« 2006ジャンボリー遠征(じゃんぼる日編) | トップページ | 2006ジャンボリー遠征(スパとライブ編) »

2006ジャンボリー遠征(パルコと宴会編)

「2006年8月ジャンボリー旅行記録」2日目です。
この日はパルコのCUE展を見に行きました。


8月19日(土) 曇り時々晴れ

■10時頃 ゆるゆる起床
札幌二日目(10:13)

心配していた雨も上がり、なぜか鈴井さんと安田さんの夢で目が覚める。
母は若干二日酔い気味のもよう。
11時半、とりあえず出立。途中バスターミナルの横を通る。
060819004s

まずはパルコへ向かい、CUE展の入場整理券をもらう。約3時間後(15時)の集合ということで、タイミングよく食事をすることに。その前に例の看板の激写大会も。(笑)あの看板の前、本当にいつ行っても撮影をするファンがたえなくて、おもしろかったですね。

この日の1食目は母の希望でサッポロビール園。が、なぜかビール園に行けるバスのバス停の場所を失念。ずいぶんうろうろしました。

■13:00 サッポロビール園
ビール園!(13:46)

なんだかしらんまに改装してきれいになっていた!我々が通されたのは「トロンメルホール」という名前で、旧クラシックホールと言っていた場所と思われ。そして衝撃!

060819019s

この鍋。テーブルに穴が開いてまして。IHなんです。
いやぁ。結構衝撃だった。無煙なのはいいんだけど、やっぱりあのぽっこり盛り上がった鍋がないとなぁ…と思ってしまう観光客の私。傾斜がないのでいまひとつ巧く焼けなかったんですよ。肉の油が野菜に回らない…。

午後のゆったりした空気の中、ホールの中に流れるのは高校野球。そう、準決勝の智弁vs駒苫のラジオ放送が流れておりました。肉を食べている間に、勝ちました。

■15:00 ふたたび札幌パルコ
いざ、CUE展。たっぷり1時間半はかけて見たかしら…。個人的には90年代のものがいろいろ見られたのが興味深かったです。オーパーツとか、ナックスの学生時代とか、鈴井さんがテレビに出だした頃の映像とか、そんなの。昔のイッパチのやつも面白かったねー。売れてからの話はざっと見でした(笑)

あと、CUEのみなさんの履歴書コーナー。宮崎ちゃんのネクストオーディションの映像をガン見する人がココに1名。くぁわいいっつーの!!履歴書、いろいろおもしろかったんだけど、疲れてあまり内容は覚えてません。安田さんのアイテム「だんご」と、社長のふりがな「エスパーいとう」、藤尾の秘密「ウォシュレットでお尻を洗う時はビデボタン」くらいですかね、覚えてるの。(なぜ藤尾!(笑))

出口のメッセージボード?ちゃんと書いてきましたよ。
出る頃には私も母もすっかり疲れて頭痛モード。真剣に見すぎ。そして空気薄かった。
そして疲労のあまりなぜかケンカ。
まぁ我々はいつも旅行中無数のケンカをしているんですけどね、おかしいのは、空気が悪くなっても「面白いテレビ」や「大泉さん・どうでしょうネタ」を出すと一瞬にしてけんかが中止されること…。
まぁされない時もありますけど。

少しお茶でも飲んで落ち着こう、と上の階のカフェ「shelf」へ。

060819025s
マリアージュのマルコポーロがメニューにあった!嬉しい。
匂いの良いお茶を含み、まさに文字通り一息、カフェイン効果も手伝ってかこれで頭痛が抜けました。お茶は偉大だよ!!

■18:30 音楽処で樋口さんインストアライブ

この看板、夜のライトアップのほうがかっこ良かった説。
060819026s

ココの前でせんと師と待ち合わせ、「音楽処」へ向かいました。
昨年の「まつり」以来の樋口さんの生歌です。
少し到着が遅れて1曲目の「おかあさん」な元祖1/6は聴けなかったのですが、周りの方が親切に場所を空けてくださり、ステージ前の床座りスペースでゆっくり聴く事ができました。

全8曲。ほのうた、朝花、良かった!
トークも選曲も、集まった人達が何が聞きたいかをしっかり把握した上で楽しませようとしてくれているのが感じられて、素敵なエンターテイナーだなぁ、と改めて思った。
そして噂には聞いていたデビルマンmeetsホワイトストーンズも聴けました。
終了後、スリーピーの1st album「face the music」を購入。
5月、6月と1枚ずつアルバムを遡って買っていて、これで3枚目、コンプリート。
次回来札に向けてスタンプカードのポイントもしっかりリーチをかけました。(笑)

その後一旦せんと師と別れ、大通公園の盆踊りを覗きに出かけました。

■20:00 大通公園7丁目で北海盆踊り
060819027s

ほっかいぼんうた(20:12)

中学生くらいまで、ほぼ毎夏を北海道の祖父母の家で過ごした私にとっては、北海盆歌&子ども盆踊り歌は魂のアンセムといってもいい~。脳内総立ち、アゲアゲです(笑)。軽く涙したのは内緒。この北海盆踊りはオール生演奏で、歌い手さんが入れ替わり立ちかわり、要するに時間が来るまでノンストップ!どう考えても静かなるレイブでありました。(いや、風呂でフルーチェ作ったりはしません。)

あまりに懐かしく幻想的で、ぼーっとしていたら少し時間を過ぎてしまう。
大通公園7丁目からすすきの交差点への時間配分を間違え、結果私のとった行動は
「21時のポールタウンを猛ダッシュレース」
(アホだw)
心臓飛び出るんじゃないかと思いました。間違いなく「今年一番本気で走った瞬間」でした。

■21:30 宴会

060819030s
船盛る!

超息切れ状態で今回の宴会場所「磯金」さんへ。
ここは3月の札幌旅行でせんとちゃんと行ったトコでした。
いつも楽しく遊んでもらってる「team生きてる」主催の宴会“夜のジャンボリー”は、お友達もいっぱい呼んで総勢13人?14人?子トラ子猫国民子ザク子魚(子顔ちゃんだけいなかったんだよね?)(個人的には某Gさん@仙台の「○ッ○担当」がツボだった)、盛大に取り揃えまして皆好き放題に喋って笑ってあっという間の2時間ちょい。その日の夜公演帰りの人もいて、実にテンションあがりました。やー、個室でよかったね(笑)
何と言っても、皆同じジャンボリーという公演を見ているのに、全く感想が違うベクトルを向いているものがあるのが面白かった。
「あそこの誰がどうしていたのがグッと来た!」
というのが、お目当ての人が違うと全然それ見てないんだもん(笑)。

翌日の朝にパルコでの千秋楽中継に並ぶ予定の人がいたので、宴会もてっぺんを越えることなく無事お開き。早めにホテル戻り。しかしうっかり見始めたテレビがカウントダウンTVのスペシャルで90年代からのヒットソングを延々と流していて、切れなくなってしまった。バカです。

カウントダウンTVをご覧の皆さん(26:27)


最終日へ続きます。

« 2006ジャンボリー遠征(じゃんぼる日編) | トップページ | 2006ジャンボリー遠征(スパとライブ編) »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ