« ガンカタとサプリと次郎長。 | トップページ | 冷凍モイスチャー »

そのおとのなるほうへ

かなりご無沙汰しました。
気が付けば7月の記事…3本?ワースト記録かもしれませんねぇ。
よくblogを読んでると出てくる「まぁだいたいmixiに書いちゃってるんですけど」というフレーズは私は好きじゃないんですけど、でも私も「だいたいmixiに書いちゃってる」んだ。だめじゃん。弱まってるのかな。叫ぶことをためらってるのかもしれない。楽しいことは沢山あったので、それを呟きではなく叫ぶように生きていきたいですね。
7月前半は書こうにも書けない、ココログ史上最悪の状態が続き、メンテナンス後は多少の改善が見られたものの今度は大きなイベントが3週連続で続いて、どれも微妙にどうでしょうとかCUEとかそういうことではなかったので書くのをためらってしまいました。今後はそういうことも書いて、残していこうと思います。その人の息遣いが見える日記が、私は好きなので。mixiをクローズドにしてるなら、なおさらですよね。


というようなgdgdはおいといて、この半月間にあったゆかいな出来事は
(1)黒田君の10周年ライブ
(2)西川君の国際フォーラムライブ
(3)スリーピー東京ライブ
(4)山陰旅行
(5)raison d'etre東京ツアー3連戦
とまぁぶっちゃけライブばっかりなんですが(笑)とにかく昨日(一昨日)終わったばかりのレゾン東京ツアーのメモを、ココに残しておきたいと思います!正直言って今頭の中9割レゾンです!あきらかにヤバイ。困ってます!(笑)


■060728 新大久保club voice
ヤスダ君風邪で鼻喉咳でかなり辛そうだったけど…声は、思った以上に出ていた。もうさー、ほんっとに、良い悪いを超えて、この声が、私は大好き。…大好きなのだよ!!!
透明感と、快感すら覚えるざらつき。どんなに聴きなれても、ドキドキして、止まらなくなるのです。
レゾンは、観るたびにどんどん進化を感じる。呑まれそうな演奏だった。ツアー初日からこんな演奏が観られるとは!

==========
笹舟
ライムライト
それを妥協と呼ぶ

モノローグ

==========

今日はライムライトがテンション高くて凄かった!間奏のところ、カウントからカンノ君の笑顔全開で、すっごい楽しそうだった。一気に体が熱くなった。後でカンノ君に聞いたら「だってアウェイだと思って来たのにすごいあったかいから!」と。フロアほぼ100%レゾンのお客さんだったかなと。この日はブッキングの取り合わせがとっても謎でしたが、レゾンの後のソウル&ジャズのお姉さんは上手くて、ギターの人も上手くて、かなり楽しかった。

ああそうだ、初日から「朔」嬉しかった!やっぱり一番好きな曲。強くて、眩しくて、熱くぴりぴりと共鳴する渦。朔は冒頭からヤスダ君のメガネが吹っ飛んでた。

MCはヤスダ君オンリー。
東京は思ったより暑くない。でも道が狭い。雪を捨てる場所がない。
(笑→「バカにしてるだろっ!(札幌に)来たことあるでしょ?」)
アウェイの場所なのに、こんなに人が来てくれて嬉しい。
「本当に感謝してます」と2回繰り返して言ってくれました。
福ちゃんに「喋らないの?」と振ったら、「今日は喋らない」と返され、「今日だけ喋らないの?それは今日のお客さんに失礼だろ!」(笑)

この日はヤスダ君本当に具合が悪かったみたいで、終演後はかなり早く帰ってました。
わたしはとりあえずピック2種類購入♪「自滅」爆笑でした。えぇ。

ライブ中、わたし一人で見ているのがあまりにももったいなくて…もっともっと皆に聞かせたくて、それはお金ではなくてもっと純粋にこれをもっと多くの人と分かち合いたいよ、という衝動でした。おいしいお菓子や綺麗な景色をシェアする気持ちとおなじような。
まぁそれでその夜から友達に声かけまくるわけなんですけど。


■060729 西荻窪waver
==========
笹舟
ライムライト
それを妥協と呼ぶ
モノローグ
酸欠

==========

今回も昨日に続き出番はラスト1つ前。いやあ、トリなら間違いなくアンコールかけてた(涙)今日は「もっと聴かせて!」と言う気持ちにさせられました。なんだろね。
今日は昨日よりもアウェイ感があって、そのせいか熱と言うよりは力強さが先にたつ感じ。「酸欠」とか、鈍重な刃物で斬り込んでくるような。
すんごい箱が小さくて、正直音があんまり良くなかったんだけど。(立ち位置にもよるかな)
でもヤスダ君は昨日より断然元気そうで安心いたしました。
そしてトリのバンドさんがすっげえ熱くて楽しかった。
ドラムの人から湯気出てた。

MCより
9/29の次回ユメチカライブ出演決定、だそうです。
29?29なのか???。・゚・(ノД`)・゚・。←獏のゆりかご千秋楽

訂正出ました:ユメチカライブ9/23だそうです。・・・・・・うわぁ(笑)
とにかくレゾンはことごとくかぶってくるな…
今日だってフジロックに隅田川花火だもんなぁ。

ライブ告知は福ちゃん。、9月はエアドゥの割引切符があるからぜひ!とか言ってた。行けるもんなら行くさっ。うぁーん。
(レゾン企画に行けないのがそうとう尾を引いてます)

ああ・・・・
今日も終わってしまった。
2ヵ月半、待って待ってまちわびて、過ぎる3夜の何と疾きことよ(泣)
足りないよ。もっともっと観たい。あの空間に浸かりたい。脳髄まで。(倒置法)

この西荻窪のライブハウス、かなりこじんまりとしていて…そして謎の異臭が。というか明らかに「5年くらい使ってない体育倉庫」みたいな匂いでした。鼻って慣れるんだなと思った数時間だった。(笑)

こじんまりとしているおかげで、物販席の傍で見ててずいぶん長いことお話しさせてもらった気が。
ネイティブ「なまら」を聞いたりとか。(通訳不要です)
いきなりメガネの度を当てられたりとか。(本職キター)
その場で仲良くなれたファンの方も交えてほのぼの。楽しかった。3人とも、ありがとう…。


■060730 下北沢Mosaic
川崎チッタ前での黒田くんのフリーライブを見てから下北沢へ。
黒田くんもカッコよかったけどね、すっかり脳内レゾンに飲み込まれてしまって・・・ゴメン。
(一応メモ15時の回:Fly me to the wind valley・怪傑ラブミーテンダー・忘却の刻・侍do it・CELL 侍久々だなぁ!ラブミーはインストア初。謎のアクションがカワユス。Fly meと忘却は正直CDではあんまり好きじゃないんだけど、このアレンジなら凄く好き!とにかくばびちゃんのギターアレンジが上手すぎる。)


レゾンはトップバッター。なんか開場と同時くらいに着いてしまい…それほど気温が高くなかったのに冷房がんがんでちょっときつかった。
Mosaicは今回のツアーで一番キレイなライブハウスでした。(というか西荻がとにかくスゴすぎた…)ステージもフロアも真っ白。珍しい気がする。ステージ高も結構あって、あんまり前に行くと首が危険な感じ。ステージから結構離れてたのに首が途中で痛くなりました。
真っ白だから照明とか効果が良く映えて。きれいだったなあ…。床照明もすてきだった。レゾンって、こういうの似合うと思いますよ。ただ、ステージの奥行きがあるせいか、スモークたきすぎでカンノ君が全然見えなくなっちゃうことがあったのが残念だった。カンノ君が叩きながらすごい笑顔になるの、見ると気持ちががーっと盛り上がるんだよね。

==========
笹舟
ライムライト
それを妥協と呼ぶ
タスクマスター
酸欠

==========

今日のステージは一言で言うと「コンセントレーション」。
ステージ高さや演出っていう環境も関係してると思うけど、3人の間にある空気、ステージとフロアの間にある空気がスーッと集中していく。緊張っていうのとも違う、透明な感じ。
一日目が「熱」で二日目が「力」で、三日目は「集中」。3日間、それぞれステージから受ける印象が変わっていきました。2日目、ヤスダ君に「(毎日で)飽きない?」って訊かれたんだけど。これだから、ライブで飽きるということがある訳ないんですよ。ライブが何よりも勝るし、1本でも多く…観たくなるんです。5月に札幌行ってからの2ヵ月半の、いやもう本当にどれだけ!長かった!ことか。

・笹舟
イントロ。白い壁にふわーっと青い照明が浮かび上がって、空気のように乗って始まるヤスダ君の歌。思わずうっとりしてしまった。

・ライムライト
久々に「はいー!」でした(笑)このイントロは何回聞いても血が燃えるです。今回初レゾンの友人も「ライムライト、ライブが断然良いね!」と言ってました。

・それを妥協と呼ぶ
真っ赤な照明からのスタート。私の中でのイメージは青系だったからちょっと意外。
今日のライブはこの曲と、「黙」の響きっぷり(心に届きっぷり)が今までで一番って感じた。スローテンポな曲の研ぎ澄まされた感じに、吸い込まれそうになる。
「汚れのない憧れなど…」好きなんだよなあ、ここ。

・タスクマスター
もともと3番が好きなんだけど、ライブで聴くと3番でギターが加速するトコ、あそこがものすごく好きなのです。

・酸欠
やー、凄かった。びっくりしてしまった。福ちゃんのテンション高いなーっと思ってたら3人とも凄かった。後奏で福ちゃんがあおりに来たー!ヤスダ君がノッたー!ヒザ折ったー!反ったー!そのまま後ろに倒れこむ一瞬でマイクスタンドからピックをもぎ取って後ろへバタン!その一連の動きは偶然だったと後で知って「何と器用な…」と思ってしまった。激アツパフォーマンスでした。

酸欠の後、ヤスダ君の開口一番「めちゃくちゃですいません」
一緒に来て貰ってた友人はそれを聞いて「こんな礼儀正しい3ピースもあるんだなぁ」と思ったそうです。後で聞いてウケた。

ここで少し長めのMC。
安「3日間ツアーやって、もうこれで最後でね…」
福「あ、ライブの告知とか…」
安「そういう事務的なこと喋るのね(笑)」
レゾン企画とユメチカライブ出演の告知。
安「て言ってもね、来ないよね」
(…行けるもんなら行きたいんだよっ!8/13なんて一年で一番北海道旅行が高い週末なんだよっっ!!お盆だからマイレージの航空券も使えないんだよーーーッ!!!(涙)と心の中で絶叫してみた…)
そして、また年内に東京に来たいです、という安田君の言葉に拍手が起こる。

・黙
3日間ありがとう、というMCのあと、「最後の曲です」と『黙』へ。
これでまたしばらくレゾンのライブが観られなくなっちゃうんだなぁ、という寂しさも手伝ったのか…3日間で、一番響いて…胸いっぱいになっちゃいましたね。
歌い終わり、安田君が右手をそっと握り締めるようにしてから最後の一音。

あ~、終わっちゃった~、ってふーっと脱力しました。
なんかね、ほんとに力が抜けてしまった(笑)
正直言って、こんなに入れ込んじゃってるとは思わなかった…自分。


2バンド目を見てる途中で、冷やしちゃったのかお腹痛くなってきて、2バンド目終わったところで上のカフェフロアに避難。今日は一人じゃなかったので、いろいろ友達と喋ったりしてた。結局うちらヴォーカルフェチだよねみたいな(笑)マニアと言ってもいい。

結局、下が寒すぎたので以降はライブフロアには戻らずカフェの席で友達と終演まで話してました。
お酒を飲み終わってからアンケートを渡しに下に行ったら、もうほとんど撤収済み(^^;)
福ちゃんにアンケートを渡して、ちょっとお話し。
「ここ、初めて東京で来たのがここだったんだよね。その時は本当友達がチラホラ…みたいな感じで。で、今回は東京でここが最後でたくさんお客さんがきてくれて…」
うん、いい話だっ。
福ちゃん、ヤスダ君やカンノ君とはまた違うベクトルの「いい人」なんだよね。
それからヤスダ君とカンノ君に一言ありがとうを言って、こちらも撤収。

とにかく帰りはアルコールまわったせいもあってえらいふぬけに。
幸せなのに、強い空虚感。胸にぽっかり穴が開いたみたいな。淋しくてね。
やっぱ次に見に行く予定がないってのが一番の原因だろうなあ。
そして、何か彼らがアクションを起こすごとに、その日程がはずせない何かと必ずぶつかる、ってのが・・・
たとえば、8月の企画ライブだって、お盆だってこともあるけど何よりも「つぼ」千秋楽だし。9月のユメチカライブは獏のゆりかごの千秋楽だし。
思えば5月の札幌も、チーム生きてるの名古屋遠征を一人キャンセルさせてもらって行ったんだった。
次に何かあったとしても、またはずせない何かとぶつかって、悩まなきゃいけないんじゃないかと思ってしまうんだ。
辛い。

でもねえ、「それを妥協と呼ぶ」を聴いてた時に。思ったよ。
また年内に、札幌でレゾン観ようって思ったよ。強い強い衝動だった。
勿論東京ライブやレコ発や…のかねあい見て考えるけど。

レゾンって、バランスのバンドなんだよなあ。菅野君の言葉じゃないけど、安田君の作り上げる世界を、3人で支えあってる感じ。お互いに生かしあおうとする感じ。だから聞いていて不安が無い。そして3人とも真面目で研究熱心で…結成から2年以上経って、未だにこのスピードで進化し続けていることに驚く。連れて行った友達も「音源より断然良いじゃん!」って驚いてた。
ああ、欲を言うならそろそろガラッと違うセットリストが聞きたいかも。
メガネナイトの時のセットリストは相当レアだったのかもなーっと思ったわ。

脳内、ぐるぐるー。
もっと、心を揺らす音楽を語る、研ぎ澄まされた言葉がほしいね。やっぱ頭悪いなあ、私は。とほほ。

« ガンカタとサプリと次郎長。 | トップページ | 冷凍モイスチャー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/11173758

この記事へのトラックバック一覧です: そのおとのなるほうへ:

« ガンカタとサプリと次郎長。 | トップページ | 冷凍モイスチャー »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ