« きなこ衝動 | トップページ | white dimention »

大泉洋の子猫ちゃん度チェック2006

実はかなり楽しみにしているミヅチさん@「続・心ノ琴線ニ触レルモノドモ」の
「大泉洋の子猫ちゃん度チェック」
今年も開催してくださいました。ということで勇んで参加。
たぶん昨年以上にとんでもない結果になるのは目に見えているんですが(汗)
そこをあえてチャレンジするのが漢の心意気ってやつです。

というか、ミヅチさんの作るチェックは結構心に優しいと言いますか、
大泉さんが本命じゃない人にも答えやすいつくりになっているので
好きなんです。
うふふ。

では、レッツスタート。
BGMはベートーベン作曲の「皇帝」第1楽章。
(でもやっぱりこれが流れても脳裏に思い描くのはあの新体操姿…)

なお、昨年の【大泉洋の子猫ちゃん度チェック2005】はこちらです。結果は○7つ。

======

【大泉洋の子猫ちゃん度チェック2006】

○か×かでお答えください。△も可。

(1)BSフジで放送された「おおいずみんみん蝉」。本上まなみと擬似同棲する洋ちゃんにかなりドキドキし、ちょっぴり嫉妬した。
×。話だけ聞いたんだけど、実際見たら笑うだろうなー…

(2)フジテレビの番宣ボーリング番組で、毎回ストライクを出す洋ちゃんにはしびれる。
○。これはいつもしびれる。素敵!
テレビの人にはもっとこういうとこ拾って欲しいと思う。

(3)お正月に放送された「おかしなふたり」。直文と別れる直前の土手での長ゼリフにはもう、涙が止まらなかった。
もともとドラマを見て泣かない。×。

(4)「おすピーロンブー」の番組で、洋ちゃんの手を撫でさすったおすぎはオカマとはいえ許せない。
×。気がついたら終わってた。

(5)モジャモジャな洋ちゃんはもちろん大好きだけど、沼津先生のときの“あの”髪型もかなり好き。
×。あの髪型でどんだけテンションダウンした事か~。
あの頃も洋さんがすごく疲れた顔してて痛々しくて見てられなかった。
大泉ファンの母はかなりおかんむりだった。

(6)1年ぶりに出演した連ドラ「小早川伸木の恋」。もちろん毎週欠かさず見て、ちゃんと保存しましたとも。
×。「救命」以上に見なかったな・・・。
とにかく私の好きなジャンルの番組に出てくれません。大泉さん。
でもなぜか最終回の大泉さんのシーンだけ保存してある。

(7)そして沼津に迫るちっちゃい看護士にちょっと嫉妬。
×。というわけで最終回の結婚式を見たわけですが
大泉さんが普通の俳優さんに見えて何とも言えませんでした。
そして母はずーっと文句言ってました。

(8)もばきゅー。洋ちゃんが写ってる写真は即保存!
×。なぜならもばきゅー非加入だから。
これに関しては一言言いたい事がありそのうち記事にします。

(9)シムソンズ、釣りバカ、シュガー&スパイス、全部映画館で見たわ!
×。あまり大きな声では言えませんが全部見てません。
というか雨町もウドンも見てません。たぶんエンマノートも見ません。ほんとすいません。フラガールも見てないので勘弁してください。余程気合のある時でないとあんまり映画見ないんです。

(10)声優として大役に抜擢されたブレイブストーリー。キ・キーマは最高だったと思う。
映画は見てないんだけど、番宣で見た声は良かった。ということで△。

(11)しかし、松たかことの初スキャンダルにはちょっと驚いて、もしかしたら・・・と心配になった。
ベクトルがちょっと違うけど、驚いたには驚いたので△。
その時はね、アミューズってすごいなって思ったの。笑
あ、T内Y子リコンするみたいですよ、洋さんチャンスですよー(違う)

(12)短編映画「星をかった日」が見たくて、ついジブリ美術館まで足を運んでしまった。メーキンソー大好きっ!
×。ジブリ美術館って結局1回も行った事ないな。

(13)ananの連載「男のミカタ」。買いはしないけど、立ち読みは欠かしたことがない。
×。ココ1年で一番変わった事が「(ナックスや洋さんの出ている)雑誌を全くチェックしなくなったこと」ですね。

(14)TEAMNACSのJUNONの連載。洋ちゃんが載った回は恥ずかしいのをこらえて買っている。
×。そんなわけで、ジュノンも一番最初の5人が揃って出た時の以外は読んでません。

(15)今年のジャンボリー。山田家で泣き、「ハナ」で泣き、プロデューサー大泉洋にはヤラれたなぁ。
×。宮崎で叫び、安田先輩にときめき、ゴトウリキオにはヤラれたなぁ。
大泉さんはなんかもうね、これも痛々しくて見てられなかった。
大泉ファンの母でさえも「アレは厳しい」と言ってた位で。

(16)どうでしょう2005年新作激闘西表島。酔っ払って腹出して寝てる姿がたまらなく好きだ。
○。いや、◎。いや、五百十まるくらいつけてもいいわ。
ま、その後立ち上がった洋さんの足を必死で支える安ケンには五千百十まるくらいつけたいんですけど…たまんねぇーなーあれ!ムハー!(゚∀゚)=3

(17)どうでしょうDVD「ヨーロッパ21カ国完全制覇」。副音声では思わずケチな一面を見せちゃってたけど、そんな堅実な洋ちゃんも好き。
好き嫌いと言うか、あの一幕にはかなり笑ったので△。

(18)4月3日にはちゃんと洋ちゃんの誕生日をお祝いした。
○。祝ったよ。

(19)東京タワーの放送がとても待ち遠しい。
△。正直言ってドラマには興味はなく、でも曲がりなりにもファンとして待ち遠しくないとは言えないので。(笑)

(20)というか、洋ちゃんと呼んでいる。(3年連続3回目)
△。相変わらず、そう呼ぶ時もあるんだよな~。

===

■結果 ○=1点 △=0.5点 で計算すると?
○3コ+△5コ=5.5ポイント。昨年度比1.5ポイント減。
おぉう、思ったより減ってないですね?(笑)
やはりどうでしょうの大泉さんが安定して点を取るのがポイントなのだと思います。


最後になりましたが、ミヅチさん、まいど愉快な企画の提供をありがとうございましたっ。
blog開設2周年おめでとうございます!

« きなこ衝動 | トップページ | white dimention »

コメント

momeちゃん、今年も遊んでくれてありがとう!

国民なmomeちゃんならではの回答にかなり笑わせていただきました。
強引に安田さんに繋げるあたりが最高。
さすがだわ~。(笑)

>ミヅチさん♪
いあいあこちらこそ楽しかったです。ありがとうございました!
というかやる気満々で挑んでおいて、この結果。
なんか申し訳ないような…。
(でも大泉さん好きなんですよ。ってわかってますよね(笑))

最近国民である自分すら怪しいような気がして戦々恐々なので、
「国民ならでは」の発想がするっと出てくることを確認できて
かなりほっとしました…
そういう意味でもありがとうございます!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3152/12580159

この記事へのトラックバック一覧です: 大泉洋の子猫ちゃん度チェック2006:

« きなこ衝動 | トップページ | white dimention »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ