと思っていたのは「らび円山」…スープカレーですね。しかし、もう胃のあたりの筋肉がどんよりと引き攣っている今の状況でカレーは字面どおりの自殺行為。ここでの食べ物の選択が、今夜のライブを快適に見られるかどうかにもつながる。というか、完全に壊れたね、胃袋…。あまりの内臓の不快感に、円山公園近くの薬局へ駆け込み、胃薬を購入。手持ちの漢方も総動員して、とりあえず水と薬を押し込み、大通へ戻りました。胃に入りそうなのは、うどんとかそば的なモノ。しかし、探している時には見つからないものです。東京なら駅ソバでなんとかなるのに!

060514128s
この時点で3時半。このフォントにひらがなで「きむら」というと、もうあの個性派アナウンサーの顔しか思い浮かばない。「そーだろうかぁ?」
ここもソバだったんだけど、入りにくかった。

で、結局、
060514130s
命を救ってもらったのは3回目。モスバーガー

しかも、北海道のモスでは「ここと札幌もう1店舗」でしか出していないというスープごはん!モスでこんなの出してるなんて知らなかった。ジャガイモ、ニンジンに冬瓜も入って、お腹に優しい味でした。100均の通りの緑モス、あんた大好きだ。


…全3回で終わるはずだったんですが。終わりません。えらい中途半端な分残っちゃった。次回、完結編です。レゾンさんにもハマってるけどスリーピーさんにも大ハマりかましてます、最近のmomeさんでした。CD買ってきたら頭っからストライクだったよ!何それ!!

« 「いもこっち」=じゃがぽ? | トップページ | 春らんまん札幌でおひとりさま修行と奇跡の旅(4) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/10235632

この記事へのトラックバック一覧です: 春らんまん札幌でおひとりさま修行と奇跡の旅(3):

» 北海道の乗り物 [北海道ブログ★情報バンク]
北海道に行ったら乗ってみたい乗り物を探してみました。 [続きを読む]

« 「いもこっち」=じゃがぽ? | トップページ | 春らんまん札幌でおひとりさま修行と奇跡の旅(4) »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ