« 平成19、春、しがっつ。 | トップページ | 虹 »

始まりの日

TOKYO MXTVで放送中の「水曜どうでしょうClassic」が、
4月期から毎週水曜の11時に移動になります。(次回放送はあした、4日です!)

・・・・・・tvkで「リターンズ」を見始めてから4年目。
はじめて、「水曜どうでしょう」が本当に「水曜どうでしょう」になりますよ!
tvkの「リタ」は火曜日、のち金曜日(現在も金曜)。
MXの「クラ」は月曜日でした。
時間帯もばっちり午後11時なのが心憎いです。いや、なにげに嬉しいです。わーわー。

実は「MXどうクラ」で先週終わった「試験に出るどうでしょう」のO.A.をもって、私の「水曜どうでしょう」は一周しました。もう、見ていない企画は「香港」および「2006年最新作」を除いて存在しません。うん、ちょっと、さびしい。自分の中でひとつの区切りが付いたのも事実です。でもやっぱり、私が一番好きなのは「水曜どうでしょう」だ。何のファンですか?と聞かれたら、オフィスキューでもチームナックスでも安田顕でもなく「水曜どうでしょう」と答えるのです。いやあ、「西表」のDVD、めちゃくちゃ面白かったじゃないの。「ジャンリベ」はブッチ切りでTV放送版推奨派の私ですが、「西表」はDVDもガッツリ面白かったよ。今までのどの「どうでしょう」とも違う、しかしあきらかにそれは「どうでしょう」そのものの、あの空気はちょっと一種独自の中毒性があるらしく、いまだに我が家では西表DVDがヘビロテされています。こんなのは久しぶりかも。最近のDVDは大体一周見ると食い疲れしてしまって「なんか他のユルうく見ようや」という感じなのですが、西表は食い疲れを感じませんよ。うん。

あと、「まつり」映像は何度見てもいいなあ・・・。
初日のトークがばっさり切られていてウケました。ははは。どうでしょうベイビー。
そして「まつり」の思い出は、そのまま第1種接近遭遇(至近距離からの目撃)。その半年後に訪れる、

あーちょっと待って私やばい、やばいやばい、止まらないだーれーかーっ!

というあの「渦」への一番最初のキッカケが、あの「まつり」で行われたユメチカライブであったわけです。
そーですあれからちょうど1年の春を過ごしております。うおお・・・。

====

おーいずみよーさんお誕生日おめでとうございます。
今日の日めくりが最高でした。よりによってそれをぶつけるか!さすがどうでしょうさん期待を裏切りません。
きっと日本全国津々浦々で、この日めくりをめくられながら祝われていることも少なくないでしょう。

「ぼくね ごめんなさい 痔です」

佳き34歳となりますよう。

« 平成19、春、しがっつ。 | トップページ | 虹 »

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ