« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の9件の記事

4ピース/東京ツアー(情報更新)

滝のように新しいことが押し寄せてきて、ワクワクしておりますよ!

先週末、土曜日のLive Cheersのレゾンライブのネット中継。
セッティングのときから「ん?今日何か違う?」と思ってたら、
その「違い」、スタート直前に気づきました。(笑)←気づくの遅いよ!

一人 多い Σ(゚д゚)

だから、ヤスダ氏がいつもの右サイドではなくて真ん中にいたんですね。
それが違和感の原因でした。
うわー!レゾン4人になったー!!
うわー!と思っているうちに1曲目から新曲で。
うわー!と思っているうちに4人で演奏される「セフィロト」の新鮮さに思わずPCの前で立ち上がり。
うわー!と思っているうちに3曲目も新曲で。

新曲の歌詞は金曜にサイトで見て、既に十分やられていたのですが、
3曲目の歌詞がどうにも胸に突き刺さり、メロディに乗って届いたらもうダメでした。
くっそ。。。
歌を聴いて涙が出てしまうのは本当はあんまり好きではないのです…。
目と同じに耳が曇るから。


初めて聴く4人のアンサンブルは、こちらの耳も慣れていないせいかまだまだ生まれたてと言う感じがした。
これから時間や回数を重ねて、どんな新しい音になっていくんだろう。
単純に、3人では聴けなかった音が聞けるということです。
ほんと、これからが楽しみです。
最近立て続けに新曲が生まれてるのは、そんな状況もあったからなのかな…なんて思ったり。


余談ですが、私は「真ん中に立って歌う人」に弱いです。
今まで10年間そうだったから(笑)
だからレゾンのファンになった時、「真ん中に立って歌う人」がいないことがとても不思議な感覚でした。
多寡が立ち位置、かも知れないけれど、やっぱり明らかに違う。
真ん中に立って、ギターを弾き弾き歌うヤスダ氏、
すみません、もう、はんぱねぇーーーーーーーー!!!
ってくらいカッコ良かったです。
や、ほんと多寡が立ち位置変わっただけだし前がカッコ良くなかった訳でもないのですが(笑)

===

メモ。レゾン東京ツアー、ライブハウスのスケジュールからのコピペです。
15日渋谷がオープニングアクトっつーことで…仕事…時間きついなあ(涙)…
たのむ!この3日間さえ無事に行かせてくれたら、いくらでも文句言わないで働くよ!私!

■12月14日(木) 下北沢MOSAiC
『someday somewhere』
10min/キツネ/Spica/raison d'etre/キスミン/横川 圭希
Open/18:00 Start/18:30 前売/1800 当日/2200

■12月15日(金) 渋谷DESEO
『Take free Market Presents「space of Take free Special」~day break レコ発3マン~』
Take free Market/unista/ココロト O.A/raison d'etre
Open/17:30 Start/18:00 前売/2000 当日/2300

■12月16日(土) 西荻窪WAVER
『 I feel HOPE! 』
raison d'etre/ONEPERCENTRES/ykj/+α
Open/18:45 Start/19:15 前売/1400 当日/1700 1ドリンク制(500)

「合い鍵」&「ハケンの品格」

ぎゃ~

朝から久々に国民モード炸裂中です。

顕さんご出演の映画「Presents~合い鍵」にキャスト紹介のお写真。

カビてますが、またそれがうさんくさくて(ほめてます)ときめきます。
洋さんのカビはイヤなんですが…顕さんは…時と場合によっては大ヒットしますね…。

“デート映画”なんですね。ヒロスエ主演。シネクイントでレイトショー。
うーん、今までの顕さんにはない「おしゃれ感」が漂います。
大丈夫かしら。うちの安田で大丈夫かしら。
こんな美容師で大丈夫かしら。
朝から「どんな美容師か」妄想しては心拍数を上げております。
ハサミを握らせたら、気がついたら肉片が周囲に飛び散ってそうです。
しかも時々「あぁ~」とか呟きが聞こえたりしそう。
でも最終的に「…お似合いですよ?」(超スイートボイス)(しかも耳元)ですべて許せそう。(許すのか)

そして

日テレ1月期連ドラ「ハケンの品格(仮)」にレギュラー出演とな…

洋さんと一緒にご出演決定だそうですね。
おいおい、ナックスの公演は大丈夫なんですか?(汗)ちょっとちょっと…。CUEさ~ん。

でも、今度は連ドラであろうがガッチリ見させていただきますよ。がんばりますよ。
とりあえず私の苦手なジャンル(こってり恋愛、不倫、医療もの)ではなさそうなので。
共演の皆さんもちょっと面白そうですね。
洋さんにはぜひ松方弘樹さんのモノマネを会得していただきたいですね。
どんな役どころなんでしょうね。
会社ものってことは、もしかしてスーツ?ねえ、スーツ?(笑)

(このやる気の違いが国民である事を実感する瞬間…。)

こんな時、

あんた大泉洋が大好きなんじゃん!と思い知らされて愕然とします(笑)

272719584_163
(クリックで拡大します)

手が込みすぎ。
土曜の日曜でこれが完成してるし。
もちろん全部編集&CM抜き済みだし。
てかラベルの写真わざわざ東京タワーの写真拾ってきて合成してるし。

好きじゃなきゃ、こんなことできませんね。
もちろん自分用ですよ。

===

先週末の金曜日の、レゾン安田君の弾き語りカバーライブ。
ネットの中継で見て、もーね、うっとり・・・でした。
レゾンにはまったきっかけが、彼の「声」だった私。
その原点を再確認しましたよ。
アコギ1本で。淡々と。
全然知らない曲でも、包まれて、染み込んでくる感覚が、たまらなかった。
終わったあと、全曲調べちゃいました。まった選曲がいいんだよこれが!!
(スリーピーの「メロディ」はもちろん解ったけど)

今週の土曜日も、またライブのネット中継があります♪
今度はレゾンですね。はたして、公式で書かれていた「今月中に新曲2曲、お披露目できるといいなあ」は果たされるのか!?
ああ、楽しみ・・・2週連続なんて、嬉しいなあ。

東京ライブまであと24日です。

あと2日だね。

「4種のチーズのコパン」がなかなかウマイです。
ものすごいチーズ感。

一番搾りの「とれたてホップ」もおいしい。
毎年実は楽しみにしている。
イラついた状態で飲む酒というのは
概ねおいしくない事が多いですが
こないだ夜に超イライラしながら飲んだ
とれたてホップ、やっぱりおいしかったよ。
缶ビールとは思えないほどいい匂い。

大泉さんのタワー番宣週間、意外ときちんと録ってます。
今、全く時間がないので、どれも全然見てませんけど…
大麦畑や、巧妙が辻の時のようなヘマをしないよう
ちゃんと週末の録画予約も入れました。

昨日の夜は津波情報が心配で
(実家がもろ避難勧告地域ですので…)
テレビをつけながら、居間のタタミの上で寝転がり
寒かったので布団をすっぽりかぶり
気がつけばそのまま爆睡。
夜中にはたと目が覚めた時のビジュアルは
かなり火サス(被害者)でした。
(ピラッとめくってみて「死んでるーッ!」みたいな感じの。)

さてさて、どうでしょうさんの「西表」DVD発売日も決まり。
今日はカレンダーの詳細がアップされましたね。
例年通り卓上を2つ(家用・職場用)、そしてうっかり「日めくり」も注文したわたくし。
狭い家なのに家中そんなカレンダーだらけにしてどうすんだ。
でもあの日めくり、きっと楽しいだろうなあ。うひひー。
どうでしょうはね、やっぱいいよ。癒される。面白いもん。


最近のマイブームはHTBさんの「おはよう天気」のギャラリーです。
なまっぽい北海道。しかし寒そうですのう・・・。

white dimention

061110_1541001

半食べ画像で申し訳ない。
今日のオヤツは白いプリン。
あ、「白いプリン」とは書いてなかったけど、
am/pmの北海道ミルクプリンです。210円。
ゼラチンで固めてあるタイプでした。
濃厚ミルク味で美味しかったです。上に乗っているのはホワイトチョコ。


私はポータルサイトに、地元神奈川の天気予報と一緒に、「道央石狩」の天気予報も表示させています。
まぁ、札幌行く時でもなければただ見てニヤニヤするだけなんだけど(笑)
で、今朝、そこの週間予報に初めて彼が登場しました。

06111001snowman
彼。

おお。

昨日の夜は東京もやっと寒さを感じる気温になって、あー秋だな~と思っていたのですが
そろそろ向こうは初雪になるのですね。
顕さんもダイアリーで冬タイヤの話書いてましたモンね。
私なんかから見れば「おぉ~」だけど、
地元の人からしたら「あああ・・・」なのかしらね。やっぱね。


今冬は冬の北海道に行けるのだろうか…。
頑張って働こう。うん。

レゾンさん東京ライブ、12月決定!
でじつは昨日から超ハイうかれモードです。
これでまた生きていく目標ができたよ!(大げさな)(目がマジ)
14から、って書いてあるんだけど、14って木曜日なのね。
木・金・土でいいのかしら。
あと34日。
あっという間、あっという間でしょう。
あぁぁぁぁ、嬉しい。なんて楽しみなんだーーー!!!!
あの世界をまたこっちで体感する事ができるんだなぁ。
いっぱい友達誘って行けたらいいな。

大泉洋の子猫ちゃん度チェック2006

実はかなり楽しみにしているミヅチさん@「続・心ノ琴線ニ触レルモノドモ」の
「大泉洋の子猫ちゃん度チェック」
今年も開催してくださいました。ということで勇んで参加。
たぶん昨年以上にとんでもない結果になるのは目に見えているんですが(汗)
そこをあえてチャレンジするのが漢の心意気ってやつです。

というか、ミヅチさんの作るチェックは結構心に優しいと言いますか、
大泉さんが本命じゃない人にも答えやすいつくりになっているので
好きなんです。
うふふ。

では、レッツスタート。
BGMはベートーベン作曲の「皇帝」第1楽章。
(でもやっぱりこれが流れても脳裏に思い描くのはあの新体操姿…)

なお、昨年の【大泉洋の子猫ちゃん度チェック2005】はこちらです。結果は○7つ。

======

【大泉洋の子猫ちゃん度チェック2006】

○か×かでお答えください。△も可。

(1)BSフジで放送された「おおいずみんみん蝉」。本上まなみと擬似同棲する洋ちゃんにかなりドキドキし、ちょっぴり嫉妬した。
×。話だけ聞いたんだけど、実際見たら笑うだろうなー…

(2)フジテレビの番宣ボーリング番組で、毎回ストライクを出す洋ちゃんにはしびれる。
○。これはいつもしびれる。素敵!
テレビの人にはもっとこういうとこ拾って欲しいと思う。

(3)お正月に放送された「おかしなふたり」。直文と別れる直前の土手での長ゼリフにはもう、涙が止まらなかった。
もともとドラマを見て泣かない。×。

(4)「おすピーロンブー」の番組で、洋ちゃんの手を撫でさすったおすぎはオカマとはいえ許せない。
×。気がついたら終わってた。

(5)モジャモジャな洋ちゃんはもちろん大好きだけど、沼津先生のときの“あの”髪型もかなり好き。
×。あの髪型でどんだけテンションダウンした事か~。
あの頃も洋さんがすごく疲れた顔してて痛々しくて見てられなかった。
大泉ファンの母はかなりおかんむりだった。

(6)1年ぶりに出演した連ドラ「小早川伸木の恋」。もちろん毎週欠かさず見て、ちゃんと保存しましたとも。
×。「救命」以上に見なかったな・・・。
とにかく私の好きなジャンルの番組に出てくれません。大泉さん。
でもなぜか最終回の大泉さんのシーンだけ保存してある。

(7)そして沼津に迫るちっちゃい看護士にちょっと嫉妬。
×。というわけで最終回の結婚式を見たわけですが
大泉さんが普通の俳優さんに見えて何とも言えませんでした。
そして母はずーっと文句言ってました。

(8)もばきゅー。洋ちゃんが写ってる写真は即保存!
×。なぜならもばきゅー非加入だから。
これに関しては一言言いたい事がありそのうち記事にします。

(9)シムソンズ、釣りバカ、シュガー&スパイス、全部映画館で見たわ!
×。あまり大きな声では言えませんが全部見てません。
というか雨町もウドンも見てません。たぶんエンマノートも見ません。ほんとすいません。フラガールも見てないので勘弁してください。余程気合のある時でないとあんまり映画見ないんです。

(10)声優として大役に抜擢されたブレイブストーリー。キ・キーマは最高だったと思う。
映画は見てないんだけど、番宣で見た声は良かった。ということで△。

(11)しかし、松たかことの初スキャンダルにはちょっと驚いて、もしかしたら・・・と心配になった。
ベクトルがちょっと違うけど、驚いたには驚いたので△。
その時はね、アミューズってすごいなって思ったの。笑
あ、T内Y子リコンするみたいですよ、洋さんチャンスですよー(違う)

(12)短編映画「星をかった日」が見たくて、ついジブリ美術館まで足を運んでしまった。メーキンソー大好きっ!
×。ジブリ美術館って結局1回も行った事ないな。

(13)ananの連載「男のミカタ」。買いはしないけど、立ち読みは欠かしたことがない。
×。ココ1年で一番変わった事が「(ナックスや洋さんの出ている)雑誌を全くチェックしなくなったこと」ですね。

(14)TEAMNACSのJUNONの連載。洋ちゃんが載った回は恥ずかしいのをこらえて買っている。
×。そんなわけで、ジュノンも一番最初の5人が揃って出た時の以外は読んでません。

(15)今年のジャンボリー。山田家で泣き、「ハナ」で泣き、プロデューサー大泉洋にはヤラれたなぁ。
×。宮崎で叫び、安田先輩にときめき、ゴトウリキオにはヤラれたなぁ。
大泉さんはなんかもうね、これも痛々しくて見てられなかった。
大泉ファンの母でさえも「アレは厳しい」と言ってた位で。

(16)どうでしょう2005年新作激闘西表島。酔っ払って腹出して寝てる姿がたまらなく好きだ。
○。いや、◎。いや、五百十まるくらいつけてもいいわ。
ま、その後立ち上がった洋さんの足を必死で支える安ケンには五千百十まるくらいつけたいんですけど…たまんねぇーなーあれ!ムハー!(゚∀゚)=3

(17)どうでしょうDVD「ヨーロッパ21カ国完全制覇」。副音声では思わずケチな一面を見せちゃってたけど、そんな堅実な洋ちゃんも好き。
好き嫌いと言うか、あの一幕にはかなり笑ったので△。

(18)4月3日にはちゃんと洋ちゃんの誕生日をお祝いした。
○。祝ったよ。

(19)東京タワーの放送がとても待ち遠しい。
△。正直言ってドラマには興味はなく、でも曲がりなりにもファンとして待ち遠しくないとは言えないので。(笑)

(20)というか、洋ちゃんと呼んでいる。(3年連続3回目)
△。相変わらず、そう呼ぶ時もあるんだよな~。

===

■結果 ○=1点 △=0.5点 で計算すると?
○3コ+△5コ=5.5ポイント。昨年度比1.5ポイント減。
おぉう、思ったより減ってないですね?(笑)
やはりどうでしょうの大泉さんが安定して点を取るのがポイントなのだと思います。


最後になりましたが、ミヅチさん、まいど愉快な企画の提供をありがとうございましたっ。
blog開設2周年おめでとうございます!

きなこ衝動

061106_1030001
「ついカッとなってやった。
 今は(せっかくだからもう5袋買っておけばよかったと)後悔している。」

スーパー限定10円チロル×10個入り袋。×5袋
とりあえず積んでウットリしています。ウットリ
好きだきなこ!好きだ君が!
例え君が準チョコでダイエットの敵だと知った後も
やっぱりあればあるだけ食べ続けてしまう。
他のきなこチョコじゃ代わりにならないんだ。
君だ。君じゃなきゃダメなんだ。

あぁー きーなーこー…。


餅とチョコのバランスや、食べた時の食感が良いのは
やっぱり元祖チロル 10円バージョンだと思いますよ。
20円チロル大きすぎていまいち口の中で持て余しますのん。
そういえば10秒チンして食べると美味しい、なんて情報もありましたっけねぇ。
溶けますねぇ。

離れてた

久々にナックスさんがテレビ出てるのをリアルタイムで見ましたよ

うん、ハナレてたね!
そしてこれ結構面白いね!

藤原君/すばせか/…のOP曲。

今日もデイリーネタから。

クラブ活動の「フジワラFM」が、無事1ヶ月の連載を終了。
日々藤原くんの良さを主張してやまないわたくし、最終回まで濃厚に楽しませていただきました。
というか最終回、あきらかに放送事故だって!!(笑)笑ったわー。
腹の底からこみ上げるクツクツ笑いがいつまでたってもおさまらない。そんな感じ。
いずれにしてもマニアックです。

そして今日のトピックス。

ガソリン等が床に撒かれてしまった時、素早く投げつけ爆発を抑制する手投げ弾。
「この方法で生き延びろ!」みたいなタイトルだけど。

この方法で生きのびろ!―究極サバイバル編この方法で生きのびろ!―究極サバイバル編
ジョシュア ペイビン デビッド ボーゲニクト Joshua Piven

by G-Tools

でも中身はかなりガチだった。
ちなみに最初このタイトルだけ読んだ時、ガソリンをまいた犯人に投げつける手投げ弾(攻撃…)だと勘違いしました。どうですか。どうですか。そんなことしても火は消えません。はい。
そして下のほうにある防災用品のかずかずが微妙に欲しくなる。

===

琢ちゃんとやまだひさしさんの新番組「素晴らしい世界」のHPが本オープンしてました。
アスパラガス…アスパラガス?
(しかしなんというか、ドラバラHPのただけんさんの語調が
 淋しくてなんというか、なんというか…)

えっと、この番組のエンディングテーマは
どうでしょうHPでの猛プッシュでもおなじみ福原美穂ちゃんなのですが、
オープニングテーマ(インスト曲)は当blogでの猛プッシュ(笑)でもおなじみ
raison d'etreのギターボーカル・ヤスダ君の手になるものでございます。あらまっ!
そのうち誰かに頼んで見せてもらおうと思ってます(笑)。


しばらく記事に書くのは我慢してたんだけど、
ホントはまいにちまいにちーまいにちまいにちー
レゾンレゾン言ってる、ホントにバカだ私。
見に行った夢チカライブのテレビ放送版、無事見ることができました。
あれから1ヶ月の時間が経っていたけど、もうねー興奮が蘇るんだ!
テレビに向かって鳥肌立ててるんだ!
映像からでも分かる、3人の充ちた表情を見てると、
あぁ~、いいライブだったなぁ~~
見に行けて良かったなあ~~
もっともっとたくさんの人と分かち合いたいなぁ~~、と思います。
ほんと。

札幌でライブがある日は、特に意味もなくソワソワしてます。
今頃あの音が流れてるのかなって、遠く遠く想いを馳せます。
どんだけ夢中になるんだか、今のところまだ底は見えません。
そんだけのすごいチカラを、持ってる音楽なんだと思います。よ。

つぎのー!!東京ライブはーー!!いつですかーーーっ!!!

セフィロト/raison d'etre(@TOWER.JP)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ