カテゴリー「過去ログ」の50件の記事

ホタルノヒカリ

あんまりちゃんと見てないけどとりあえず。

・シュークリームでしゅー。(着声とかにしたい)(やめなさい)
・なんか若い。びっくり。
・アロハを見るとハナタレ高校沖縄合宿を思い出す。
・白パンツが思いのほか似合うので驚いた。
・要するに大泉ポジションに放り込まれてる気が。(not批判)

・干物該当の人からの共感を得たいのか、あたし干物じゃないわって優越や安心感を感じる為のドラマにしたいのか、どっちなんだ。
・今のところは後者のように見受けられますが(役者をはじめとして蛍の生態のリアリティが薄すぎるのだ)。
・干物定義に当てはまる人だって普通に恋愛くらいすると思いますとマジレスしてみる。
・まぁ、ハケンの大前さんもそうだけど、ドラマにするために多少オーバーなデフォルメになるのは仕方ないし、テレビとして成立させる為にあまりに汚い絵はダメってことなんでしょう。

・と納得はすれど、やっぱり見ててものすっごイライラするので録画だけして見ないパターンになりそうな予感バリバリ夕張。
・とりあえず、今のところは“爆笑ポイントのないハケンの品格”。
・そう考えると第2回にして「ホチキス対決」をぶちかましたハケンは凄かった。度肝抜かれたもんなー。ゴーウ!ムゥーブ!(いやムーブ言ってないって)

・MXTVどうクラ(23:00~)とカブるので、4分はみ出すとかそういう真似は断固やめていただきたい!!!
・もちろん10時59分で録画止めさせて頂きました。
・来週はウィリーだぞー。

とりあえずワンモアセッ!

※タイトルと内容はあまり関連性がありません。


ライアーゲーム(ドラマ)が好きすぎて今週の最終回が悲しくてしかたがありません。でも2とか作られても微妙だし(フジテレビ様のことですから間違いなく何かしらやらかす気がしますけど)。
先週放送の第10話は正直永久保存版にしたい。
初めて見たときには戸田えりかも松田翔太も
ふーん?
くらいの目線で見ていたのですが・・・今やがっちゅりファンだよ。戸田えりかの微妙に綻びのある可愛さにはやられてやられてしょうがないです。

っていうかですね松田翔太氏ですよ。松田翔太氏ですよ!ちょっと前に(友達から頼まれて)花男見てた時には全然何とも思わなかったわけで…確かドラマを見始めたときも「自分の理想の秋山の8割くらいは表現できてるけど役者本人には燃えない」とか言ってたはず(何この上から目線)。そんなわけで何故にWhy現在自分が「10話は永久保存版」とか「テレビを見ながら萌え転がり※」とかいう事態になっちまっているのか理解に苦しむ。ひとえに当たり役ってことだったんでしょうか…。少数決の後半あたりから明らかに秋山キャラを100%つかんでる状態になりやがった気がするんですけど。そして何度も書くけど10話のデキは異常。

※萌え転がる…読んで字のごとく。はてなキーワード:萌え転がる

乙女酒部:ファンチョップ(DPZクラブ活動)
南米チリのお手軽カクテル。ビール+ファンタ。ああ、これ、うまそう。というか同時に紹介されてるチリ風ホットドッグがめちゃめちゃうまそう。実は「乙女酒」と定義されている「甘い酒」が私はおおむねダメだったりします。だって量のめないじゃんいや、あの。ゴハンとの相性だったり、混ぜ物するとどうにも悪酔いしたり、シンルチューやワインが苦手だったり、そんな理由です。ビアフェスの記事で紹介されてたベルギーの青りんごビール「ニュートン」もダメだったなぁ。


@niftyマガジン2007/06/19 今年はこんな夏フェスへ!
CMJ行く人って案外いるんですね
今年こそどっかでフェスデビューしようと思ってたんだけどー結局行かずじまいになりそう。
いや、その昔トリップフォークジャンボリー(ここで爆笑できた人とは友達になれるかも)という夏イベントに行ったことはあるんです…あるんですよ…。そういえば何の因果か某-nationにも行ったことあるなぁ。
でもいわゆるロックフェスは未体験なのよさ。


ちゅかあれですね、気づいたら前回の記事ってばフォトンベルトも未だ手に入れてなかったんですね。あれから、札幌行ってしこたま飲んでレゾンのワンマン見て、黒田氏のBDライブ行(?)って、レゾンの東京ツアー行って、習い事の発表会があって、友達と飲んで、モノブライト見て、まぁそんな感じの20日間でした。間違いなく今年もっともわけわかんない濃密な20日間だったと思います。酒量もなんだか微妙に増えました。
ワンマンとか東京ツアーとかそもそもフォトンベルト(CD)とか、そんな感想書いてる(精神的時間的な)暇がなかったってのが驚きだよ。ワンマンすごいよかったよ。なんか先が見えた!って思ったよ。この4人、大丈夫だっ。って。そして「自滅回路」はやっぱり地雷コースだった。mixiのraison d'etreコミュ入会特典でデモCDをいただいたんですが、恐ろしくてまだ一度も聴いていません。そんな精神的に本気勝負でいどまにゃならんraison d'etre。いやはや。

そして翌週の東京ツアーは、あのワンマンのコンセントレーションをそのまま東京に持ってきて頂けたようで嬉しかった。新ベースこりー君がなんともイカスキャラで・・・まさか東京しょっぱなから煽ってくるとは思わなかったわけで(笑)煽るわ飛ぶわ、彼のノリは新しいです。新鮮だし、意外に違和感を感じない。終演後もとっても丁寧にお話ししてくれて、和みました。

ああ、ワンマンで「誰が買うかー!」と思ったTシャツ、結局東京で買っちゃったYO…。
着ませんけど。
(こんどつくるときがあったらもうちょっと着られるものにしてください)

今回の札幌も実際ほんと人の輪に恵まれてめっちゃ楽しかったんで
余裕ができたら旅レポかかせてください。ていうかもうあたしの旅は普通に自慢したい。
愛してる!愛してる札幌!


では、また。
南平岸ユメミル工房があきらかにあさっての方向性へ爆走していて目が離せません!(誰が離r(略
なんですかあの芸コマっぷり。

フォトンベルト。

#顕さん出演の映画「たとえ世界が終わっても~Cycle soul apartment」関連の記事は2つ下の記事に追加情報をUPしました。

======

長らく記事にはしてなかったんですが、横のサイドバーでひそかにしつこく書いております、raison d'etre。
ファン暦もやっと1年過ぎまして。期待のあまり精神ぶっ壊れそうになりながら、初めてライブを見に行った昨年5月の札幌。懐かしく思い出します。
彼らを好きになってまだ1年しかたってないなんてなぁ。
もっともっと昔からずっと鋤だったような気がするよ。

で、メンバーチェンジを経て4人になった新レゾンのミニアルバム、
待ちに待った新譜。きのう出ました。
「フォトンベルト」6曲入り1500円。
http://www.htb.co.jp/yumechika/raison/index.html

初めて聞いた時思わず目を剥いてしまったこのタイトルもだんだん慣れてきましたよ、
(思えば「セフィロト」の時もしばらくは得体の知れないムズムズ感がありましたさ)
ちらほらと評判を聞くに結構いい感じで売れてるとか!

非常に非常に非常に残念なことに道外ではもう少し待たねば手に入らないのです。
(たのむよ~タワレコさん)
だからまだ音源は聴いてないんです。。ライブで曲は聴いてるんですが。
今は試聴だけをぐるぐると繰り返し聴いては、その数十秒の世界に既に酔ふ。
あああ、早く聴きたい!!!!!!

今週の日曜、これも待ーちーにー待ーっーたー!レゾンのワンマンライブを見に
久しぶりの札幌へ行きます。
前回のワンマンはタッチの差で私ファンになる前だったので
ワンマンを見れる、ということが、本当に嬉しい。
会場のペニーレーン24、初めて行くんですよ!
黒田くんの全国ツアーだって札幌はKRAPSだったのに、
まさかレゾンでペニレンに足を運ぶことになるとは。嬉しいなあ。

私はそんなわけで札幌で1枚目を手に入れるつもりなのですが
(音楽処さんで予約済み、笑)
道外では、CDショップで取り寄せになるか、もしくは通販で。

HTBのオンラインショップでも買えます
http://www.htbshop.jp/shop/item_detail?category_id=0&item_id=63052

「音楽処」さんの通販は送料安くてお勧めですよ!全国一律340円。
http://ondoko.ocnk.net/

6月3日のワンマンのあとすぐ、6月7日からは東京ツアーがはじまります。
(もちろん行きます、いっや~ヤバイね(笑))
行かれる方はそこでゲットするもよし★
会場売りでサイン貰うのもまた楽し。


こうやって待ってるときのぐるぐる感もたまらなく気持ちがいいんだ!
(とか言うからどM認定されるんだな)
あーもー、ほんと鋤です。もっともっと沢山の人に聞かれろーう!

ブーブークッションを

設置しました→右。

あまりにも「the・DPZ」な企画に負けました。ぜひ押して楽しんでください。
(もちろん放屁音が出ます。職場など、周囲の環境にはくれぐれもご留意ください。)
みんなでレッツバーチャルヘコイダーマン。
右上の「set」を押すとboobooクッションの色が変えられます。やったー。


石、欲しい。むしろ岩が欲しい。いいのか岩で。

たとえ世界が。【5/31さらに追記】

芦名星 / 大森南朋 / 安田顕
2007年晩夏ユーロスペースにて公開
「たとえ世界が終わっても Cycle soul apartment

おー、着実にレベルアップなさっておりますなぁ。
監督さん、「演じ屋」の方とは・・・・懐かしい響きです。

あっ、
代表作が「ハケンの品格」と「巧妙が辻」ってところでうっかり吹き出しました。
そこを取るのか!そこなのか!!

【5/23 追記】
どうやら該当ページの盛大な情報フライングだったようで、現在ページは見られなくなっています。
リンクだけ切っておきます。

【5/25 追記】
第2の菊地凛子になる!世界を知る女・芦名星が初主演に挑戦(サンスポ.com)
映画について、主演の芦名星さんの記事(もちろん国王の名前は出てません)ですが、一応。
彼女、「ココロの星」にも出演されてるんですね。わーわー、なんか縁を感じるわ。
期待の女優さんだそうで、なんだか嬉しいです。

【5/31 追記】
この夏公開!!野口照夫監督初劇場映画『たとえ世界が終っても』撮影現場潜入&インタビュー
情報解禁!というわけで上のリンクも復活。
ピンクのエプロン!ピンクのエプロン!
エプロン!エプロン!(笑)

芦名さんとの並びもなんだかしっくりくる感じでうれしくなっちゃいます。
ほんと綺麗な人と一緒になれる作品で良かったね(笑)

個人的な話

「気になる堰、そして円筒分水へ」(デイリーポータルZ 5/18)

・・・インターネットでウェブサイトを見ていて、真昼間に本当に泣いてしまったのなんて初めてだ。
タイトルから内容(の場所)は予想していた。記事を読み始めて、あぁやっぱりここかと思った。でも、記事を読み進めていって、まさかあの写真が私にこんな感情を呼び起こすなんて想像もしていなかった。

この記事で取り上げられている「ニヶ領用水」は、なんていうか・・・その「にかりょうようすい」に漢字が当たる前から私の脳内にインプットされていて、それが何であるかとか、そういう以前に私の人生に当たり前のように存在するものだったんですよ。なんていったらいいのかなぁ。

27年の人生の中で最初の10年を、私はあの場所で過ごしました。自転車で、半径数キロの「縄張り」を毎日ぐるぐる回って遊びに行った、その中にこの記事で取り上げられた場所はほとんどすっぽりおさまります(円筒分水だけは縄張りの外)。旧二ヶ領の「人工的に奇麗な水路」の工事のことも良く覚えてるし、工事が完了したあとに、もともと名物だった「二ヶ領の桜並木」がさらに見事なお花見スポットになったのも覚えている。あの頭上を南武線が通過するとこもね。

そして記事の3ページ目、二ヶ領用水は“東名高速をくぐる”と書いてあります。
このあたりが、もっとも自分の中で匂いの濃い部分です。

今だって毎日同じ道を通って生活しているのに、なんでだろうなぁ。毎日をその場所で生きていたってこと。この脳内に、こんなに強い印象を残してたんだ。道も石も護岸も、すべてが毎日新しいもので、そして文字通り体で触れ合ってその場所に「いた」ってこと。

水路が合流する地点の2枚の写真を見た瞬間に、予想もしなかった感情が噴き出してきて涙が勝手にわいてきた。びっくりしたよ。このあたりの道なら、どんな細い道でも、人ん家の庭を通り抜ける抜け道も、もはや道じゃない資材置き場の裏も、なし畑や田んぼの向こうも、全部「地図」じゃなくて「体」で覚えてる。覚えてるってことも忘れてたけど、覚えてたんだ。あー。すごい。この2本の水路で囲まれた中が、10歳までの私の遊び場のすべてでした。不思議だなぁ、何でこんな風に思い出すんだろう。ダイエット中で減食してて変なテンションだから?レゾンの新譜の試聴で、いっとう気に入った「アストロノーツ」(<とにかく試聴の40秒だけでも「泣ける」んだよちくしょーい、腹立たしいほどに美しいんだ!!)をがんがんに聞いてたから?わからん、わからんが思いがけないところから、記憶の蔓がつるつるとほどけたんだ。

===

最近はフジのドラマ「ライアーゲーム」にハマっています。サントラ目当てで見始めたら、まるでアニメのようなミョ~~~~なやりすぎ演出に目を奪われ、そのままズルズルとハマってしまいました。あのね~画面が赤かったり青かったりするのが面白い。「画」そのものが面白いんです。そして画面にこれでもかこれでもかと登場する様式美的なアイテム(ロケ地、人物、事件、小物etc)の数々。こういうの大好き。ヲタだからな!( ´∀`)あ、音楽のよさは言わずもがな。来週出るサントラ買おうとしてます。

FM NORTHWAVE 4月度MEGA PLAYにGenki Rocketsの「Heavenly Star」
あ、これ、嬉しい。
今のところほとんどがインターネット経由の流通だからさ。
(iTMSの販売とYouTubeやMySpaceでの視聴)
私みたいにiTMSと縁がない人にも、あの曲のもつハッピーバイブレーションがたくさん届くといいな!
(▲もともとWinamp使いでiTunes嫌いなうえにこないだiPod壊してもっぱらポータブルCDプレーヤー生活中)
しかもノースってのがいいよね、
大好きな大好きな北の大地を、大好きな曲をのせた電波が走るんだ!
http://www.genkirockets.com/
公式サイトのこのFLASHも好きなんだ。あと2年半?何のカウントダウン?

■プロデューサー水口さんの出演したノースウェーブのPODCAST
http://www.pivot-clip.co.jp/radio/archives/001_gueston/000786.html
えっらい意外なところからご尊顔拝見できて嬉しい。
ゲームに関係ない話を拝聴できるのも嬉しい。
GenkiRockets、2曲目も制作中だそうでますます嬉しい。

NO BORDER BETWEEN US!!
このワンフレーズがどれだけ、何度も何度も目の前の靄を吹き飛ばしてくれたことか(*^-^*)

始まりの日

TOKYO MXTVで放送中の「水曜どうでしょうClassic」が、
4月期から毎週水曜の11時に移動になります。(次回放送はあした、4日です!)

・・・・・・tvkで「リターンズ」を見始めてから4年目。
はじめて、「水曜どうでしょう」が本当に「水曜どうでしょう」になりますよ!
tvkの「リタ」は火曜日、のち金曜日(現在も金曜)。
MXの「クラ」は月曜日でした。
時間帯もばっちり午後11時なのが心憎いです。いや、なにげに嬉しいです。わーわー。

実は「MXどうクラ」で先週終わった「試験に出るどうでしょう」のO.A.をもって、私の「水曜どうでしょう」は一周しました。もう、見ていない企画は「香港」および「2006年最新作」を除いて存在しません。うん、ちょっと、さびしい。自分の中でひとつの区切りが付いたのも事実です。でもやっぱり、私が一番好きなのは「水曜どうでしょう」だ。何のファンですか?と聞かれたら、オフィスキューでもチームナックスでも安田顕でもなく「水曜どうでしょう」と答えるのです。いやあ、「西表」のDVD、めちゃくちゃ面白かったじゃないの。「ジャンリベ」はブッチ切りでTV放送版推奨派の私ですが、「西表」はDVDもガッツリ面白かったよ。今までのどの「どうでしょう」とも違う、しかしあきらかにそれは「どうでしょう」そのものの、あの空気はちょっと一種独自の中毒性があるらしく、いまだに我が家では西表DVDがヘビロテされています。こんなのは久しぶりかも。最近のDVDは大体一周見ると食い疲れしてしまって「なんか他のユルうく見ようや」という感じなのですが、西表は食い疲れを感じませんよ。うん。

あと、「まつり」映像は何度見てもいいなあ・・・。
初日のトークがばっさり切られていてウケました。ははは。どうでしょうベイビー。
そして「まつり」の思い出は、そのまま第1種接近遭遇(至近距離からの目撃)。その半年後に訪れる、

あーちょっと待って私やばい、やばいやばい、止まらないだーれーかーっ!

というあの「渦」への一番最初のキッカケが、あの「まつり」で行われたユメチカライブであったわけです。
そーですあれからちょうど1年の春を過ごしております。うおお・・・。

====

おーいずみよーさんお誕生日おめでとうございます。
今日の日めくりが最高でした。よりによってそれをぶつけるか!さすがどうでしょうさん期待を裏切りません。
きっと日本全国津々浦々で、この日めくりをめくられながら祝われていることも少なくないでしょう。

「ぼくね ごめんなさい 痔です」

佳き34歳となりますよう。

平成19、春、しがっつ。

書くぜエナジーが満タンチャージされるまで待つ方式を採用しています。ステラポラリスというブログです。今年度もどうぞまったりとよろしくお願いいたします。
…チャージメーターが表示されるようになったりしたら面白いですかね?(<ゼク●ィネットのサイドに表示されるアレみたいなやつ)

昨日は一日エイプリルフールネタで楽しめました。正確には4月1日に日付が変わったあたりから。一応大手企業運営のサイトとは思えない深夜更新っぷりで本当に楽しかったです、ありがとう、デイリーポータル!わしゃーこのサイトのファンで本当に良かったと思ったよ!

デイリーポータルZ 2007年4月1日の26本の特集記事バックナンバー
割り箸メンマのリアリティは正直異常。
パ■モ、携帯を元の姿に戻す、ざらめ、おならで宙に浮く(ヘコイダーファン必見)あたりが好きです。
普段のデイリーは長い記事が多いので、携帯とかざらめみたいな放り投げ方が逆に新鮮。
ざらめ。乗りたいなあ。ざらめ。あと根岸競馬場跡(知られざる廃線跡)は確かに駅に見えるな!

特集のみならずトピックス、コネタ道場、ストア、きょうのZくん、サイトすべてがネタページで塗りつぶされていました。日付が変わり跡形もなくなってしまったのが惜しまれます。まぁよどみに浮かぶうたかたのごとく消え去るからこそ味わい深いのだとは思いますが。

その中でも特にすさまじいグルーヴ感をはなっていたのが「日刊デイリー」
ネタのひとつひとつは小粒ながら、これはオールナイトニッポンかと思うぐらいの投稿→掲載のコールレスポンスが久々に私に朝日を見せました。もう元ファイルは消えちゃってますので…キャッシュを…みつけてきましたよ…4月3日追記 元記事復活&更新!

日刊デイリー4月1日特別編「これまででいちばんウマかった石」
(新しい順に並んでるので一番下からよむといいかもしれません)

■デイリーポタール制作日記
http://dpz07.cocolog-nifty.com/dpq_uso/


もうひとつ楽しかったのが定番インプレスの4/1ネタだったんですが
「イソプレスうぉっち、全記事に「べつやくメソッド」を導入」
べつやくさんのあの記事がイモプレス入り、これやったら普通に面白そうなのですが
で、これを作れるサービスを同DPZライターの松本さんがつくってた。おもしろげ。
■みんなのグラフ(ベータ)
http://keiziweb.com/en/

もういっちょイモプレスから
「Firefoxに産地偽装の脆弱性が発覚」
で、私はFirefox愛用者なのであわててこのアドオンを入れて脆弱性を修正しましたよ。


明日はひさびさにどうでしょう絡みのエントリを書きますよ。
書きたいネタ、制限時間いっぱいーという感じです。両手付いたら立つぜ!ウヒヒ。

メイド・イン・デンマーク

既に熱心なデイリーポータル読者の方には今更ですが
我らがDPZの販売する春の新グッズ「フローティングペン」
これ
いわゆる「ヤスダペン」なんですけど

>今回はなんとこのフローティングペンの世界でただひとつの正規製造元であるデンマークはエステケン社に製造を依頼してしまいました。

なんですって。(上記のページから引用)
ヤスダペンのリリース時には「なんでまたデンマーク」「ウーエン?」と軽く物議をかもしたものですが、世界のフローティングペンの9割がこのデンマークの会社「エスケセン社」で作られているものなんだそうです。

日本代理店・レトロバンクさんのサイト
400本からオリジナルフローティングペンが発注できるらしい

で、このレトロバンクさんのサイトを見てましたら
中のインクがなくなったらレフィル売りもしてくれるそうですよ(\85)
ヤスダペンを業務で使いまくっている方には朗報ですね。

ちなみに私はどうてちょうのミスターボールペンを業務で愛用しております。ただしミスターさんはかなり早い段階で分離してしまわれ普通に机の上にディスプレイされております。


デイリーポータルZラジオ3月25日 フジワラを操作する
この「手を出せない藤原くん」の可愛さはどう表現したらいいものか
すでに「メカフジワラ」という呼称がキャラクター的で胸キュン
しかも毒舌
えらく高圧的
かわいい
うおー

なんかもうカタコトになってきましたが大丈夫か(自分)


最近のお気に入り

インテルのあのCMのサイト
CMの続きになっているblogが面白くてしょうがない。
それは企業的にOKですか?と問いたくなるシュールさです。

スーパーマリオブラザーズ(1面)
ああああ!(ぽむっ)
ニフティの「タイムライン」という
「面白そうなんだけどどう使っていいかいまいちわからないサービス」
を利用したマリオ。いや、見た瞬間に「やられた!」と思った。

より以前の記事一覧

about



  • オタク女が札幌にまつわるあれこれを追いかけていた頃の記録です。記録として残しておきますが、記事内容に関する責任は負いかねます。当人は今もネットの海のどこかに生息しています。
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ