« キャンドルナイト/3年目になってました | トップページ | 一番いい季節の札幌に行こう2006(1) »

驚愕の日

なんか・・・なんだろう、興奮して眠れなかったのかえらい時間に寝てしまいまして今現在眠くて「もう具合悪くなってきたもん!」(アメリカ横断)です。
イカンお茶でも淹れてこよう。

興奮していたのは別にサッカー見ていたわけではないんですが…(っつーか社長ー!社長ーーーー!!!)

サッカーを見なかったのは理由がありまして、先日の試合で私が札幌から帰ってきてテレビつけたとたんにばしばし点を入れられたというイヤーな記憶から「次の試合は私は見ない!だから勝て!」みたいな感じです。はい。

ところが帰宅してから親がサッカー見始めちゃいまして、夕食を食べられないまま試合終了の笛まで自室に篭る結果になりました。居間から母親の叫びとか聞こえるし。きっとだからドローだったんだ。次はもう出かけてやるう…。


で、興奮していた理由は、昨夜東京へ観劇に来てるちゃぐさんを囲んで仲良しーズの「チーム生きてる」で集まろうーって会合がありまして、それに行ったらいないはずの人が居た!!んですよ。もう、おかげで豪雨でびしょ濡れのテンションが変な方向に上がりっぱなしでしたよ。おまけに“仙台の移動破壊兵器”ちゃぐさんの「ちゃぐ語録」も相変わらず出し惜しみナシの炸裂しっぱなし。凄い時間でした…。

今まで、誕生日とかに友人からいろいろサプライズ企画なんてされたこともあったけど、ここまで突き抜けて気持ちよく「だ…騙されたーーー!!!」って思ったのは初めてかもしんないと思いました。今回の仕掛け人ズには完敗だぁ。経緯は上の「いないはずの方」のblogをご覧ください。何十分の一かだとは思いますが、「あぁびっくりしたいま」(西日本カブ)の気持ちがよくわかりました。

大阪って山手線で行けるんじゃないかと思った瞬間でした。

« キャンドルナイト/3年目になってました | トップページ | 一番いい季節の札幌に行こう2006(1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/10594200

この記事へのトラックバック一覧です: 驚愕の日:

« キャンドルナイト/3年目になってました | トップページ | 一番いい季節の札幌に行こう2006(1) »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ