« 笑える、笑えない話。 | トップページ | きゅうにいく(929)日 »

渦2 ~「夢チカLIVE Vol.22」メモ

レゾンブログ宣言しといて、かなり仕事が忙しくなっちゃって更新できず…とほほ。
時間が欲しいです。

そういえば、先週の金曜日(9/22OA)のゴルゴルゴで「セフィロト」が流れたそうでー♪
うーうー。うれしいなあ。
聴いて聴いてー。みんな聞いてーー!!!

夢チカLIVE Vol.22 O.A日
--------------------------------------
放送日:10月13日(金)深夜3:10~4:35
再放送:10月16日(月)深夜2:50~4:15
--------------------------------------

道内の友人に頼みます(゚∀゚)=3 あの熱気を、興奮をもう一度ー!

=====

旅行の記録は写真もあるし何時でも書けるけど、こっちはそういうわけにもいかない。消えゆく記憶との徒競走。というわけで、ライブメモだけ先に書きますよ!

■2006/09/23 夢チカLIVE Vol.22
@KRAPS HALL
月光グリーン→Bivattchee→raison d'etre(出演順)

ちなみにこの日のライブではレゾンが動員1位だったそうです。おめでとう(*^-^*)

▼本編は「続きを読む」からスタート!

昨年、黒田君のツアーを見に初めて訪れてからちょうど1年ぶりのクラップス。
その日の朝10時には札幌駅にいたのに、なぜか開場時間ぎりぎり(というか5分くらい開場時間過ぎてた。笑)で入り口へ滑り込む。
ちなみに理由は「18時スタートなのに18時開場だと思い込んでホテルでシャワー浴びてた」
…最近この手のライブ遅刻が多いです。


最初にスクリーンでセフィロトと美穂ちゃんの新譜のCMが流れ、次回の夢チカLIVEの予告が流れてから、スタート。

月光さんはおなじみの曲もありつつ。初めて見たけどやっぱりバンドはライブのほうがいいね!
もっとガンガン暴れるヒト多いのかと思ってたらそうでもなかった。
あ、オープニングSEは「あの曲」でした。♪よーるがーあけーるまでー!

全然前知識ナシに見たのがビバッチェ(広島)。で、いきなり1曲目からVo.さんダイブ。超ビックリした。(笑)
でもライブの作り方うまくて、うっかりノセられて2~3曲目くらいからノリノリになってしまいました。「どこ中?」とかTシャツ投げとか、うまかったなぁ。…というかね、こうなるんだったら私の服装は全然違ったよ!Tシャツにジーンズにスニーカーだろ!荷物だって全部置いてくるさ!(<レゾン仕様でスカートとかはいてきちゃってた。ばっこり後悔した。)
あと、あの状況でも最前列を譲らないレゾンファンのみなさんがおかしくてしょうがなかったです。批判とかじゃなくて。さすがだなぁって。(笑)だってすぐ後ろでがつんがつん男子とか暴れてるんだよ!
私は服装とか荷物のモンダイがあったので邪魔にならんように脇で暴れてました。めっちゃ楽しかったけど、うっかり汗だくに。

あわてて汗拭いて化粧直している間にレゾンさんセッティング。
ヤスダ氏が現れた時の「影」の背負いっぷりに思わずウケてしまう。
(直前までのライブとのギャップが…。笑)
ギターはいつもの赤いのがお休み中で、水色のと黒のと2本。
そして白系シャツに喜ぶ私。やっぱメガネロックには白い長袖シャツですよ!うひひ。

<SET LIST>
==========
タスクマスター
セフィロト
ライムライト
それを妥協と呼ぶ

酸欠

[EN] モノローグ
==========

結果的に。熱くて。熱くて。約45分間、あっという間に過ぎていった。
「黙」の前に「次で最後の曲」と言われた時、本当に信じられなくて心から「えぇーーーっ!うそー!!」でした。
巻き起こる渦みたいな流れに飲み込まれて。フロアのテンションとステージのテンションがお互いに投げあいながらどんどんあがって行くのがわかって。拳振り上げたり、ジャンプしたり、暴れたり…みたいな事はしないんだけど、すっっっごい、気持ちいいんだよなぁー。体を揺らしているだけで、目の前のステージと、曲と、自分がぐちゃぐちゃに混ざっていくような上昇気流みたいな多幸感がおとずれるわけです。なんだろう。なんていうんだろう。こういうの。

言ってること、わかってもらえるかしら。
ネガティブロックって言ってるのになんでこんなみんな幸せそうな顔になってんだ?(笑)ってね。


1曲目、始まったところで「ユメチカー!」ってヤスダ君のシャウト。タスクマスターから間を空けずに、セフィロトへのつなぎ。この長い前奏がもう、身もだえするほど格好良くてねぇー!最初セフィロトへの流れだって気付かなくて、あのイントロへなだれ込んだ瞬間に「うわああ!」って鳥肌立ちました。初めて生で聴く「セフィロト」は、9/3にCOLONYのライブ中継で見たときとは段違いにこなれてたと思う。ノレる曲ですよ!実はCD聴いてた時に1箇所私にすごくひっかかる歌詞があって、泣いてしまうかな~なんて思ってたんだけど、実際はこの曲を生で聴けた幸せをひたすらかみしめてました。笑

セフィロトの終わりからさらにライムライトの前奏、いつもの福ちゃんのベースへ。美しいなあこの流れ(笑)どんどんテンションあがってくる。したら、ベースにあわせて「手拍子」が起きたんだよね。私が見た中ではこんなの初めてで。その手拍子に気付いた瞬間のステージの上の3人の笑顔ったらなかったですね。アレは見た人全員幸せになりましたね。

ライムライトって見るたびに化けてくというか、シングル曲ってやっぱり持ってる力違うな~っていうか…。イントロ入るときのヤスダ君のおなじみの叫び声とか、1番終わった後のカンノ君のカウントとか、福ちゃんが前に出てくるところとか、ひとつひとつが積み重なってどんどん気持ちを上げていくのね。確かこの曲だったと思うのですが(記憶不鮮明)間奏でヤスダ君がふと上向いてオフマイクで「気持ちいぃなー!」って言ったんだよね。俺読唇術ですが。(笑)

3曲終わって、あんまりココロ震えちゃったんで、感想とか言ってて。
フロアも全体的にザワザワしてたら
安「皆様…お話盛り上がってるようですが…次の曲行きます」(笑)
言い回しとタイミングが絶妙。爆笑でした。
今回MCかなり少なかったんですが、ツボはしっかり押さえてたと思います(笑)

一転してクールダウンの「それを妥協と呼ぶ」でじんわりネガティブ感に浸ってから、最後の一音で走り出す「朔」へ。このつなぎも大好きなんだ(><)…そういえばヤスダ君とカンノ君のメガネはいつなくなったのか覚えてない。この辺りではもうなくなっていたと思う。そしてヤスダ君の「え~ 今日ですね~…」とMCに見せかけて「♪のーのたいかーによって~!」って「酸欠」突入してるーー!!Σ(゚д゚) サプライズ酸欠。サンライズ瀬戸。(関係ないし。字面似てるだけだし。ネタが鉄でマニアックだし。)

今までの5曲が全部CDになっている曲(毎日聴いてる)なので、酸欠がなんとなく久しぶりと言う気がした。やっぱ「さんそぉー!」はキますなぁ。ちなみに後半の記述が少ないのは脳味噌沸騰気味であんまり記憶がないからです。笑 そしてラストで福ちゃんが前っつらに出てきたかと思ったら…フロアへ向かって投げましたね!銀テープを。(爆笑)ぶわぁーって、何十本も細いのが入ってるタイプの。そっか、特効って人力でうてるんだな!(笑)あたしゃ初めて見たよこんなの。客大盛り上がり。ヤスダ君カンノ君爆笑。

安「おいっ!! …俺らにぐらい言えよ!!(笑)」

どうやら完全な福ちゃんのサプライズネタだったらしい。本当にサプライズ酸欠でした。
安「曲と合わない!」(笑)

安「全然喋ってないんですが…次がラストです」
ホントこれはびっくりしましたね。時計を見たら8時半。次で7曲目。信じられなかった。
安「クールダウンして終わりましょうか」
そして最後、「黙」。
この曲に関しては、もう語ることはないと思うので…省略。
曲調は確かにクールダウンなんだけど、心にゆっくりと拡がっていく感覚は、沈静とは違う。
最後の一音の「ため」そこに空く…しじま、が、なんとも言えず好きなんです。


アンコール。実は札幌へ来てレゾンのアンコールするのが東京ツアー以来ひそかな夢でした(笑)
嬉しくて手ぇ叩きまくっちゃったもんね~。

「もう1曲だけやらせてください!」で「モノローグ」。
ラストで、福ちゃんがこんどはさっきとは逆側の前へ出てきて、もう1発人力特効を投げる。(笑)とってもいい角度でした~。キレイだった。
最後の「ありがとう!」のヤスダ君の笑顔といったら、もう。
45分前にセッティングで影しょってた人と同一人物とは思えないほどでしたよ。
あー、きょうはいいライブだったんだ、って。
正直、溶けた(笑)

======

ライブ後もらったユメチカレコードの袋は結構可愛かった。
そしてアンケートにものすごく困る項目が増えていた。「セフィロト収録の5曲で好きな順番をつけてください」って…き、決めれるかーーーーーっ!!周りも結構悲鳴あげてました。笑 とりあえず「今現在」ってことで書きましたけどね。マイブームの曲ってそのときそのときで変わるんですよね。

アンケ渡して、ちょっとメンバーさんとお話しして、そして幸せ満杯で今日の酒へと向かったのでした。

<了>

« 笑える、笑えない話。 | トップページ | きゅうにいく(929)日 »

コメント

momeさんありがとうございます!!お忙しいのに詳細なレポをあげてくださって。噛み締めながら何度も読みました。
読んでいて、こちらまで楽しさが伝わってきましたよ~(≧▽≦)
私も早くこの耳で体でレゾンの世界を感じてみたいです!生セフィロト聴きたいですね~♪お客さんとメンバーのみなさんが楽しそうで、私も嬉しかったです♪
ありがとうございました!!!

>ういさん
ひぃ!何度もですか!(汗)あああ、ありがとうございますっ。
こここ、こんなんで楽しんでいただけたでしょうか…。
ほんと、早く、ういさんにもあの空間をナマで味わって欲しいです。
次の東京ツアーには、ぜひ、ぜひ!!(><)

その前に、10/8にはコロニーでのライブがネットで生中継されますから、それもぜひ!(笑)
右→のレゾンコーナーにリンクがある「LIVE cheers!」っていうサイトで観れます。無料の会員登録が必要なので、今のうちに登録しておくと良いですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/12073268

この記事へのトラックバック一覧です: 渦2 ~「夢チカLIVE Vol.22」メモ:

« 笑える、笑えない話。 | トップページ | きゅうにいく(929)日 »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ